美白へ近づくためのおすすめ食材3選

野菜
紫外線の気になる時期になると日焼け止めを日常的に使用したり、美白スキンケアに切り替えたりと、美白が気になる!なんて方も多いですよね。色白になりたい!と美白を頑張るのなら知っておきたいのが美白へ近づくための食材です。

今回はそんな内側から白く美しくなるために毎日でも食べたい食材を3つ、さらに最も効果的な方法まで合わせてご紹介します!

ビタミンCならブロッコリー!

ビタミンCというと、ほかの野菜を思い浮かべる方も多いと思いますが、意外にビタミンCを多く含んでいるのが「ブロッコリー」なんです。さらにブロッコリーはスーパーなどで安く手に入るので毎日の食卓に並べるのに最適です。

メラニンの無色化

ビタミンCが美肌に良いことは皆さんご存じの通りですよね。コラーゲンの生成をお手伝いしてくれます。さらに美白面では、紫外線を受けてできるメラニン色素を無色化してくれるメリットも。

「今日は紫外線をたくさんうけちゃった!」という日の夜にはぜひブロッコリーを食べてできてしまったメラニン色素をやっつけてもらいましょう!

ビタミンC×タンパク質

ビタミンCを多く含むブロッコリーはタンパク質と一緒に食べると、良いコラーゲンを作ってくれます。ゆで卵やサラダチキンなど、自分の好きなものと一緒にブロッコリーサラダを作って食べるのがオススメです。

トマトのリコピンでシミ予防!

トマト
言わずと知れた美肌食材の「トマト」。その中でも赤い色素であるリコピンはシミの元をやっつけてくれる救世主なんです!

活性酸素を撃退

増えすぎた活性酸素は細胞を酸化させてしまい、老化につながります。リコピンはそんな活性酸素を撃退!無害化してくれる効果もあり、シミやシワの予防に人気です。もちろんミニトマトにもリコピンは入っていますので、おやつ感覚でつまむのも良いですね!

リコピン×オイルで吸収率アップ

せっかく美白を意識して食べるのなら吸収率も考えてみましょう。食べた食材の栄養がどのくらい体へ栄養素として吸収されるか?を吸収率といい、それは食材によってもさまざま。しかし食べ合わせによっては吸収率をアップさせることも可能です。

リコピンの場合はオイルと一緒にとること。オリーブオイルやアボカドオイルなど美肌に良いオイルを好みで組み合わせて食べてみてください!

紫外線くすみにはレバーで

Aの字に並べられたリンゴ
憧れのパッと明るい美白肌を手に入れたいのならくすみは厳禁。紫外線を浴びてしまったことによるくすみをなんとかしたいのならビタミンAの豊富なレバーがオススメです。

お肌が健康に

乾燥や紫外線によるくすみの対策をするなら潤いは必要不可欠となります。ビタミンAはお肌の潤いを保ち、健康を維持してくれる働きが!不足してしまうと乾燥の原因にもなるので覚えておいてくださいね。

さらにレバーで鉄分も補給ができ、貧血でのくすみの解消にも効果的なんです。自分のくすみの原因が分からない!というときにもレバーはうってつけですね。

緑黄色野菜でもOK

レバーを自分で調理するのは手間がかかり敬遠しがち。そこで体内でビタミンAへと変わってくれるβカロテンを積極的に取っていきましょう!

ニンジンやホウレンソウ、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。オイルと一緒に食べると吸収率がUPするので、オイルで作ったドレッシングをかけたサラダとして食べたりと生活にも取り入れやすいのも魅力です。

おわりに

内側、外側の両方から美白ケアできればもう怖いものなし!紫外線によってできてしまったメラニン色素は、すぐに対処すれば日焼けも最小限で済みます。ぜひ今回ご紹介した3つの食材で内側から美白に挑戦してくださいね。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: コンテンツは保護されています!