それ、糖化が原因かも。糖化がもたらす肌トラブルについて

糖化がもたらす肌トラブル
年齢を重ねるにつれて増加する肌の悩み。その中でも今注目されているのが、肌の糖化です。
さまざまな肌悩みを引き起こす原因となる糖化とは、いったいどんなものなのでしょうか。
今回は、そんな糖化がもたらす肌トラブルについて、ご紹介します!

糖化ってなに?

糖化とは、体の中で余った糖が、たんぱく質と結びつく現象です。
ここでいう糖とは、私たちが普段の食事から摂取する糖質を指します。小麦やお米、砂糖などに含まれている糖質です。
糖は、私たちが体を動かすためのエネルギーとなるものなので、体にとって必要なものですが、過剰に摂取してしまうと、たんぱく質と結びつき、たんぱく質の体に必要な機能を奪ってしまうのです。

糖化はあらゆる肌老化を引き起こす原因

糖化が原因の肌トラブル
糖がたんぱく質と結びつくことで、体に必要な機能を阻害する物質に変わってしまいます。その影響は、肌にとって老化に直結する深刻なものばかりです。

コラーゲンが壊され、乾燥肌に

体内の過剰な糖と結びついたたんぱく質は、たんぱく質と同種類のコラーゲンとも結びついてしまいます。
コラーゲンは肌の内側で水分をたもち、うるおいのある肌をつくるのに欠かせない成分ですが、糖化によってその機能が破壊されてしまいます。
水分がたもてなくなった肌は、乾燥がすすみ、肌のキメが乱れてくすみを引き起こします。それだけではなく、水分が不足した肌はハリもなくなってしまうために、小じわやたるみを深刻化させることにもつながってしまうのです。

エラスチンを破壊して肌の弾力を失わせる

肌の真皮層では、コラーゲンとエラスチンが柱のような役割をして表面のハリを支えています。しかし、糖化によりこのエラスチンも破壊され、柱が折れた状態に。柱のない肌表面はハリや弾力をたもてなくなり、シワが増え、ほうれい線のようなくっきりとした深刻なたるみにつながります

黄ぐすみが起こり、肌がトーンダウン

体内で余った糖とたんぱく質が結びついて糖化する際に、細胞が褐色に変化することで起こります
トースターに入れる前の食パンが白くてふわふわだったのに対し、熱を加えた後は表面が固く、褐色に色づいています。これとほぼ同じ現象が肌でも起こるため、もともと正常な色だった肌が、全体的に黄色っぽく変色してしまうのです。

肌の代謝が悪化、シミがいつまでも消えない

通常の肌は、常に新しい細胞が生まれ、古い細胞と入れ替わっています。これを代謝と呼びます。
肌の代謝は、たんぱく質の一種であるアミノ酸を原料に、新しい細胞を作成するのですが、糖化が起こった肌は、新しい細胞の原料と結びついてしまうため、大幅に代謝を遅らせることとなります
肌の細胞が新しいものと入れ替わるまでに、かなりの時間を要してしまうため、一度できてしまったシミがいつまでも取れず、目立ちやすくなってしまいます。

代謝の悪い肌はごわついて化粧ノリも悪い

肌の細胞が新しいものと入れ替わらないと、古い角質がどんどん蓄積され、ざらざらと手触りの悪い状態になります。そんな肌にファンデーションを塗布しても、きれいに仕上がることはありません。

糖化を改善する決定的な方法はまだない

さまざまな肌トラブルを引き起こす糖化。
実際に糖化がはじまってしまった場合、特定の成分で改善できるかどうかはまだ分かっていません。化粧品メーカーからも糖化に効果が期待できる商品が発売されていますが、かなりの年数の継続使用が必要です。
そのため、糖化に関しては、糖質の摂取を控え、過剰な糖を体内に残さないのがベストだといえるでしょう。

おわりに

乾燥やシワ、たるみなどの代表的な、肌老化の原因である糖化。多くの肌トラブルにつながるからこそ、しっかり進行を食い止めましょうね!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう