押すだけで美肌になる!?肌荒れに効くツボがあるの知っていますか?

押すだけで美肌になる!?肌荒れに効くツボがあるの知っていますか?

美肌になれると話題の肌荒れに、効果が期待できるツボ押し。いつものスキンケアとともに利用したいですよね。どのツボが美肌へと導いてくれるのでしょうか?
今回は、肌荒れ対策に効果が期待できる、手軽なツボをご紹介します。

ツボ押しが悩みの肌荒れを解消?

「肌荒れ解消のスキンケアには余念がないけれど、なかなかその効果が実感できてない…」そんなふうに思って過ごしていませんか?肌荒れの原因は、毎日の間違ったスキンケアや生活習慣の乱れ、ストレスなどが関係しています。

肌荒れ解消に効果あり?ツボ押しの魅力とは

肌荒れ改善
根本的な肌荒れ解消には、スキンケアや生活習慣の見直し、ストレス解消といった地道な対策が欠かせません。しかし、急場で肌を整えたいときや、より早く肌環境を改善させたいときには、ツボ押しが効果を発揮することがあります。

肌荒れ解消効果あり!いつものスキンケアにツボ押しをプラスして

ツボ押し
肌荒れ解消をサポートしてくれるツボ押しは、単独では効果が大きく減じられてしまいます。より効果的な肌荒れ解消のためには、普段のスキンケアにプラスしてツボ押しをするのが効果的です。

エイジングケアにも効果が期待できる?顔のツボ

ツボ押しの基本は、生命エネルギーの通り道である「経絡(けいらく)」の流れを整えることです。経絡の流れがスムーズだと、体のバランスが保たれて健康でいられますが、流れが滞ると体のバランスが崩れて、不調を起こしたり病気になったりするといわれています。
ツボは全身に散在していますが、特に顔と手足のツボは全身に対応していると考えられています。

エイジングケア美肌全般の顔ツボ「迎香(げいこう)」

エイジングの顔ツボ

迎香は小鼻の両脇の少しくぼんだところにあるツボです。肌荒れの他、小じわやシミ、吹き出物、鼻の不調の緩和効果が期待できます。人さし指の腹を使って、顔の中央に向かってじわりじわりと押します。

肌代謝アップの顔ツボ「承漿(しょうしょう)」

肌代謝の顔ツボ

承漿は、唇の下のへこんでいる部分の少し下にあります。口内炎や口周りのシワなどに効果が期待できる他、お肌の代謝をアップさせて乾燥や肌荒れ、むくみなどを解消します。

乾燥やたるみ対策には顔ツボ「瞳子りょう(どうしりょう)」

乾燥とたるみの顔ツボ

瞳子りょうは、目尻のくぼみにあるツボです。目の近くにあるツボなので、目の疲れやかすみ目、さらに肌荒れや乾燥、目の周辺のたるみや目尻の小じわ対策にも効果が期待できます。

末端から美肌を目指す手足・おなかのツボ

美肌効果を期待できるツボは顔に集中していますが、体調を整えるツボは手足に散在しています。身体の内側から調子を整えるためにも、体調を整えるツボを知っておきましょう。

美容のツボの手にあるツボ「合谷(ごうこく)」

美容の手ツボ

合谷は、人さし指と親指の骨の境目の人さし指側にあるツボです。肌荒れや顔に起るトラブルの他、胃腸のトラブルにも効果が期待できる万能のツボです。

血のめぐりをよくする足のツボ「足三里(あしさんり)」

血行の顔ツボ

足三里は、ひざの皿の外側から指4本分下にあるツボです。慢性疾患全般に効果が期待されており、中でも消化機能を高めるとされています。

腸の働きを促進するおなかのツボ「天枢(てんすう)」

腸のおなかツボ

天枢は、おへそから両脇指2から3本程度外側にあるおなかのツボです。胃腸の他、内臓全般の働きを活性化させます。腸内環境を整えて、肌荒れの解消につながってきます。

ツボを押すときのポイントはここにあり?

効果的なツボ押し

比較的早く効果が期待できるツボ押しですが、正しいツボ押しでないと効果は期待できません。特に顔のツボ押しは、朝と夜のスキンケアの前に行うと効果が期待できます。顔のお肌は、体のお肌と違いデリケートなので、ツボの押し加減には注意が必要です。
朝は蒸しタオルでお肌を温めてから、夜は入浴後にするようにしましょう。爪を立てずに指の腹を使い、じわじわと指圧します。そのとき5秒程度息を吐きながら押して、ゆっくりと力を緩めていきます。これを5回程度繰り返します。

おわりに

肌荒れにはスキンケアだけでなく、ツボ押しも効果が期待できるのです!いつものスキンケアにプラスして試してみませんか?

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう