老化防止に効果的!肌の酸化を防ぐ「フラーレン」ってなに?

老化防止に効果的!肌の酸化を防ぐ「フラーレン」ってなに?
お肌にハリや弾力がなくなり、シミやシワが目立つようになってきて気分がへこんでいませんか?加齢とともにどうしても避けられないのが老化の2文字。
ボディーはもちろん、お肌も自然と老化してきます。止められない加齢ですが、フラーレンと呼ばれる美容成分が、肌老化を抑制する救世主になることが明らかになりつつあります。
今回は、そんな注目を集める新物質「フラーレン」に焦点をあてていきます。

老化防止は抗酸化力が決め手!注目成分フラーレン

フラーレンの仕組み
フラーレンとは、サッカーボールのような形をしている原子構造の一種であり、物理的に極めて安定していて、水や有機溶媒に溶けにくい性質があります。しかし、化学反応性に富み、化学修飾をほどこし水溶性を増すことで、さまざまな試薬と反応することから、美容を含む分野での開発研究が進められています。
また、強い抗酸化力を持っているものの、低刺激でお肌に優しいという特徴があることから、多くの美容皮膚クリニックや化粧品で使われるようになっています。

肌の酸化を防ぐフラーレンの4つの効果とは

シミ・シワの改善・予防

シミ・シワの改善
フラーレンの抗酸化力はビタミンCの172倍、プラセンタの800倍に匹敵すると言われ、肌老化の天敵ともいえる活性酸素を抑制します。
また、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成や、シワの面積を減少させる効果も期待されています。

お肌のハリ感をアップさせる

肌のハリ感アップ
強い抗酸化力を持つフラーレンは、。次第にお肌がイキイキとしてくるので当然肌のハリと弾力もアップ!美肌へと導きます。

角質層を正常化する

角質層の正常化
フラーレンはお肌のバリアー機能を守るためにも一役買ってくれます。お肌にある酵素は、活性酸素を生み出す紫外線によって減少しています。お肌の酵素の生成をサポートすることで、肌内部の角質層を正常にキープします。

ニキビを改善する

ニキビ改善
抗炎症作用もあるフラーレンは、過剰な活性酸素の発生を抑えてくれるので、ニキビの炎症を鎮めて、肌状態を改善してくれます。

番外編:安定性と持続性の面ではピカイチのフラーレン

安定した物質「フラーレン」
コエンザイムQ10 やビタミンC、アスタキサンチン、ビタミンEなど抗酸化力の強い美容成分は多くあります。その中でもフラーレンは特別な存在です。ごく一般的な抗酸化成分は、その成分自身が酸化されることで肌老化を防ぎます。
これに対してフラーレンは、活性酸素を吸着するだけ。自らを酸化させないから、強い抗酸化力を長時間に渡ってわたって維持できるのです。
吸着できる活性酸素の種類もさまざまで、紫外線が強くなる時期でも、外部からの刺激に強いフラーレンは、その効果を損なうことがありません。抗酸化力の強い美容成分の中では、優秀といえるでしょう。このほかにも、お肌の表面をキレイにする作用もある、頼もしい存在なんです。

フラーレンが含まれている化粧品の選び方とは

フラーレンを含む化粧品の選びかた
厳密には、水溶性フラーレンと脂溶性フラーレンの2種類。水と脂、どちらもお肌にも存在しているので、フラーレンも水溶性と脂溶性の両方が配合されている化粧品を使うのがおすすめ]]。
朝と夜のお手入れの使うことで、11時間効果が持続するフラーレンの抗酸化作用が丸1日持続してくれて、肌老化対策にバッチリ!

おわりに

お肌の老化を防ぎたいなら活性酸素の対策は必須です。ごく普通にスキンケアをしているだけでは肌老化を極力防ぐのは難しいでしょう。
お肌の酸化を防ぐことで肌老化に効果を発揮するフラーレン。この成分が含まれている化粧品を毎日使って、加齢と活性酸素に負けない肌づくりをしていきましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう