透き通るような白い肌へ!色白になる方法

透き通るような白い肌へ!色白になる方法
女の子の憧れ、もっちりふっくらとした色白の肌。今回はそんな肌を手に入れるために覚えておきたいお手入れの方法をご紹介します。

色白肌に大切なのは守るケアと与えるケア

色白肌を目指すなら必ず必要なのが、守るケアである紫外線(UV)対策と与えるケアであるスキンケアです。そのどちらかがおろそかになってはいけません。バランスよく行いましょう。

忘れがちなUVケアの重要性

UVケアの重要性

当然ですが、色白になりたいなら紫外線には気を配らなければなりません。
美白ラインのスキンケアを使用しているのに「全く白くならない!」という人に限って、日焼け止めを使用していないケースがよくあります。当然のことなのに忘れてしまったり、面倒になって手を抜いてしまったりするのがUVケアです。

紫外線は1年中降り注いでいる

紫外線は1年中降り注いでいる

「日焼け止めを夏は使うけど冬は使わない」という人がいるようですが、紫外線は容赦なく1年中降り注いでいるので、日差しが強くなる真夏に入ってからの紫外線対策では手遅れ。
UV対策は夏だけではなく冬もするといいでしょう。冬はクレンジングをする必要がないベビー用の軽い質感のものを使うことをおすすめします!

くもりの日は室内にも紫外線が入り込む!

曇りの日でも紫外線はある

「今日はくもりだから日に焼けないだろう」という考えは大間違いです!紫外線はくもりの日も変わらず降り注いでいます。気温の高さ、太陽光の量と紫外線量は比例しないので注意が必要です。
また紫外線はガラスを通り越して室内にも侵入します。1日中室内で過ごす日でも日焼け止めを使用しましょう。ちょっとの買い物、洗濯物を干すだけなんて日も注意ですよ!

日焼け止めは必ず塗りなおして!

日焼け止めを塗り直す

朝出掛ける前に塗った日焼け止めは、1日中持続しません。必ずお昼や夕方のタイミングで1日3回を目安に塗りなおしましょう。
「SPFが高い値だから大丈夫」という考えも甘いです!特に汗をこまめにふく夏は、簡単に日焼け止めが取れている可能性があるので注意しましょう!

与えるケアは継続して行うのが大前提

スキンケアで肌に美容成分を与える場合、同じ化粧品を最低でも3カ月、効果が感じられにくい方なら1年間使用する必要があります。

肌の細胞が入れ替わる代謝は赤ちゃんでも1カ月、さらに年齢を重ねた大人の肌であれば3カ月程度かかる場合があります。肌の代謝を繰り返して日に焼けてしまった肌を新しく生まれ変わらせるのであれば、同じ化粧品を1年間使用して変化を見るのがよいでしょう。

ビタミンCは内側と外側から与えるのが効果的

内と外からビタミンCをとり入れる

美白といえば代表的な成分はビタミンC。肌の代謝をアップさせ、日に焼けてしまった肌を新しい細胞と入れ替える手助けを行うなど、シミの原因であるメラニンの生成を抑えるはたらきが期待できます。

ただ美白の化粧品は効果実感までに時間がかかるのも事実です。そのためサプリメントやドリンクなどで体の内側からアプローチするのも効果的です!

週1回の角質ケアで肌のトーンアップ!

肌のトーンアップ

肌がくすんで黒く見える原因には、日焼け以外に肌の角質汚れも考えられます。毎日洗顔をしていても皮脂などの汚れが少しずつ蓄積し、肌を覆ってしまうのです。

そこでおすすめなのが角質ケア。スクラブで角質を除去する方法、酵素でたんぱく質を分解する方法、ピーリング効果のあるエッセンスを塗布する、など方法はさまざまです。
肌の角質汚れを除去することで、一気にトーンアップすることの期待できますので、週に1回程度いつものお手入れに取り入れてみてください。

おわりに

紫外線対策とスキンケアの両方を丁寧に行うことで手に入る色白肌。毎日コツコツ行って、透明感あふれる肌を目指しましょう!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう