髪へのダメージが少ない!ハーブカラーで染めるメリットとデメリット

髪へのダメージが少ない!ハーブカラーで染めるメリットとデメリット

ダメージが少ないヘアカラーとして幅広い年代の女性に注目されている「ハーブカラー」をご存じですか?通常のヘアカラーと比べると負担の少ないハーブカラーですが、きれいに染めるためにはいくつかのポイントがあります。
今回はハーブカラーで染めるメリットとデメリットをがどのようなものかを見てみましょう。

ハーブカラーはハーブエキス配合のヘアカラー

ハーブエキス配合のヘアカラー

ハーブカラーとはハーブエキスを配合したヘアカラーであり、。髪や頭皮に優しい成分で作られているので、敏感肌や髪の毛が傷みやすい、アレルギーがあるといった髪染めが負担になる人や、ナチュラルな色味や自然な白髪染めをしたい人に向いています。

ハーブカラーには3つの種類がある

ハーブカラーは、ハーブの配合量によっていくつかの種類があります。配合量によって髪へのダメージも少し変わってくるので知っておくといいでしょう。

100%天然ハーブタイプ

天然のハーブ

ヘナカラーや草木染めといわれるハーブカラーです。100%天然ハーブの成分で作られているので、最も髪や頭皮に優しいヘアカラーだといえるでしょう。主に白髪染めとして使われます。

天然ハーブに少量の染料タイプ

天然のハーブと染め粉

ほとんどが天然ハーブ成分で作られていますが、少量の染料を加えることで100%天然ハーブタイプよりも染まりやすいのが特徴です。ケミカルヘナと呼ばれ、白髪染めとして使用されます。

ほぼ普通のヘアカラータイプ

普通の染め粉

普通のヘアカラーに少量のハーブが配合されています。ハーブカラーは白髪染めに使われることが多いですが、このタイプはファッションカラーとしても使えますが、他の2つのタイプに比べると髪へのダメージは大きくなります。
ハーブの成分がエッセンスとして配合されていることにより髪にツヤを与えてくれるので、パーマやカラーを繰り返して傷みが気になる人にもおすすめです。

ハーブカラーのメリット

ハーブカラーには普通のヘアカラーとは違ったメリットがあります。ハーブカラーのメリットを見てみましょう。

髪や頭皮に優しい

頭皮に優しい

天然100%タイプのハーブカラーなら、ヘアカラーで頭皮がかぶれてしまうという人でも安心です。不安があれば使用する前にパッチテストを行うことをおすすめします。

ヘアカラー剤の嫌な臭いが少ない

独特の臭いがない

普通のヘアカラー剤で染めているときや染めたすぐ後は、鼻につくような臭いが苦手な人もいますよね。ハーブカラーはその臭いが軽減されるので、気にせず髪を染めることができます。

ツヤのある仕上がりに

髪の毛にツヤが出る

普通のヘアカラーは髪へのダメージが大きいので、ヘアカラー後はトリートメントなどのヘアケアが不十分だと、パサついたりまとまりにくくなります。ハーブカラーは髪にツヤを与える天然の成分が含まれているので、傷みにくくきれいな仕上がりになります。

ハーブカラーのデメリット

ハーブカラーは髪や肌に優しいといううれしいメリットがありますが、その代わり我慢しなければいけない点があります。

明るい髪色にはできない

明るい髪色にならない

100%天然タイプやほぼ天然タイプのハーブカラーは白髪を染めることはできますが、黒い髪を明るくカラーリングすることはできません。

髪色を明るくしたいときは、髪や頭皮への負担をできるだけ軽減した薬剤で一度明るくして、根元の白髪が目立ってきたらハーブカラーで染めるという方法もあるようなので、一度美容師さんに相談してみてください。

染まりにくく時間がかかる

時間がかかる

普通のヘアカラーには人工の染料の成分が含まれているので早く染まりますが、ハーブカラーは天然成分のため染まりにくく時間がかかります。普通のヘアカラーと同じ感覚でハーブカラーを試してみたいなら、ほぼ普通のヘアカラータイプがおすすめです。

おわりに

ハーブカラーは髪や頭皮に優しいだけではなくツヤも与えてくれるので、理想の美髪に近づけます。ぜひ一度ハーブカラーでカラーリングを体験してみてください。

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう