赤みを消して外国人風ヘアに!今注目のアディクシーカラーをご紹介

赤みを消して外国人風ヘアに!今注目のアディクシーカラーをご紹介

最近SNSを中心に話題の「アディクシーカラー」。なんだろう?と思っている方も多いのでは。実はアディクシーカラーは外国人風ヘアに憧れるあなたにぴったりです。

今回は、知っているようで知られていないアディクシーカラーについて、徹底解説。そのメリットや色味まで、詳しくご紹介します!

透明感のあるヘアカラー「アディクシーカラー」とは?

SNSでアディクシーカラーと検索するとヒットするのは透明感のある外国人ヘアばかり。これは気になっちゃいますよね。そもそもアディクシーカラーとはどのようなものでしょうか。

ミルボンのカラー剤を指す「アディクシーカラー」

アディクシーカラーとは、ヘアケアアイテムも人気のMILBON(ミルボン)から販売されているサロン専売ヘアカラー剤「ORDEVE Addicthy(オルディーブアディクシー)」を使ったヘアカラーリングです。このヘアカラー剤で染めたカラーのことをアディクシーカラーやアディクシーヘアと呼ぶのです。

仕上がりは透明感のある外国人風ヘア

アディクシーカラーの人気の秘密…それは日本人特有の赤みやオレンジっぽさをかきけし、深みのある寒色系のヘアが楽しめる点です。ツヤ感もあり、一目で分かる“きれいな髪の毛”になれるヘアカラーとして人気を集め、色持ちの良い深みのある暗めカラーも楽しめるのです。

アディクシーカラーの魅力

ヘアカラーにアディクシーカラーを選ぶことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。その主なものを見てみましょう。

赤みを消して透明感とツヤ感を足す

赤みを消して透明感とツヤ感を足す

アディクシーカラーの最大のメリットは、赤みを消して透明感とツヤ感を髪の毛にプラスしてくれることです。日本人の髪の毛は黒い方が多いので、髪を染めたり退色したりすると、どうしても赤っぽさやオレンジっぽさが出てしまいます。

アディクシーカラーでは絶妙なカラーコントロールにより、その赤みやオレンジっぽさを消して、柔らかいニュアンス系のカラーに仕上がるのです!

ブリーチなしでもOK!

「でも外国人風カラーってブリーチしなくちゃいけないんじゃない…?」なんて思い込んでいる方も多いはず!ブリーチはできることなら髪の毛のためにもしたくないところ…。

アディクシーカラーならしっかり色味が入るのでブリーチなしで絶妙なカラーに染められます。個人差、以前のカラー剤の影響などもありますので詳しくは美容師さんに相談してみてくださいね。

暗いトーンでもきれいに仕上がる

お仕事をしている方の中には明るいヘアカラーはNG!なんて方も。アディクシーカラーなら、寒色系のカラーを暗いトーンで染めることもできるのです。

真っ黒では重たく見えてしまう髪の毛も、柔らかいカラーリングならふんわり柔らかく、軽く仕上げることができます。その絶妙なカラーと色の入り方に「アディクシーカラーは唯一無二!」とこだわる美容師さんもいるのだとか。

アディクシーカラーのおすすめカラー

アディクシーカラーは6色展開。ブルー系の「サファイア」やマット感のある「グレーパール」、カーキ系「エメラルド」、バイオレット系「アメジスト」、アッシュ系シルバー「シルバー」、立体感や透明感の「クリア」です。

アディクシーカラー・サファイア

サファイアはブルー系のカラー。赤みを打ち消してくれるので髪の毛が茶っぽくなるのが気になる方にピッタリ。暗めのトーンでも、ただの黒髪ではなくダークグレージュというような感じの色味に仕上がります。ツヤ感もきれいに出せます。

アディクシーカラー・エメラルド

エメラルドはカーキっぽさを感じさせる柔らかいグリーン系で、スモーキーな落ち着いた雰囲気を演出してくれる大人なカラーです。あまり暗すぎるのが苦手な方でも寒色っぽいカラーを楽しむことができます。

アディクシーカラー・アメジスト

透けるような素敵カラー、アメジスト。バイオレット系のカラーで太陽にあたると繊細な透明感を演出できます。赤みやオレンジっぽさは全く感じません。こだわりヘアにピッタリです。

おわりに

SNSで話題のアディクシーカラー。納得のきれいさでした。ぜひ皆さんもお近くのアディクシーカラー取り扱いサロンへ行って見てください。きっと素敵なカラーに出会えるはずです。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう