簡単にできるロックメイクのやり方

ロックメイクをした女性のイメージ1
モード感のあるロックメイクは、色の入れ方が独特で難しいと思っていませんか?そんな心配は必要ありません!ロックメイクもコツさえつかめば、誰でも簡単にできちゃうんです。そこで今日は、ロックメイクをマスターする上で押さえておきたいポイントから詳しいメイク方法までしっかり解説していきます。

アイメイクでロックメイクの仕上がりが決まる!

ロックメイクをした女性のイメージ2

ロックメイクで力を入れたいのがアイメイク。くっきり濃い目の仕上がりのアイメイクにすると一気に雰囲気が出てきます。

ダークカラーのアイシャドウでかっこよく

アイシャドウはグレー系やブラウン系の濃い色がおすすめ。いつもよりも広めに色をのせることを意識することで、きれいに仕上げることができます。アイホールにはやや広めにアイシャドウをのせ、下まぶたにもしっかり色を入れましょう。
専用下地を使うと発色も良くなり、化粧崩れを抑えることができるので、ロックメイクでは重宝しますよ。

ハネ上げアイラインでクールに決める

アイラインはブラックのリキッドタイプで引いていきます。上まぶたは二重の幅より狭くアイラインを引いて、目尻から5mmくらいはみ出す感じでアイラインの先をハネ上げます。下まぶたにもアイラインを引けば、一気にクールな印象に仕上がります。
目鼻立ちがくっきりしていてブラックでは濃すぎるという方は、ブラウンでやや抑え目にするとバランスが取れます。普段と違った印象を出したい方は、パープルやグレーなどのアイライナーを使ってみるのもおすすめです。

眉毛は細く直線的・まつ毛はしっかり盛る

ロックメイクでは、眉毛は細目でまっすぐになるように描きます。眉尻に向かってシュッと伸びていくような感じで仕上げましょう。
まつ毛はマスカラをたっぷり塗って、ボリュームのあるまつ毛に仕上げましょう。付けまを使えば、ボリュームのあるまつ毛が簡単に完成しますよ。

ポイントメイクにも注目する

ポイントメイクにも注目する

アイメイクだけではなく、リップやチーク、ハイライトといったポイントメイクもロックメイクの仕上がりを左右します。

リップは仕上げたい印象によって使い分けを

リップはアイメイクと並んでロックメイクの要。女性らしい印象を出したい方は真っ赤なリップを、クールなモード感を出したい方はベージュなどのヌーディーカラーを取り入れると良いでしょう。

チークはベージュで抜け感を出す

ロックメイクではチークはノーカラーでも問題ありません。色を入れるとしても、ベージュなどのヌーディーカラーで抑え目にして抜け感を出すようにすると、全体のバランスが取れます。

ノーズシャドウとハイライトでスッとした鼻筋を演出

ノーズシャドウの色は肌色よりワントーンくらい明るい色がマッチします。くぼんだ部分により影ができるように、眉頭の下が最も濃く、鼻筋から小鼻が最も薄くなるように入れていきましょう。

ノーズシャドウの入れ方

  1. 眉頭の下にあるくぼんだ部分に、三角形になるようにシャドウを入れます
  2. 眉頭から鼻筋の起点となる目頭あたりの高さまでシャドウを入れます
  3. 鼻筋に沿って小鼻の辺りまで薄くシャドウを入れます
  4. シャドウを指先でそっとなででぼかします。強くこするとシャドウが広がってしまうので、軽く触れる程度でとどめて

ハイライトの入れ方

Tゾーンに入れるハイライトはホワイトのパウダータイプがおすすめ。鼻筋の部分のハイライトは、細く入れていくのがポイントです。鼻先まで入れるとテカった印象になるので、鼻の中央辺りまで入れることを意識してみて。

おわりに

いかがでしたか?ロックメイクをマスターすれば、普段のメイクとは違った印象を楽しむことができますよね。実は、クールなメイクがよく似合うなんていう嬉しい発見もあるかも!
またカラーコンタクトを入れると、さらにクールな目元に仕上がるのでおすすめです。興味のある方は試してみてください!

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう