コンプレックスは隠しちゃえ!ほくろをうまく隠すメイクのコツ

ほくろがコンプレックスの女性
鏡を見るたびに気になるほくろ。ほくろの場所や大きさによっては目立ってしまい、コンプレックスになることもあります。今回はそんな気になるほくろをメイクでうまく隠すためのメイクのコツをご紹介します。

平たく、小さめのほくろはコンシーラーを使用

コンシーラーでほくろを隠す女性
盛り上がりのないほくろ、大きさもさほど大きくないほくろに関しては、コンシーラーで隠すことが可能です。

コンシーラーはテクスチャーが固めのスティックタイプを使用します。色は明るめのものよりは肌のトーンと同じか、1トーン暗めのものでもOK.のちにファンデーションやルースパウダーを重ねていくので、少し暗めの色でも気になりません。

スキンケア後、肌表面はクリームなどの油分が若干残っているため、コンシーラーをのせたいほくろの部分はティッシュオフで油分を取り除き、コンシーラーが肌に密着しやすいようにします。コンシーラーは塗る、というよりもほくろの部分に置く、ようなイメージでポンポンと当てていきましょう。その後、指か小さめのブラシでまわりとなじませ、違和感が出ないようにします。その際、コンシーラーを伸ばしてしまうとほくろが見えてしまうため、指やブラシもポンポンと当てるようにしましょう。

ファンデーションを塗布する際は、ほくろの部分にのせたコンシーラーを伸ばしてしまわないように気を付けます。おすすめは、コンシーラー後にルースパウダーで表面の油分を吸着させ、パウダーファンデーションを重ねること。指やブラシで塗り広げるリキッドタイプのファンデーションと違い、ふんわりと重ねることが可能なので、ほくろの部分にも重ねやすいのです。

ポイントはコンシーラーを伸ばさないこと

ほくろの部分は肌に比べて明らかに色が濃いため、コンシーラーを厚く重ねる必要があります。そのため、先ほどご紹介したように、塗布する際も、コンシーラーをほくろの部分に置くイメージでメイクをするのが重要なポイントです。

メイクが崩れてほくろが目立たないように保湿もしっかり

コンシーラーを厚塗りしたほくろの部分は、メイクしてしばらくたつと肌の乾燥でファンデーションがひび割れし、目立ちやすくなることがあります。乾燥によるメイク崩れを防ぐためにも、メイク前の保湿ケアも重要です。日中のメイク直しは、スプレータイプの化粧水で肌に水分を与えてから行うようにしましょう。

盛り上がったほくろには傷ケアテープが有効

盛り上がった厚みのあるほくろの場合、表面の色を消すだけでは違和感が残ってしまいます。そこで頼りになるのがドラッグストアなどで販売されている傷ケアテープ。半透明で傷を外部の刺激から守ってくれるテープです。
傷ケアテープは半透明でシリコン製であることが多いため、ばんそうこうよりも表面が滑らかで目立ちにくく、ほくろの上に貼っても違和感が出にくいのです。
ベースメイク後、テープが肌に密着しやすいようにテープを貼る部分の油分をティッシュオフします。ほくろが隠れる大きさにテープを切り、はがれにくくするため角を無くして丸い形に整えます。ほくろの上に貼りつけた後は、先ほどと同じ要領でメイクを行います。テープの上にコンシーラーやファンデーションを塗布する際は、テープがはがれないよう、置くイメージで行いましょう。

おわりに

目立ってしまうほくろでも、メイクで隠すことは十分可能です。コンシーラーやファンデーションをほくろの上に置くようなイメージで部分的に厚く塗布すること、というのが最も重要なポイント。さらに自分の肌の色に合ったアイテムを選んで、コンプレックスをなかったことにしてしまいましょう。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪
No tags for this post.