赤を効かせて女っぷりを上げる「アイブロウ クリエイティブパレット」

イプサ アイブロウ クリエイティブパレット
眉を描くとキツそうに見えてしまったり、やぼったく見えてしまったりする悩みをよく耳にします。そんな悩みを解消するためには、使用するアイテムを見直すのが一番。今回は、女っぷりを上げてあか抜け眉を作ることができる「アイブロウ クリエイティブパレット」をご紹介したいと思います。

アイブロウ クリエイティブパレット

人気美容家の神崎恵さんも著書の中で愛用品として紹介しているイプサの「アイブロウ クリエイティブパレット」は、赤とオレンジのニュアンスカラーを含むパウダータイプのアイブロウです。価格は4,200円(税抜き)とお求めやすい価格とは言えませんが、毛髪の色に合わせて色を調整することができる上、パウダーにオイルコーティングが施されているので崩れにくいという特徴があります。また、付属の2種類のブラシが優秀で描きやすいのも高ポイントです。

アイブロウ クリエイティブパレット

くすみのある「赤」と鮮やかな「オレンジ」のニュアンスカラーの存在が他商品と一線を画します。

まずはそれぞれのカラーをチェック!

手に試し塗り

ニュアンスカラー以外のカラーも3色入っているので、陰影や濃淡をつけやすいという特徴があります。

早速色みをチェック!

まず、右上のナチュラルブラウンで眉全体を描きます。次に右下のダークブラウンで眉尻を描きます。ここまでの段階で使用するブラシは、硬めで斜めにカットされたものを使いましょう。そして、それ以降は毛量が多いブラシを使って眉頭から目のくぼみにかけて左上のライトベージュを塗ります。最後に眉全体に赤かオレンジのニュアンスカラー、もしくはその両方を混ぜたものをふんわりと重ねます。自然な立体感をプラスしつつ、あか抜け眉に仕上がります。ブラシは付属のものでもOKですが、もっと柄が長い、アイブロウ専用のブラシを使うのもおすすめです。ペンシルで描くよりもパウダーの方が抜け感があって自然な眉に仕上がりますよ。

眉毛に塗る前

眉を描く前に大まかにでも毛流れを整えておきましょう。

眉毛に塗った後

赤を効かせたことでフェミニンで抜け感のある眉に仕上がりました。

おわりに

今回は、イプサの名品「アイブロウ クリエイティブパレット」をご紹介しました。薄づきのパウダーなので、少しずつ色を重ねることも、ぼかすこともしやすいと思います。パウダータイプのアイブロウを使ったことがないという人も、この機会にぜひお試しください。

遠藤 幸子
エイジング美容研究家、美容ライター、日本抗加齢医学会正会員。現在webサイトを中心に9媒体にコラムを執筆する傍ら、企業の広告なども手掛ける。この他、企業のインフォマーシャルやラジオ、雑誌などに出演。美容に関する情報を日々発信中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう