米肌 肌潤 シリーズの効果は?実際に試してみたレビューをご紹介!

 米肌 肌潤 シリーズの効果は?実際に試してみたレビューをご紹介!

とみた

お肌を保湿するスキンケア商品はたくさんありますが、クレンジングや洗顔をすると洗い流されてしまうものがほとんど。これでは、お肌の水分不足の根本的な解決にはなりませんよね。お肌自ら水分をキープできるように肌質を改善してくれるスキンケアとして人気を集めているのが、「 米肌 肌潤 シリーズ」です。

今回は米肌の成分や実際に使ってみたレビューをご紹介いたします!

最大の特徴は「ライスパワーNo.11」!

米肌(肌潤)の最大の特徴は「ライスパワーNo.11」!

とみた

KOSEの「米肌」は、その名の通りお米使った無香料・無添加・無着色のスキンケア商品です。

なんといっても米肌の一番の特徴は、「ライスパワーNo.11」が配合されていること。

ライスパワーNo.11とは、国産の白米を90日間発酵し熟成することで抽出できる、数十種類のアミノ酸とたっぷりのペプチド、糖類を含有している成分です。

「補う」のではなく「生み出す」ことで、お肌のセラミド量を増やし、潤い不足のお肌の水分保持機能を改善して乾燥や毛穴の広がり、ハリ不足をサポートしてくれます。

米肌 肌潤 シリーズに配合されている美容成分って?

米肌(肌潤)の配合されている美容成分って?

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11

とみた

ライスパワーエキスにはいくつもの種類がありますが、その中でも「肌の水分保持機能を改善できる成分」として唯一医薬部外品で有効成分と認められているのは「ライスパワーNo.11」のみです。

米肌(肌潤)シリーズにはすべてこのライスパワーNo.11が配合されています。

肌の保湿に不可欠であるセラミドを生み出し、乾燥しがちなお肌のバリアー機能を高めてハリ・つやのある肌作りをサポートしてくれます。

ビフィズス菌発酵エキス

ビフィズス菌発酵エキス

とみた

ビフィズス菌発酵エキスには、お肌の細胞を修復する働きや、角質細胞に水分をため込むNMF(天然保湿成分)と同じような働きがあります。加齢によるシミやシワを改善し、ハリを与える効果が期待できます。

大豆発酵エキス

大豆発酵エキス

とみた

保湿力に優れた「フィトコラージュ」を豊富に含有し、肌の保湿やハリに効果を期待できる成分です。

また、肌のバリアー機能を高めることで紫外線や有害物質などの外部刺激から肌を守る働きをします。

乳酸Na

乳酸Na

とみた

NMF(天然保湿成分)に含まれる保湿成分で、乾燥から肌を守ります。

保湿効果以外にも、お肌の引き締めやしみ・ソバカスの改善にも効果が期待できるため、収れん化粧品や美白化粧品などに配合されることも多いです。

グリセリン

グリセリン

とみた

グリセリンは保湿力に優れているため、さまざまな化粧品によく使われている基本成分です。

刺激が少ないので肌質を選ばず、敏感肌や乾燥肌用のスキンケア用品にも配合されています。

グリコシルトレハロース

グリコシルトレハロース

とみた

とうもろこしデンプンを分解し、トレハロースにグルコースが結合した天然の保湿成分です。

空気が乾燥している環境でも高い保水力で肌を保湿する働きや、紫外線ダメージから肌を守り、肌荒れを防止する働きがあります。

米肌 肌潤 シリーズ「14日潤い体感セット」を実際に使ってみました!

米肌「14日潤い体感セット」を実際に使ってみました!

トライアルセットの内容

  • 肌潤石鹸(15g)
  • 肌潤化粧水(30ml)
  • 肌潤改善エッセンス(12ml)
  • 肌潤クリーム(10g)

とみた

米肌のトライアルセットは、たっぷり約14日分です。そのほか、使い方のガイドブックや、おまけのフェースパックも付いていました!

1週間分で販売されている商品も多いですが、短い期間で使っただけだとお肌の変化ってあまり感じられないですよね。その点、14日分ならしっかり試すことができるので、十分に効果を感じることができることができました。

肌潤石鹸

肌潤石鹸

とみた

最初に使用するのはこちらの肌潤石鹸です。いつものクレンジング後に使用します。

肌潤石鹸 泡

とみた

もっちり泡の泡立て方法が、付属のガイドBOOKに載っていました。コツは、水分を少しずつ足していくこと。泡立てネットいらずできめ細かい泡が作れます!

保湿成分がたっぷり配合されているからか、洗い上がりのつっぱり感がありません。

肌潤化粧水

肌潤化粧水

とみた

洗顔後に、化粧水をつけます。付け方は手で直接付けるよりも、コットンを使用する方がうるおいをすばやく肌に届けることができるため、おすすめされていました!

肌潤化粧水  テクスチャ

とみた

とろみのあるテクスチャーでありながら、べたつきが無くスーッと肌になじんでいく感覚がありました。乾燥はもちろん、たるみ毛穴やシワ、お肌のごわつきにも効果が期待できるようです。

角層柔軟オイルが配合されているため、お肌をやわらかくほぐして内部までしっかり浸透していくのが感じられました。

肌潤改善エッセンス

肌潤改善エッセンス

とみた

化粧水で整えた後は、肌潤改善エッセンスを顔全体に塗り込んでいきます。乾燥が気になる部位には重ね付けを。

肌潤改善エッセンス テクスチャ

とみた

ライスパワーNo.11が角層内でセラミドを生み出し、水分保持機能を改善して乾燥に負けないお肌をつくる美容液。

みずみずしさを感じられるテクスチャーです。しっかりと潤うのに、サラッとしたつけ心地でベタつきがありません。

肌潤クリーム

肌潤クリーム

とみた

最後に、肌潤クリームでうるおいにふたをします。乾燥が気になるときには、化粧水とこのクリームを交互に重ね付けをしてもOKなのだそうです。

肌潤クリーム テクスチャ

とみた

見た感じはベタつきそうな印象がありましたが、つけてみるとそれほど重さは感じません。しっかりめの質感にも関わらずのびがよく、少量でなじみました。

化粧水と美容液で潤ったお肌にふたをして、もっちりとした肌に仕上げてくれます。

使用前と使用後のお肌の水分量・油分量を比較!

とみた

使用前と、せっけん~クリームまでを手の甲で使用した後のお肌の水分量・油分量を計測してみました。

使用前

肌潤使用前

水分量  油分量  肌の状態 
28% 42% 非常にキメが乱れ、ハリが失われている状態です。

とみた

冬に比べ乾燥が少ない季節なので油断していましたが・・・紫外線やエアコンでお肌は限界まで乾燥していたようです。

使用後

肌潤使用後

水分量  油分量  肌の状態 
47% 21% キメが整いハリがある状態です。

とみた

水分量が一気に20%近くアップしました!ベタつきがまったくない使用感だったのに、一度使っただけでここまで保湿をしてくれるのは驚きです。

14日間トライアルセットを使用した感想

とみた

固形せっけんは少量で泡立つので、コスパも抜群です。洗顔後、お風呂上がりに感じることが多いお肌の乾燥もほとんどありませんでした。

化粧水は、最初は「よくある保湿系の化粧水」といった印象でしたが、使い続けていると肌が明るくなってきたように感じたので、くすみやシミに少し効果があったのかなと思います。他の口コミでもよく書かれていますが、保湿力に関しても抜群でした。

細かいところは美容液を塗り込んだおかげか、いつもは乾燥が気になる目元もファンデーションが塗りやすくなった気がします。

乳液は、ものによってはベタつきが気になったり、ニキビができてしまったりするのですが、米肌のクリームはほどよくしっとりしていて、こってりしすぎてないところが気に入りました。

次の日の朝もお肌がもちもちしていて、肌荒れなども特に起きなかったので、私の肌に合っていたのかなと思います。

14日分とありますが、一つ一つの容量が多いので実際には14日以上使えました。いきなり通常サイズのものを買うのは不安ですが、この価格で自分の肌に合うのかを十分な期間をお試しできるのはとてもお得だと思います。

最安値で購入できるのは?

店舗名 価格
楽天市場 1500円(税込み)+送料540円
Amazon 1500円(税込み)+送料540円
公式サイト 1500円(税込み)

とみた

米肌の14日間トライアルセットを最安値で購入できるのは、公式サイトです。

商品価格はどこも変わりませんが、楽天市場やAmazonだと送料が発生します。公式サイトであれば送料無料で購入できるので、お試ししたい方は公式サイトをチェックしてください。

商品を気に入った場合継続して使用する方は、3カ月に1度1本無料でプレゼントしてもらえる定期購入がおすすめです!

公式の定期購入は解約の成約や解約金はない?

肌潤 解約金

とみた

定期購入の解約は、3回目のお届けから可能です。その際は解約金が発生することはありません。

「使い終わらないうちに次のがどんどん届いてしまうのは困る」という方は、お届けを1回スキップすることができます。お届けの周期も「毎月」「2カ月ごと」「3カ月ごと」から選べるので、自分のペースで利用できます。

米肌 肌潤 の安全性は?

肌潤 安全性

とみた

米肌の主成分である「ライスパワーNO.11」は、100%国産のお米から抽出したエキスを90日間発酵・熟成し抽出した成分です。

鉱物油や石油系界面活性剤などは不使用で、アレルギーテスト済み、弱酸性の製品なので、敏感肌でも多くの方が利用しています。

まとめ

肌への効果
  • お肌のごわつきや乾燥を根本から改善
  • 洗顔後もつっぱらずしっとりするは肌へ
  • シミやシワ、くすみの改善
  • お肌のハリ・つやをとりもどす
こんな人におすすめ
  • 乾燥肌の人
  • 混合肌の人
  • 乾燥が気になる人
  • ベタつきのないスキンケア商品を好んで使っている人
  • シワやごわつき、毛穴が気になる人
  • くすみが気になる人

とみた

米肌・肌潤シリーズは、お肌に潤いを与えるだけでなく、自ら潤いをつくり出す肌を目指すことができます。

今までいろいろな化粧水を試してきても、お肌の乾燥が改善されなかった方、お肌のハリやつや不足、ごわつきにお悩みの方におすすめです。

特に、「乾燥が気になるけど重いテクスチャーの化粧品はベタつきが苦手!」という方はトライアルセットをぜひ試してみてください!

粧工連成分表示名チェックリスト

↑↓スクロールできます

成分名 詳細 該当
BG 防腐剤・保湿剤として幅広い化粧品に使用されている。
エタノール さまざまな成分を溶かす役割として幅広い毛所品に使用されている。
グリセリン 無色透明で粘性のある液体。サラッとした使用感と保湿効果に優れている。
グリコシルトレハロース 乾燥などの外的刺激から肌を保護し、保湿する目的でスキンケアや洗顔料など幅広い化粧品に使用されている。
コメエキス 米のタンパク質から抽出される成分。保湿作用により、肌を柔らかくする効果が期待できる。
大豆発酵エキス 肌の潤いを長時間キープする保湿成分。イソフラボンが多く含まれているためアンチエイジング化粧品に多く使用される。 ×
ビフィズス菌発酵エキス 角質細胞の保湿をサポートし、加齢や紫外線などによりダメージを受けた肌を修復する役割がある。
EDTA-2Na 品質の劣化を防ぐ役割があり、化粧水を透明にするためのキレート剤として多くの化粧品に使用されている。
イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油 石鹸の泡立ちをよくしてきめ細かくする作用があるため、洗顔料に使用されることが多い。
オクチルドデカノール 皮膚を柔らかくして潤いを保つ作用があり、エモリエント剤として化粧品や日焼け止めなどにおよく使われている。
キサンタンガム 保湿力に非常に優れており、幅広い化粧品に使われている。肌のハリを出す効果や、乳液の乳化を安定させる働きもある。
クエン酸 クエン酸Naと組み合わせて、肌と同じphに安定されている。
チオ硫酸Na 化粧品の酸化を防ぐ効果があり、せっけんの保存料として使用される。
リン酸2Na 保湿力が高く細胞を活性化させる働きがある。美白化粧品やアンチエイジング化粧品に多く使用されている。 ×
加水分解水添デンプン 水分保持の効果があり乾燥から肌を守り肌質改善が期待できる成分。安全性が高いため幅広い化粧品に使用されている。
乳酸Na 保湿効果に優れており、もともとは肌の角質細胞内にある天然保湿因子成分の一種なので、肌に浸透しやすい特徴がある。
メチルパラベン 肌刺激が少なく安全性の高い防腐剤として、幅広い化粧品に使用されている。
カリ含有石ケン素地 せっけんや洗顔料などの洗浄成分として多く使用される。
ラウリン酸 強アルカリと中和させて洗顔料やシャンプーなどに配合される。 ×
オリーブ油 保水効果があり肌を柔らかくして水分の蒸発を防ぐ効果もある。注意点としてニキビの原因であるアクネ菌のエサになるのでニキビが悪化する場合があります。
トコフェロール 抗酸化・血行促進作用でクマやくすみを改善してくれる。
ポリクオタニウム-51 保湿効果に優れており、化粧品やヘアケア商品など幅広い化粧品に使用されている。
スクロース 保湿剤としての役割があり、乳液や保湿クリームに使用される。 ×
結晶セルロース 化粧品の粘度の調整や結合剤として使用されている。
フェノキシエタノール 防腐剤として幅広い化粧品に使用されている。
オレンジ油 肌のコラーゲン生成をサポートする作用や、炎症を抑える作用、保湿作用がある。
水添デンプン分解物混合溶液 肌の保湿や保護、炎症を抑える働きがあり、紫外線から肌を守る効果もあるため日焼け止めなどに使用される。 ×
アクリル酸ナトリウム 製品の乳化を安定させる働きがあるため、クリームや乳液などで多く使用されている。 ×
イソヘキサデカン 皮膚を柔らかくするエモリエント性に優れた液状オイルで、幅広いスキンケア商品に使用されている。
ポリソルベート80 乳化剤として幅広い化粧品に使用されている。
エデト酸二ナトリウム 化粧水やせっけんを透明化する役割がある成分 ×
チオ硫酸ナトリウム せっけんの保存料や、バスソルトなどの酸化を安定させるために使用される。 ×
バチルアルコール 乳液やクリームなどの粘性や硬さを調整するために使用される。
ベヘニルアルコール 肌の柔軟性を与える作用のほか、乳化安定のためにクリームや乳液などに使用される。
メチルポリシロキサン 油分のベタつきを抑えて軽い使用感にするための調整剤として配合される。 ×
リン酸一水素ナトリウム あらゆる成分のpHを調整して肌への刺激を抑える成分として、さまざまな化粧品に配合されている。 ×
流動パラフィン 保護剤や増粘剤の役割で幅広い化粧品に使用されている。 ×
メドウフォーム油 化粧品の質感を調整する目的で乳液やクリームに配合されることが多い液体オイル ×
トリエチルヘキサノイン 肌へのなじみがよく柔軟効果がある。水蒸気透過性の優れた膜を形成する。
セテアリルアルコール 肌を保湿して柔軟性を高める効果がある。
ステアロイルメチルタウリンNa 洗浄剤や合成界面活性差剤として洗顔料などに配合される成分。
水添レシチン 優れた保湿効果により乾燥や肌荒れを防ぐ目的として多くの保湿化粧品に使用されている。
コンディショニング剤・薬剤として幅広い化粧品に使用されている。
とみた
26歳。化粧品検定2級保持。20代半ばに突入しお肌の曲がり角を迎えたので、最近は基礎化粧品を見直すために保湿力重視のスキンケアを色々試している。化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: コンテンツは保護されています!