スマホも原因!?老け顔に見られてしまう原因と5つの改善法

メイクをする女性のイメージ1

さまざまな肌トラブルを抱えてしまうと、見た目年齢は一気に上がってしまいます。最近では、スマホを操作して下ばかり向いていることが原因の「スマホたるみ」まであるそう!油断していると、あっという間に老け顔の仲間入りをしてしまうかもしれません。
今回は、老け顔になってしまう原因と、その予防と改善の方法を見てみましょう。

老け顔に見られる原因は肌トラブル

スマホを操作する女性のイメージ

老け顔に見られる原因は、シワやたるみ、くすみといった肌トラブルが原因であることがほとんど。主な肌トラブルと、その原因を見てみましょう。

シワ

目元、口元のシワは老け顔に見える大きな要因。シワは紫外線ダメージや肌の乾燥によってできる乾燥小ジワが発端であることが多く、適切なケアを怠ると、小ジワから深いシワになって、取りかえしがつかなくなってしまいます。

たるみ

肌のたるみは、加齢などによって表情筋が衰えて脂肪が増えることで、皮膚や脂肪を支えることができなくなり、肌全体が下がることでたるんで見えるのが原因。また、シワが深くなるとたるみを引き起こすときもあります。

シミ・くすみ

紫外線ダメージが累積するとメラニン色素の生成が促されてシミの主な原因となります。また、肌のターンオーバーの乱れによって古い角質が堆積すると、くすみの原因になります。

クマ

クマは目元の血行不良やシミやくすみ、下まぶたのたるみが原因でできてしまいます。目元の皮膚は薄くダメージを受けやすい部位ですので、より念入りなケアをしてあげる必要があります。

老け顔を撃退!おすすめの改善法

老け顔を撃退!おすすめの改善法

肌トラブルを放置しておくと老け顔につながるので、できるだけ早く解消する必要があります。老け顔を撃退するスキンケアを見てみましょう。

何はともあれ紫外線対策!

肌トラブルの原因は、紫外線ダメージであることがほとんど。紫外線対策をしっかりすることはそのままスキンケア対策につながるとも言えます。
外出するときには日焼け止めをしっかり塗り、日傘や帽子、アームカバーなどで紫外線を浴びないようにするのは基本。帰宅したらできるだけ早く鎮静・保湿ケアをして、スキンケアには細心の注意を払います。

スキンケアに欠かせない保湿ケア

肌の乾燥はシワやたるみの原因になりますし、ターンオーバーの乱れを引き起こすため、メラニン色素の排出の妨げや古い角質の堆積を引き起こします。
セラミドやヒアルロン酸、プラセンタといった保湿力の高い成分を配合した化粧品をたっぷりと使うスキンケアは特に念入りにしましょう。

フェイスラインをすっきりさせるリンパマッサージ

リンパが滞って老廃物がたまると、顔のむくみやコリの原因となるだけではなく、老け顔に見える要因となります。老け顔を改善するためには、リンパの流れをよくすることも重要なポイントです。
普段からリンパの流れる耳の下からアゴのライン、そして首筋から鎖骨にかけてマッサージをして、リンパの流れをよくしておきましょう。

十分な睡眠をとる

肌をはじめとする体の組織の修復は睡眠中に行われます。肌のターンオーバーも睡眠中に活発になるので、十分な睡眠は若々しい肌に必要不可欠です。
質の良い睡眠をとるためにも、睡眠前のアルコールやカフェインは控えめに。また、電子機器のブルーライトは脳を覚醒させるので、寝床でついいじってしまうなら、枕元から遠ざけるようにしましょう。

おわりに

いったん老け顔になってしまうと改善には時間がかかるのはもちろん、セルフケアではどうにもならないこともあります。そうならないためにも、日ごろからしっかりとお手入れはすることが欠かせません。
今回見てきたポイントを踏まえながら予防と改善に努めると、いつまでも若々しいお肌と顔立ちを維持することができますよ。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう