前から見ても、後ろから見てもかわいい!トップノットブレイドのやり方

トップノットブレイドのつくりかた
外国人のモデルさんの間ではやっているトップノットブレイド。いつものお団子に編み込みを加えるだけで、おしゃれ上級者に見えるヘアアレンジです。ここではトップノットブレイドのやり方を紹介します。

トップノッドブレイドは今一押しのヘアアレンジ

頭のてっぺんにお団子をつくる「トップノット」

頭のてっぺんにお団子
トップノットブレイドとはトップノットが頭頂部でつくるお団子のことで、ブレイドとは三つ編みや編み込みのことをいいます。ようするに、頭頂部で付くお団子に三つ編み(編み込み)を加えたもののことです。前からも後ろからもおしゃれに見える、今一押しのヘアアレンジです。

ミディアムからロングヘアの人におすすめ

ミディアムからロングヘア
トップノットブレイドに必要な髪の長さは、頭頂部でお団子をつくれる長さがあればOK。長さが足りないという人もハーフアップノットブレイドにすれば、すてきなヘアアレンジを楽しめます。

トップノットブレイドのやり方の前にトップノットをおさらい

ポイントを押さえれば簡単なトップノット

ポイントを押さえれば簡単
トップノットブレイドをやりたいと思っている人の中には、トップノット(お団子)をきれいにつくれないという人もいるのではないでしょうか?忙しくて時間がないときは、トップノットだけでも十分おしゃれなので覚えておくと便利です。

トップノットのやり方

トップノットのつくりかた

  1. コテで髪全体を巻く。
  2. 頭頂部でポニーテールをつくる。
  3. 毛束をまとめてお団子をつくり、ピンで固定する。
  4. ヘアスプレーをかけたら完成。

クシでポニーテールの毛先に逆毛を立てるとボリュームのあるお団子がつくれます。

ここから本番!トップノットブレイドのやり方

トップノットブレイドのポイント

  1. コテで髪全体を巻く。
  2. 頭を下に向け、えり足から頭頂部まで編み込みをしてゴムで結ぶ。
  3. 毛先をまとめてお団子をつくり、ピンで固定する。
  4. ヘアスプレーをかけたら完成。

最初にコテで髪を巻いておくとやりやすい

コテをまくと簡単
髪を巻かなくてもトップノットブレイドをつくることはできますが、髪がサラサラしているとやりにくい場合があります。最初にコテで髪を巻いておくと髪が指に絡まりやすくなるので、アレンジしやすいのでおすすめです。

ルーズ感を出すのがおしゃれ

ルーズ感がおしゃれ
トップノットブレイドに限らず、最近のヘアアレンジのトレンドはルーズ感を出すこと。後れ毛を出したり毛束を崩したりすると、今っぽいおしゃれなヘアスタイルに仕上がります。ただし、ルーズ感を出しすぎるとだらしなく見えるので、バランスを見ながら少しずつ崩していくのがポイントです。

ボブでもOK!ハーフアップノットブレイドのやり方

首のあたりでまとめるハーフアップノットブレイド

ハーフアップブレイド
トップノットブレイドをつくれるほど髪の長さが足りない人は、ハーフアップノットブレイドがおすすめです。やり方はトップノットブレイドとほぼ変わりません。

  1. コテで髪全体を巻いておく。
  2. 耳より上の髪を取る。頭を下に向け、取った髪の下から頭頂部まで編み込みゴムで結ぶ。
  3. ゴムで結んだ毛先をまとめてお団子をつくり、ピンで固定する。
  4. ヘアスプレーをかけたら完成。

ヘアアクセサリーをプラスすればパーティーにもぴったり

ヘアアクセサリー
高めの位置のお団子は、おしゃれで華やかに見えます。トップノットブレイドにヘアアクセサリーをプラスすればパーティーヘアにもOK。ヘアアクセサリーをつける場合はお団子の前部分につけると子どもっぽい印象になるので、後頭部のお団子の下につけるのがおすすめです。

おわりに

海外で大人気のトップノットブレイドですが、日本でもやっている人が増えています。明るく元気な印象になるので夏フェスやBBQなど夏のアウトドアにもぴったり。また髪をアップにするので、重たくなりがちな冬のファッションもすっきり見えます。トップノットブレイドをマスターしてヘアアレンジのバリエーションを増やしてみませんか?

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう