ふんわり前髪を夜までキープ!ぺたんこにならない巻き方をご紹介

ふんわり前髪を夜までキープ!ぺたんこにならない巻き方をご紹介
若々しく健康的な印象のふんわり前髪。雑誌でも「ふんわり前髪がかわいい」というような特集が組まれています。話題になっている反面、「ふんわり前髪にセットしても夜になるとぺたんこになってしまう」と悩んでいる女性も多いんです。今回は夜までふんわり前髪をキープするためのポイントや前髪別の巻き方をまとめてみました。

ふんわり前髪がぺたんこになる原因は?

髪の水分量のバランスが崩れている

水分量
湿気が多い雨の日などは、髪が水分を多く吸収します。そのため髪にうねりやクセが出やすくなり、ふんわり前髪が崩れる原因となります。

スタイリング剤のつけすぎ

スタイリング剤の過剰
ふんわり前髪をキープするためにスタイリング剤をつけていると思いますがつけすぎはNG!時間がたつとスタイリング剤の重みで前髪がぺたんこになりやすくなります。

髪のダメージ

ダメージヘア
髪はカラーリングやパーマだけでなくドライヤーの熱や摩擦、紫外線など日頃からダメージを受けています。そのため、髪の表面を覆っているキューティクルがはがれてしまい、スタイリングしにくくなるのです。ふんわり前髪をキープするためには髪をダメージから守ることも大切です。

ふんわり前髪を作る前に重要なポイント

髪を洗った後はすぐに髪を乾かす

すぐ乾かす
髪は濡れた状態のまま時間がたつと、クセがつきやすくなります。髪を洗った後はすぐにドライヤーで乾かしましょう。前髪を乾かすときのポイントは、前髪を下から上に持ち上げて根元からしっかり乾かすこと。乾かすときにドライヤーを近づけ過ぎると髪のダメージにつながるので注意してください。

寝ぐせは濡らしてリセット

濡らしてリセット
夜寝る前にドライヤーで乾かしていても朝起きると寝ぐせがついている場合があります。寝ぐせがついたままセットしても夜まできれいなふんわり前髪をキープすることができません。寝ぐせをリセットするために前髪の根元を水で濡らし、クシで左右にブローしながら根元部分にドライヤーを当ててください。前髪を上下にブロッキングして行うとやりやすいです。

スタイリング剤は部分的に使用してつけすぎを防ぐ

スタイリング剤は最小限
ふんわり前髪をキープするために、ヘアスプレーなどのスタイリング剤は欠かせないアイテムです。しかしスタイリング剤をつけ過ぎると、重みでぺたんこになりやすくなります。
前髪全体ではなく前髪の内側と根元につけるとつけすぎを防ぐことができます。スプレーをした後、前髪の表面をさっとクシで整えるとスプレーで固めたときのガチガチ感が残らず、ナチュラルなふんわり前髪に仕上がります。

なりたい前髪別!ふんわり前髪の巻き方

カーラーを使ってふんわり前髪を巻く

カーラーでふんわり
今回はカーラーを使ったふんわり前髪の巻き方を紹介します。カーラーをしたままメイクができるので忙しい朝のスタイリングも楽になります。前髪のスタイル別になっているので、お好みの前髪でふんわり前髪を作ってみてください。
(用意するもの)

  • カーラー
  • ドライヤー
  • クシ

ワンカール前髪

ワンカール前髪

  1. 前髪を上下にブロッキングする。
  2. 下の毛束を毛先から中間までカーラーで巻き、上の毛束は前髪の根元を立ち上げるように上方向に引っ張りながら毛先から根元までカーラーで巻いてしばらく放置する。
  3. カーラーを外し、前髪の内側の根元にヘアスプレーをかけてからまっすぐ下におろす。
  4. 指で根元をジグザグにしてクセをリセットする。
  5. ブラシで内巻きにしたら完成。

流し前髪

流し前髪

  1. 前髪を上下にブロッキングしてそれぞれ毛先から根元までカーラーで巻いてしばらく放置する。
  2. カーラーを外し、前髪の内側の根元部分にヘアスプレーをつけたら完成。

かきあげバング

かきあげバング

  1. 前髪の根元を立ち上げるように上方向へ引っ張りながら毛先から根元まで、カーラーで外巻きに巻いてしばらく放置する。
  2. カーラーを外し、手で前髪を下から持ち上げたまま内側の根元にヘアスプレーをつけたら完成。

おわりに

筆者も前髪をセットしても時間がたつとぺたんこになってしまうのが悩みでした。前髪がぺたんこになった姿を鏡で見てテンションが下がるという経験を何度もしています。不器用なので巻き方のせいにしていましたが、美容師さんに相談すると今回紹介したポイントを教えてもらいました。同じように悩んでいるみなさんもご紹介した方法を参考にしてみてください。

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう