太眉ブーム!あなたに合う太眉メイクをしよう

あなたに似合う太眉

眉毛の太さや長さには流行性が強くトレンド眉が変化しています。太眉から細眉、そしてまた太眉ブームへと波が変化しています。
今回は、難しいと言われがちな太眉のタイプ別に、どんなメイクの仕方があるのか紹介していきます。

オーソドックスなナチュラル太眉

オーソドックスなナチュラル太眉

オーソドックスなナチュラル太眉は、石原さとみさんのような清楚(せいそ)なイメージで、本来の眉毛を最大限に生かして無造作でありながらも清楚な雰囲気が残る太眉は、ナチュラルメイクや自眉毛が濃い方にオススメです。

ペンシルとパウダーだけでOK

ナチュラル太眉を描くときに使うのは、ペンシルとパウダーだけでOK。眉頭の足りない部分はペンシルで一本ずつ足すように描き、中間の足りない部分はパウダーで埋めます。眉尻はペンシルだとクッキリしすぎるので、パウダーでボカしながら長くするようにしましょう。

韓国発のオルチャンメイク「平行太眉」

韓国発のオルチャンメイク「平行太眉」

太眉のブームには、この「平行太眉」が大きな役割を果たしています。オルチャンメイクと呼ばれる韓国のモデルさんたちをまねしたメイクでも、平行太眉は人気です。濃いめのアイメイクやカラコンをつける方、茶髪や金髪の髪色の方、華やかな印象に仕上げたい方にオススメです。

柔らかいイメージを崩さないのがポイント

平行太眉にするときは、ノリを貼り付けた様な眉毛にならないようにふんわりとした質感と少し明るめのカラーでつくるのがポイント。眉の中心を決めたら縁取るようなイメージで上下に平行のラインを描き、眉尻は下げずに眉山から下がってきた点と下眉毛の線を結んだところまで描きます。

眉頭や中間を埋めるときもパウダーでふんわりと埋めていきましょう。平行太眉のカラーは自分の髪色と比べてワントーンかツートーンほど明るいのが理想です。眉マスカラでカラーリングしていきましょう。

パーツを中心に集めるイメージの「短め太眉」

パーツを中心に集めるイメージの「短め太眉」

眉毛の長さを短めに太くする太眉も人気があります。顔のパーツをキュッと中心に集めることができるので、かわいらしく幼い印象の顔に仕上げることができます。離れ目さんやエラが張って気になるという方にもオススメの太眉です。

眉尻を伸ばしすぎないのがポイント

短めの太眉のコツは眉尻を伸ばさないこと。眉山から最短で結べる位置に眉尻をつくりましょう。眉尻をペンシルで締めると、きれいな眉がつくれます。
全体はパウダーでボカしながら眉頭の足りない部分はペンシルで書き足して、ふんわりした印象にするときれいに仕上がります。短め太眉は太くしすぎると麻呂眉になってしまうので眉の上と下に足しすぎないように注意が必要ですよ。

外国人やハーフのような顔立ちになる「クッキリ太眉」

国人やハーフのような顔立ちになる「クッキリ太眉」

外国人やハーフの様な顔立ちに多い太くて濃いハッキリとした眉毛も人気です。眉毛の印象が強くなるので目元にポイントを置いたメイクと相性が良いです。彫りの深い顔立ちや目が大きい人、眉毛と目の距離が近い方にオススメの太眉になります。

ペンシルで縁取るように描くのがポイント

クッキリ太眉はパウダーではなくペンシルで縁取るように描くのがポイントです。上下のラインと眉尻までをペンシルでクッキリと描き、中身はペンシルで一本ずつ足すように描いていきます。
クッキリ太眉はブラックやブラウンの濃いめの眉でもバランスが取れますが、違和感があればマスカラでカラーリングしてみてください。眉尻は黄金比より少し長めがきれいですが、眉頭の形も四角くなるくらい書き足してもGOODです!

トレンド感が強い「アーチ型太眉」

トレンド感が強い「アーチ型太眉」

今一番トレンド感が強いのが、アーチ型太眉です。パウダーで全体をふんわりと仕上げ、眉山はなるべくゆるやかになるようにすると眉頭から眉尻まで弓のようにしなった、きれいな形の太眉になります。

トレンドはふんわり感

ふんわり感がある方がトレンドなのでパウダーを使いましょう。ブラウンやゴールド系の明るいマスカラをつけると、よりあか抜けます。

おわりに

太眉には長さや太さやカラー、質感次第でさまざまな印象に仕上げることができます。メイクの仕上がりや顔の形に合わせて、自分の好みの太眉にチャレンジしてみましょう!使うアイテム次第で今までと違うすてきな眉に出会えるかもしれませんよ。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう