リップティントってなに?口紅との違いと使用方法

唇がセクシーな女性
韓国発のリップティント。おしゃれな韓国女子の間では人気のアイテムの1つです。口紅と似ているからいまだに使ったことがないという声を多く聞きます。リップティントとは口紅とどう違うのか、どのように使うものなのかをメリットとデメリットも含めて解説していきます。

話題のリップティントとは?

口紅を塗る女性

口紅とは違うリップティント

口紅やグロスは唇の上にのせているものなので、食べたり飲んだりするとどちらかというと落ちやすいですよね。でもリップティントは、唇自体に色をつけているので落ちにくいのが特徴です。

つける人によって印象が大きく違う

ティントには「染める」という意味があります。人それぞれ体温が違うので、同じリップティントを使ったとしても、発色の仕方が変わってきます。グロスだと派手な印象になりがちでも、リップティントであれば派手にならず、ナチュラル感漂うメイクが楽しめて、口紅はよりもリップティントのほうがみずみずしいです。
リップティントは口紅と同様でベタつき感はゼロであることは共通しています。同じくリップメイクができるグロスがありますが、ベタつきがあるので好みが別れます。

リップティントの使い方とおすすめリップティント

リップティントの使い方とおすすめリップティント

もとの唇の色で発色させる

もともとの唇の色を利用して発色させるのがリップティントです。その日の体温の変化によって色味に変化が出てきますし、何種類か持っていればムードの違うメイクを楽しめます。もし唇の色が悪いなら、ホットタオルで唇を温めて血行をよくしたり、コンシーラーで唇の色を消してから塗ったりしてもいいでしょう。

お出掛け10分前には塗る

リップティントがキレイに発色するまでにかかる時間は10分ほど。そのためお出掛け10分前には塗っておくことをおすすめします。
普通の口紅とは違い、リップティントはナチュラル感あふれるメイクに仕上げてくれるので、デートのときにも積極的に使いたいアイテムですね。

真ん中から塗りオーバー気味に

リップティントを塗るときには、発色状態を確認しつつ真ん中から外側に向けて塗っていきます。真ん中を濃いめに、外側にいくにつれて薄めに塗っていくことで自然なグラデーションができます。唇より少しオーバー気味に塗り、仕上げにグロスを唇中心に塗って完成。これだけで潤いあふれる魅惑の口紅に!

リップティントオススメ2選

エチュードハウス フレッシュチェリーリップティント

エチュードハウス フレッシュチェリーリップティント

エチュードハウス
フレッシュチェリーリップティント

  • 内容量|9g
  • 価 格|-
  • 発売日|-

唯恋

保湿成分グリセリンや抗酸化力が強く、保湿力にすぐれているシアバターが使われているエチュードハウスの「フレッシュチェリー」。長時間、唇をみずみずしくしっとりとした状態にキープします。ビタミンやミネラル成分も含まれているので、ボリュームの感じられるうっとりさせる唇を実現。キレイなチェリーカラーの発色です。

トニーモリー ディライトトニーティント

トニーモリー ディライトトニーティント

TONYMOLY
ディライトトニーティント

  • 内容量|-
  • 価 格|-
  • 発売日|-

唯恋

甘酸っぱいフルーティな香りが特徴のリップティントです。98%が水分ベースになっています。保湿効果のある植物由来のオイルがたっぷり配合されています。乾燥からお肌を守り、潤いある唇を持続。無添加のリップティントでお肌にやさしいのも魅力です。

おわりに

リップティントを使っていつものメイクに変化をつけてみましょう。一人ひとりの体温によって発色が変わってくるリップティント。まだ使用経験のないコスメアイテムを手に入れたときはテンションが上がりますよね。
毎日のメイクにリップティントを追加して、見た目も心もハッピーに!普段見慣れないあなた自身を発見できるはず。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう