絶対にバレたくない人のためのアイプチテクニック5選

絶対にバレたくない人のためのアイプチ方法5選

簡単に理想の二重を作ってくれるアイプチ。もう手放せないメイクアイテムになっているという人も多いですよね。でもそんなアイプチの弱点といえばバレやすいことです。
今回は、そんなアイプチの弱点をカバーするちょっとしたコツをご紹介します!

アイプチの基本の使い方

まずは、まぶたの油分と水分を拭き取ります。その後アイプチの液を塗ります。乾くのを待ったら、付属のプッシャーでぐっと折り込むように跡をつけて二重を作ります。

同じように反対のまぶたも二重にして、左右対称になるようにプッシャーで調整すれば完成です。

必ず油分は拭き取る

油分を拭き取る

メイク前には洗顔をすると思います。洗顔の後には化粧水や乳液等で保湿をすると思いますが、その油分のせいでアイプチが上手にくっつかない原因になっているかもしれません。
アイプチを塗るには、必ず油分や水分は綿棒やティッシュ、コットンなどで優しく拭き取るようにしましょう。

「薄く塗る」ことを意識する

薄塗りを意識する

アイプチを塗るときには、塗りすぎていないかも要チェック。たっぷり塗る方がくっつきそうですが、あまり厚く塗りすぎてしまうと、分厚く目立つアイプチになってしまいます。
目立たないようにするには厚く塗らずに、薄く薄く塗ることが大切です。一度取ったアイプチの液はボトルでしごいて適量を取るようにしましょう。

液が半分乾いたころにプッシュ!

生乾きのタイミングを活用する

実はアイプチの液をまぶたにつけてすぐにプッシャーで跡をつけてしまうと上手くつかず、アイプチの液自体がまぶたの上でダマになってしまうことが多いのです。その後にメイクをしてしまうとぐちゃぐちゃになり、目立ってしまいます。
解決策としては、つけたアイプチの液が半分ほど乾いたころにプッシャーで優しく押しましょう。目安は白い液が半透明になったころ。こうすることで外れにくく、キレイなアイプチにすることができます。

幅を小さめに塗ってバレ知らず!

アイプチを塗りすぎないためには、いくつかのポイントを抑えればOK。アイプチを塗るときのポイントをピックアップしてみました。

二重に見える「ポイント」を探す

二重のポイント

アイプチはポイントを抑えて少しつけるだけでも十分二重になるんです。理想の二重にするには、どこをくっつければいいのかを観察します。
アイプチの液をつけずにプッシャーで押してポイントを探し、そのポイントをアイプチをするようにします。おすすめは目頭側のどこか1カ所です。

夜間にアイテープで癖づけ

アイテープを活用

なかなかポイントが見つからなかったりする場合には、まず二重の後を癖つける必要があるかもしれません。そんなときには100円ショップなどで購入できるアイテープがおすすめ。
アイテープはシールのようにまぶたに貼ることで二重のラインをつくるテープ。貼るだけなので、初心者さんでも気軽に取り入れられます。夜間に貼ることで寝ている間に二重の癖づけができ、翌日のアイプチもスムーズになります。

おわりに

もうメイクの定番品ともいえるアイプチ。賢く使ってまるで本物二重まぶたを手に入れましょう!今回ご紹介した五つの方法をぜひ参考にしてください。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう