ツヤ肌の次はこれだ!ふんわり触りたくなるフォギー肌の作り方

ツヤ肌の次はこれだ!ふんわり触りたくなるフォギー肌の作り方

ツヤ肌メイクが大流行している中、次のトレンドとして注目を集めているのがフォギー肌。ツヤ肌とは反対の、ふんわりとした質感に仕上げるのが特長です。
今回は、これからの季節にぴったりのフォギー肌の作り方からフォギー肌に合うポイントメイクまで、ステップごとに詳しくご紹介していきます。

フォギー肌とはふんわり軽い質感に仕上げた肌のこと

異性ウケ

フォギー肌とは、赤ちゃん肌のようにふんわり軽くて透明感のある、触りたくなるような質感の肌です。
名前の由来は「霧」や「もやがかった」を意味するFogからきているので、霧のようにふんわりとした、思わず触りたくなるようなやわらかい肌ともいえますよね。

フォギー肌は男性ウケも抜群!

きめ細やかな質感の肌質に見えるフォギー肌は、ナチュラルな印象を残すので男性ウケも抜群。気になる彼とデートのときには特におすすめのメイク方法です。

ステップ別に解説!フォギー肌の作り方

下地メイク

フォギー肌は基本的にパウダリーで仕上げるのですが、素肌がカサついていると粉をふいてしまい、透明感のある肌には程遠くなってしまいます。メイク前の保湿はいつも以上に念入りに、モチモチ肌を目指しましょう。

ピンクの下地で透明感を、コンシーラーでしっかりカバー

化粧下地はピンク色のものがおすすめ。ピンクは血色をよく見せてくれるので、透明感のある肌へと仕上げてくれます。ベース作りに欠かせないコンシーラーを上手に使えば、きれいな仕上がりの決め手となります。
コンシーラーとして使いたい次の4タイプのうち、特におすすめしたいのがリキッドタイプです。肌悩みに合わせて必要なものを取り入れてください。

肌トラブル別:おすすめのコンシーラー

  • 毛穴が目立つ:毛穴用コンシーラー
  • クマが目立つ:オレンジのコンシーラー
  • ニキビを隠したい:イエローのコンシーラー
  • ほうれい線を隠したい:ワントーン明るめのコンシーラー

ブラシでふんわりとパウダリーファンデーションをのせる

仕上げのファンデーションはパウダリータイプがおすすめですが、大切なのはつけ方です!スポンジではなくフェイスブラシを使って、ふんわりとのせていくのがポイント。ブラシを使うと、よりやわらかい印象に仕上げることができます。
塗り終えたら両手で顔を包み込むようにそっと押さえて、ファンデーションを密着させたら完了です。

フォギー肌に合うポイントメイクはこれ!

目元メイク

ふんわりとしたフォギー肌には、ポイントメイクは優しい色味がおすすめ。アイシャドウは薄めのブラウン系をベースに、かわいく仕上げたい人はパステルカラーをのせると、やわらかいフォギー肌によく合います。

チークはパール入りのピンク、口紅はマットなもので決まり

チークは、パウダータイプのピンク色がおすすめ。パール入りのものをチョイスすると、透明感がプラスされてさらに魅力的に仕上がります。
口紅はツヤ感のあるものよりもマットなタイプがナチュラルな印象に仕上がるのでおすすめです。

おわりに

ふんわりやわらかな印象のフォギー肌は、透明感のある自然な印象に仕上がるので好感度も抜群です!ぜひやり方をマスターして、女性らしく優しい雰囲気を醸し出していきましょう。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう