韓国で大はやり!ふんわりかわいい桃メイクのやり方

韓国ではやっている桃メイク

今、韓国ではやっている桃メイクは、淡いピンク色の桃のピュアでかわいらしいイメージを反映させた注目のメイクテクニック。難しいように見えて、簡単にできるので、SNSで爆発的に人気を集めています。
今回は、人気の桃メイクの成り立ちや、桃メイクをするときのポイントを見てみましょう。

韓国で流行の桃メイクって何?

桃メイクのやり方

桃メイクとは、韓国ではやっている桃メイクは、韓国で放送されている桃の缶チューハイ「 イスルトクトク ポクスンアマッ(이슬톡톡 복숭아맛)」のCMから生まれたメイクです。
そんなお酒のCMには、が起用されています。

CM起用女優のメイクが「桃メイク」の原点!

きゃしゃで女性らしいかわいらしさをもち合わせたシンガーソングライターの「IU(アイユー)」さんが起用されたCMは、桃のイメージを擬人化したような、かわいい雰囲気が人気となりました。
ピンクのワンピースを身にまとってボブヘアに合わせたのが、カラーメイクを淡いピンクで統一したメイクであり、その魅力から桃メイクとして人気になったのです。

案外簡単!誰でもできる桃メイクの方法

誰でもできる桃メイク

今、大人気の桃メイクですが、実は全く難しくありません!早速ご紹介していきます。

特別なアイテムやテクニックいらずの桃メイク

桃メイクは特別なアイテムや難しいテクニックいらずでできる手軽さが魅力。さっそくベーシックな桃メイクのやり方を見てみましょう。

桃メイクのやり方

  1. いつも通りベースメイクをつくる
  2. アイホールにピンクシャドウ、目のキワにはブラウンシャドウをのせてグラデーションをつくる
  3. 涙袋もピンクシャドウをのせ、目尻はブラウンシャドウで締める
  4. アイライナーはタレ目風に、マスカラは重ね付けせず自然にのせる
  5. ピンクチークをほほの中心に丸くのせる
  6. 唇の赤みをコンシーラーやファンデーションで消し、リップとグロスをのせる

桃メイクを失敗しないために注意したいこと

桃メイクを失敗しないためのポイント

特別なアイテムやテクニックいらずでできる桃メイクですが、かわいい桃メイクに仕上げるためには、いくつか気を付けたいポイントがあります。そのポイントを見てみましょう。

ピンクの色は淡い色限定

青みピンクやローズピンクなどのはっきりした色は主張が強く、桃のイメージに合いません。桃メイクに使用するピンクは、コーラルピンクやベビーピンクなど、やわらかく淡いピンクを選びましょう!

メイクの濃さに注意

桃メイクは、あくまで淡い桃をイメージしたメイクなので、アイシャドウやチークがしっかり色づきすぎると、やっぱりイメージとは違う仕上がりになります。
アイシャドウやチークは、毛足の長いブラシにしっかりパウダーを含ませて、ふんわりと塗布しましょう。

桃メイクをきれいに見せるためのポイント

桃メイクをきれいに見せるポイント

桃メイクは淡いふんわりした仕上がりになるようにするのがきれいに見えるかの分かれ道。桃メイクをきれいに見せるためのポイントを見てみましょう。

アイライナーやマスカラはブラウンがおすすめ

桃メイクの淡いイメージを大切にするためには、目元のメイクは濃くしすぎないのがポイント。アイライナーやマスカラは、ブラックよりもブラウンの方が印象がやわらかくなるのでおすすめ。マスカラはボリュームタイプよりもロングタイプを選ぶようにしましょう。

クリームよりもパウダーのアイテムを

桃メイクのときのメイクアイテムには、肌に密着するリキッドやクリームタイプよりも、ふんわり仕上がるパウダータイプがおすすめです。

ベースメイクはしっかりめにつくる

桃メイクの魅力は、明るくすきのない少女のような、肌にふんわりとかわいいピンクが施されていることです。
肌に乗ったピンクを引き立てるためにも、赤みやニキビ跡などが目立たないように、顔のアラは徹底的に隠しましょう!すきのないベースづくりこそ、桃メイクを際立たせます。

おわりに

桃のイメージを凝縮して、メイクで表現したのが「桃メイク」。特別なアイテムやテクニックいらずでできるので、自分自身をふんわりかわいく仕上げてみてくださいね!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう