洗顔不要!?ウォータリーオイルの効果と使い方

ウォータリーオイルについて

毎日のメイク落とし、皆さんはどんなアイテムを使っていますか?ばっちりメイクが落ちるオイル系やミルク系は毛穴が詰まりそうだし、話題のウォータークレンジングはコットンの摩擦による乾燥が心配…。そんな方に試してほしいのが、オイルとウォータークレンジングのいいとこどりをしたメイク落とし「ウォータリーオイル」です。
今回は、気になるウォータリーオイルの効果と使い方を見てみましょう。

ウォータリーオイルとは?

ウォータリーオイルとは、オイルとウォーターの中間のような、さらっとしたテクスチャーのクレンジング。ポイントメイクや毛穴の汚れもベタつかずにするっと落としてくれるので、クレンジングの定番として定着しつつあります。まずはウォータリーオイルがどんな肌の人に適しているか、その効果をご紹介しましょう。

強力だけどダメージが心配なクレンジングオイル

ウォータリーオイルの使い方

メイク汚れをしっかり落とせる洗浄力がクレンジングオイルの魅力ですが、肌質によっては毛穴詰まりや乾燥肌になることで、ニキビの原因になることも。また、W洗顔が必要なので、乾燥肌からの老け肌につながるリスクがあります。

肌質を問わず使えるのがウォータリーオイルの魅力

肌質を問わず使える

ウォータリーオイルはクレンジングオイルの洗浄力とウォータークレンジングのやさしさを兼ね備えているので、W洗顔が不要で潤いを損なうことなく、しっかりとメイク落としできるのが魅力。
乾燥肌から皮脂トラブルまで、肌質や肌トラブルを問わず使いやすいのがウォータリーオイルの魅力です。

ウォータリーオイルの使い方

幅広く使えるのがウォータリーオイルの魅力ですが、その効果を発揮するためには正しく使うことが欠かせません。

お風呂でもOK! ウォータリーオイルの正しい使い方

ウォータリーオイルの正しい使い方

ウォータリーオイルは濡れた肌でも乾いた肌でもOK。クレンジングはお風呂で一気に済ませたいというときも便利です。まず、適量を手にとりだし、軽く温めてから額や鼻、アゴなど皮脂分泌の多いパーツに乗せます。顔全体に伸ばしたら、くるくると力を入れずに円を描くようにクレンジングしていきます。

ポイントメイクにはオイルを追加。しっとり感も魅力

ポイントメイクにはオイルを追加

目元や口元などポイントメイクをしている部分には、ウォータリーオイルを足しましょう。指先がふわっと軽くなったらメイクが落ちたサイン。ぬるま湯で洗い流して終了です。洗い流した後は、今までのクレンジングにはなかったしっとり感を実感できるはず。一度使うとクセになるという人が多いのも納得の使用感です。

毛穴の目立ちゼロ!おすすめのウォータリーオイル

おすすめのウォータリーオイル

乾燥肌から毛穴の黒ずみが気になる人まで肌質を問わずに使えるウォータリーオイル。最後に、人気のあるウォータリーオイルをピックアップ。

資生堂 専科 オールクリアオイル

資生堂 専科パーフェクトウォータリーオイル

資生堂
専科 オールクリアオイル

  • 内容量|230mL
  • 価 格|-
  • 発売日|-

清水まき

天然由来シルクエッセンスとWヒアルロン酸配合。固すぎずゆるすぎない絶妙なテクスチャーで、肌に伸ばすときに負担がかからず、「メイクになじみやすい」「手からこぼれず扱いやすい」と評判です。すすいだ後のヌルヌルやベタつきもなく、洗いあがりの肌もほどよくしっとり。毛穴に入り込んだメイクや黒ずみもすっきり落とし、肌を乾燥させません!

おわりに

スキンケアの基本中の基本であるクレンジング。肌に負担がかかるクレンジング剤を続けていると、ダメージは避けられないだけではなく、スキンケアの効果も台無しです。
肌質や肌トラブルを問わず使えるウォータリーオイルで、肌に負担をかけないクレンジングを試してみてください。

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう