誰もがもつ美肌菌。美肌菌の効果と増やし方

誰もがもつ美肌菌。美肌菌の効果と増やし方
最近話題の「美肌菌」を知っていますか?その名の通り美肌に欠かせないはたらきをしてくれる菌なのですが、実は誰でも持っている美肌菌はちょっとした手間で増やすことも可能だとか。
今回は誰もが持っている美肌菌についてご紹介します!

美肌菌って何?

「美肌菌」とは誰もが持っている常在菌

皮膚の常在菌
美肌菌の名前で注目を集めているのは、皮膚常在菌のうち、「皮膚ブドウ球菌」という名前の細菌です。
皮膚常在菌とは、人間の顔に常に存在する菌のことで、その種類は約1兆種類とも言われています。つまり、美肌菌はあなたの肌にも存在する、キレイの元となる菌なのです。

顔にはさまざまな種類の常在菌が存在

さまざまな種類の常在菌
常在菌の中でも、特に知られているのが「黄色ブドウ球菌」と「アクネ菌」の2つ。黄色ブドウ球菌は肌荒れやアトピーの原因を引き起こす菌で、健康な状態の肌には存在しません。ニキビの原因菌として知られるアクネ菌ですが、実はアクネ菌は3種類あると言われており、ニキビの原因となる悪性のものはその内1つです。

美肌菌がもたらす効果とは?

肌のうるおいを保つ

うるおいを保つ
誰もが持っている美肌菌ですが、その名前がつくほどの美肌効果とはどのようなものなのでしょうか?
美肌菌は顔の皮脂や汗をエサにして、「グリセリン」を生み出します。グリセリンは化粧品にも使用される保湿成分で、肌にうるおいを保つ役割を果たします。

リップバームのように肌の表面に保湿成分の膜ができることで、肌の内側の水分が逃げにくくなり、うるおいがキープされるので、

  • 乾燥しにくくなる
  • 肌のキメが整う
  • 肌に弾力が生まれる
  • シワが目立ちにくくなる
  • シミやニキビ跡がうすくなる

などの効果が期待できます。

肌をトラブルから守る

肌トラブルから守る
美肌菌は、同じ常在菌の中でも悪玉菌である黄色ブドウ球菌のはたらきを抑制する、「抗菌ペプチド」を生み出します。
さらに、肌の潤いに欠かせないセラミドも産生するため、肌がもともと持っているうるおいを保ち続けながら、悪性の菌を抑制する、バリア機能を高める効果も期待できます。
美肌菌と上手に付き合うことは、肌トラブルを起こさない、強く美しい肌へと導いてくれるのです。

美肌菌を増やしてきれいな肌を目指すためのポイント

洗いすぎNG!洗顔方法に気を付けて

洗顔方法に注意

クレンジングはクリーム、ミルクタイプがおすすめ

クリームやミルクタイプのクレンジングは、油分と水分のバランスが良く、汚れは落としつつ必要なうるおいは残してくれる、おすすめのアイテム。
汚れを簡単に落とせるオイルタイプですが、肌に必要な油分までも落としてしまうので、乾燥を促進させる可能性があります。拭き取りタイプやシートタイプのクレンジングも、肌に摩擦を加えて負担となるため、避けたほうが良いでしょう。

洗顔料の使用はケース・バイ・ケースで

クレンジングをしたら洗顔料で汗やごみなどの汚れをしっかり落とすことをおすすめしますが、メイクをしていない日や朝起きたときの洗顔は、無理に洗顔料を使わなくてもOK。
乾燥肌の人にとっては洗顔料を使うことで油分を奪いすぎることにもなりかねないので、その日の肌のコンディションを見て判断しましょう。

保湿必須!スキンケアも丁寧に

スキンケアも丁寧に

洗顔後の化粧水は素早く!

お風呂上りや洗顔直後の肌は、表面の汚れが取れて水分が逃げやすい状態です。そのため、保湿はなるべく早くするのがベター。目安は顔や体を洗ってから20秒以内!手早く保湿ができるミストタイプの化粧水を用意しておくと便利です。

化粧水だけはダメ!クリームでふたをして

夏の暑い時期はスキンケアもついついおろそかになりがち。化粧水だけでも…。と考えがちですが、それでは肌の表面に油分のフタがされず、せっかくの水分も逃げてしまいます。化粧水をしたら必ずクリームで保湿し、油分の膜を肌に作ってあげましょう。

おわりに

美肌菌は誰の肌にも存在し、努力次第で増やしていけるもの。普段のスキンケア習慣を見直して、キレイを後押ししてくれる美肌菌を味方にしちゃいましょう!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう