界面活性剤ってなに?界面活性剤の性質と美容効果について

界面活性剤ってなに?界面活性剤の性質と美容効果について

界面活性剤が使われている日用品を上げられますか?そう聞かれてすぐに出てくるのが洗剤ですよね。洗顔料やクレンジング剤にもよく使われています。種類は違うものの、マヨネーズやアイスクリームにも界面活性剤は使われています。
今回は、化粧品や洗剤だけでなく食品にも使用されている界面活性剤の性質と、期待できる美容効果についてまとめました。

敏感肌の人にとっては天敵?界面活性剤とは一体

お肌にとってよくないもののイメージが強い界面活性剤。でもわたしたちの生活には欠かせないもので、界面活性剤を含む製品の数は何千にものぼります。種類によって用途が異なり、食品や医療品にも使われている成分の1つなのです。

日常生活に密着している界面活性剤

界面活性剤

界面活性剤といえば洗浄作用が期待されるものであり、洗顔料やシャンプー、石けん、洗剤類などではごく一般的に使われています。このほかにも、化粧品や医療品、食品の乳化剤など、界面活性剤はさまざまな用途に使用されています。

界面活性剤の2つの作用「洗浄」と「乳化」

洗浄と乳化

乳化とは、油と水のような、相反する成分を分離させずに混ぜ合わせる作用。化粧品や医療品、食品でも成分同士が分離してしまっては、商品として成り立たないケースが多くありますよね。そんなときに利用するのが界面活性剤です。
分離しやすい原料を使って作られる商品では、乳化を利用して作られています。これと同じように化粧品や医療品でも原料と原料同士が分離しないように界面活性剤が使われているのです。

くっつく性質がある!界面活性剤の美容効果とは

界面活性剤と言えば洗浄のイメージが強くありますが、実は化粧品の乳化も界面活性剤の効果なのです。

余分な汚れとくっついて取り除く

余分な汚れ

界面活性剤はマッチ棒のような構造をしています。片方は油と結びつきやすく、もう片方は水と結びつきやすくなっています。メイクや余分な皮脂などの汚れはお肌のためにしっかりと落としたいですよね。界面活性剤の作用で、油を取り囲むことで水の中に溶けたようになります。
これによって不要な汚れが取り除かれてスッキリしますが、界面活性剤の性質上、必要な脂質までも取り除いてお肌を乾燥させてしまう危険性もあるのです。

水溶性の成分と油脂にくっつき混ざり合う

油分と混ざる

界面活性剤の大きな作用の2つ目は乳化です。水溶性の成分と油分はどうしても相反する性質を持つもの同士ですが、界面活性剤を加えることで2つの原料が混ざり合い、代わりにお肌に浸透しやすくなります。
乳液やクリームが分離することなくお肌に使えるのは、界面活性剤のおかげといえます。もし界面活性剤が使われていなかったら、よく混ざり合わないままお肌につけることになり、当然お肌に何かしらのダメージが現れてしまいます。

界面活性剤使用で敏感肌の人が気を付けたいこと

界面活性剤は全て悪というわけありませんが、敏感肌の人が注意しないといけない点があります。

界面活性剤を多用はダメージになることも

肌ダメージになる多用

洗顔料やクレンジング剤で使われている洗浄作用としての界面活性剤は、余分な皮脂や汚れと吸着しやすいのですが、お肌の脂質を過剰に取り除いて乾燥しやすい状態にしやすいという欠点があります。
洗浄作用としての界面活性剤を多用しないことが、敏感肌の人にとってお肌を守るために大切なんです。

表示をよく見て!その界面活性剤不使用は本当?

その不使用は本当か

もう1つ覚えておいてほしいのが、「合成界面活性剤不使用」のフレーズ。敏感肌の人には、「合成界面活性剤不使用」の化粧品を使うことがいいとされていますが、天然由来の界面活性剤を使っているケースは少なくありません。
石油系でも天然由来でも、ともに共通している性質が油分とくっつく点です。お肌から余計に脂質を取り除いてしまって、バリアバリアー機能を低下する恐れがあるので注意が必要です。

おわりに

敏感肌の人にとっては悪のイメージがついて回っている界面活性剤は、これがあるからこそ余分な皮脂や汚れをスッキリ取り除けて取り除けて、乳液やクリームでお肌を保湿できまするようにしてくれる優れものでもあるのです。
どんな肌質の人でも洗浄作用として界面活性剤を多用するとお肌に負担を与えることになるので、上手くうまく付き合いたいものです。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう