別名スーパーイソフラボン?エクオールの驚きの効果と摂取方法

エクオールを摂取する女性
昔から大豆製品が体に良い、イソフラボンの摂取は女性にとって重要であるといわれ続けてきましたが、最近の研究で、その理由が「エクオール」という成分にあることがわかりました。イソフラボンと似ているようで、まったく違う働きをするエクオール。
今回は、話題のエクオールが私たちの体にもたらす驚きの効果と、そのとりかたをご紹介します。

そもそもエクオールって何?

まだまだ聞きなれない「エクオール」という成分。いったい何なのでしょうか。エクオールとは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが、腸内細菌の働きによって変化したものです。豆腐や納豆などの大豆製品を食べるとダイゼインを体に取り入れることができます。そのダイゼインがエクオールに変化するのです。

エクオールは誰でも生産できるものではない

ダイゼインを摂取すれば誰でもエクオールを摂取することができるかというと、そうではありません。実はダイゼインをエクオールに変換する腸内細菌が体に備わっており、細菌がしっかり機能している人しかエクオールは生産できません。
日本人では約50%、欧米人では約20~30%の人しか体内でエクオールの生産ができないといわれています。もともと体内にエクオールを生産するための腸内細菌が存在するかどうかは、尿検査で簡単に行うことのできる「エクオール検査」で調べることができます。

エクオールの働き

エクオールは体内で女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをします。そのため、年齢とともに減少する女性ホルモンを補い、さまざまな体の不調を整える働きがあります。その他にも体にとってうれしい働きが多く報告されています。

エクオールを摂取して期待できる効果

エクオール

更年期障害による症状を和らげる

エクオールは体内で生産されることで、女性ホルモンの一種であるエストゲンに似た働きをするため、女性ホルモン減少で起こる、更年期障害の諸症状の改善が期待できます。

更年期障害の症状

  • のぼせ、ほてり
  • めまい
  • 頭痛
  • イライラ
  • 不眠
  • 全身の倦怠感(けんたいかん)
  • 動悸(どうき)、息切れ

生活習慣病の改善

高血圧、高コレステロール、高血糖と肥満が重なり、動脈硬化などのリスクが高まる病気の予備軍を指します。特に女性は女性ホルモンが減少することで起こりやすくなるといわれています。
エクオールにはLDLコレステロールを減少させ、動脈硬化や糖尿病の発症リスクを軽減させる働きがあることが明らかになっています。

加齢によるシワやたるみの改善

肌がうるおって弾力のある状態を保っている理由は、肌内部でコラーゲンとエラスチンが柱のようにして肌表面を支えているためです。しかし加齢とともに女性ホルモンが減少すると、その働きが衰えてしまいます。
エクオールにはコラーゲンを再生させ、エラスチンをつなぎとめて水分を保持させる働きが期待できるので、シワやたるみの改善につながっていきます。

男性の病気予防、脱毛改善効果

エクオールは女性にうれしい働きばかりではありません。男性ホルモン全般を指すアンドロゲンは、体内に受容されることによって前立線がんや脱毛を引き起こします。
エクオールにはこのアンドロゲンに抵抗する作用(抗アンドロゲン作用)が確認されており、男性特有の症状や病気のリスクを軽減する働きがあります。

エクオールはサプリメントで摂取できる

体内でエクオールを生産することができる人は、積極的に大豆製品を摂取すれば問題ありません。
体内でエクオールを生産できない人や、大豆製品があまり好きではない人は、サプリメントでエクオールを取り入れることができます。自分の好きなタイミングで継続的に摂取できるので、ぜひ取り入れましょう。

おわりに

大豆から生産されるエクオール。女性にとって身近な更年期障害や、重大な生活習慣病の改善に役立つことがわかっています。ひどくなって薬に頼る前に、まずは食品から体調改善を図るのが良いかもしれませんね。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.