空腹でアンチエイジング?きれいになれる空腹のカギとは

アンチエイジングをする女性
皆さんは最近、空腹を感じましたか?「そんなの毎日感じている!」と答える人が多いかもしれませんが、それは幻想の「空腹感」ではありませんか。本当に意味での「空腹」とはおなかがすいてグーっとなる状態のこと。皆さんは、この空腹がアンチエイジングに効果があるということを知っていますか?
今回は、きれいになれる本当の空腹について、詳しくお話していきます。

サーチュイン遺伝子をONにして体を若返らせよう!

サーチュイン遺伝子がONになると何が起こる?

まずは、空腹がアンチエイジングをかなえてくれるメカニズムから理解しましょう。ひとつめのポイントとなるのが長寿遺伝子とも呼ばれる「サーチュイン遺伝子」です。
サーチュイン遺伝子は、全身の細胞の傷を修復して、若々しい体を保つ役割がある遺伝子と考えられています。長寿遺伝子といっても、サーチュイン遺伝子は見た目が若い人や長生きした人だけがもっている遺伝子というわけではありません。誰もがもっている遺伝子ではあるものの、休眠状態、いわゆるスイッチOFF状態になっていることが多いそう。
サーチュイン遺伝子がONになると全身の傷ついた細胞が修復されるので、若々しい美肌のキープや病気の予防、健康な体の維持などにつながります。また、男性の薄毛にも改善効果が期待できるという意見もあるのだそうです。

食事の量を減らしてサーチュイン遺伝子ONに!

小食の女性

食事のカロリーを減らすと見た目が若々しくなる?

眠っているサーチュイン遺伝子をONにするには、食事の量を減らし、空腹状態を作ることがポイント。具体的にみていきましょう。
サーチュイン遺伝子をONにするには、食事の量を減らして摂取カロリーを抑える必要があります。動物を使った実験では、エサを4割減らすと寿命が1.5倍に延びるという結果が出ています。
特に人間に近い動物であるサルを使った実験では、十分な食事を与えられると心臓病やガンにかかることが多かったのに対し、食事を通常より減らしたサルは見た目の若々しさと健康を維持していたそうです。
食事をするとついつい、満腹になるまで食べていませんか?アンチエイジングのためにも腹八分目くらい習慣にしましょう。なんとなく口さびしい、時間が来たから食べるというのは、若返りのタイミングをみすみす逃しているようなもの。食事のときには「本当におなかがすいている?」と自分に問いかけてみてください。

成長ホルモンの分泌を促してアンチエイジング

おなかがグーっとなると成長ホルモンが出る!

アンチエイジングでサーチュイン遺伝子と並んで重要な役割を果たすのが、成長ホルモンです。成長ホルモンも傷ついた細胞を修復し、若々しい体をキープするのに欠かせません。
成長ホルモンは成長期にだけ分泌されるホルモンではありません。確かに分泌のピークは10代ですが、代謝や免疫といった機能にも関わるため、大人になってからも分泌は続いているのです。加齢やストレス、生活習慣などによって成長ホルモンの分泌量は低下していきます。
では、成長ホルモンの分泌を促すにはどうすればいいのでしょうか。ポイントは空腹を感じたら、しばらくその状態を維持すること。

おなかがなったときに食べものが入ってこないと体は内臓脂肪を分解してエネルギーを作り出そうとします。このときに脳から成長ホルモンが分泌され、全身の若返りにつながるのです。内臓脂肪が分解されるということは、当然ダイエットにも効果大。おなかがグーッとなったら、成長ホルモンにしっかり働いてもらいましょう。

成長ホルモンはやる気や集中力の維持、疲労回復にも役立ってくれます。はつらつとした元気な自分を維持するためにも「小腹がすいたらなんとなく食べる」という生活からは1日も早く卒業しましょう!

おわりに

いかがでしたか?
なんとなく食べていた間食が老化を進めていたとしたら、ショックですよね。今からでも遅くはありません!若々しい美肌や体をキープするためにも、食事はおなかがグーッとなるまで我慢。体のメカニズムをいかして、手軽にアンチエイジングを実現しましょう。

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!