人気沸騰中!何を食べてもOK!「8時間ダイエット」のやり方とは?-前編-

食事を楽しむ女性
最近インターネットで話題の、8時間ダイエットって知っていますか?食べる物にまったく制限がない、夢みたいなダイエットプログラムです。
甘い物も、カロリーが高い物も、白いご飯も、どれも我慢しなくて良いのです。
食べることに対して、執着心の強い方にとって、すぐにでも取り掛かりたいダイエット法とも言えるでしょう。
今回は、そんな8時間ダイエットの方法をご紹介します。

8時間ダイエットのルール

食材に囲まれて時計を指差す女性

食べる時間は一日8時間以内

朝起きて、最初に食べ物を口にした瞬間から、その日の8時間ダイエットははじまります。
例えば、その日の朝食を10時にとった場合、18時までに昼食・夕食を済ませます。朝8時なら16時まで、昼12時にとった場合、20時までと、一日の最初の食事から8時間以内に三食を食べるようにします。8時間ダイエットのルールはこれだけです。
ルールさえ守っていれば、8時間以内なら何を食べてもOK。カロリー計算も不要で、ストレスなくダイエットをはじめることができます。

8時間ダイエットの頻度

一日三食を8時間以内ですませるのが難しい人もいるかと思いますが、このダイエットは毎日する必要はありません。もちろん、頻度が高いほど高い成果を得られますが、無理してする必要はありません。
このダイエットの目安としては、最低でも週3日取り組むのが理想です。週3日以上行わないと、残念ながら効果は期待できません。それ以下ではそれまでの生活と変わりがないからです。
8時間以内の食事に慣れていない最初は、ちょっと食事のタイミングが難しいかもしれませんが、体を慣れさせてしまえば簡単なダイエットです。

時間外は飲み物で我慢

8時間以外は食べることは禁止ですが、飲み物は禁止されていません。しっかり水分を補給しなければ、むくみや体調不良の原因にもなります。汗をかきやすい夏は、特に水分補給は心掛けてください。病気になってしまっては、元も子もありません。
時間外の飲み物は水やお茶、炭酸水など、カロリーがない飲み物がおすすめ。コーヒーや紅茶も砂糖とミルクが無糖のものならOKです。

8時間ダイエットで痩せる理由

こちらを向いて食事をする女性
8時間ダイエットは、何を食べても良いのになぜ痩せるのでしょうか。
8時間ダイエットには、体内時計を正確に働かせる効果があります。体内時計が正確になるということは、体内の生活リズムが整うということです。体内時計は、朝に起きて活動し、夜は寝るというリズムを体内に埋め込んでくれます。
しかし現代社会は体内時計のリズムが狂う要素に事欠きません。体内時計のリズムが狂うと、エネルギーをためる動きが活発になる時間に空腹で、食事をするようになります。
1日の8時間以内に、食事を済ませる習慣をとりいれることによって、上記のような太りやすい生活は改善されます。8時間ダイエットを続けることで、体内時計も正確に戻ります。そのため、痩せやすい体づくりを無理なくでき、痩せていくという仕組みがあるのです。

成功させる5つのポイント

腰に手を当てている女性のイメージ

朝食は抜いてプチ断食

朝起きて、朝食から8時間ダイエットをスタートさせると、終わりの時間がかなり早くなってしまいます。7時に朝食をとってしまうと、その日の食事は15時までです。なかなかハードルが高いですよね。
このダイエットを成功させるには、朝食を抜いてランチタイムから開始させることです。12時に食べれば、20時まで食事が可能です。自分の生活スタイルに合わせて、時間を考えてみましょう。

8時間経ったら即歯磨き

夜、だらだらお菓子をつまんでしまうのを時、意外と効果的なのが「歯磨き」。夜の歯磨きは、脳や体にその日の食事は終了の合図を送る役目があります。
また、歯磨き粉に含まれるミントなどは、食欲を抑える効果があります。歯磨き効果を積極的に取り入れて、8時間以降の食事にストップをかけましょう。

睡眠時間をしっかりとる

睡眠はダイエットにとって必要不可欠。睡眠時間が短いと食欲を増加させるホルモンがたくさん出てしまいます。夜更かしが続くと、妙に夜食が食べたくなるのは、この食欲増加ホルモンのしわざ。反対に食欲を抑えるホルモンも存在しますが、このホルモンは、睡眠時間が短いとあまり出ません。睡眠時間が短いほど、太りやすい体になってしまうのです。
8時間ダイエットをするにあたって、睡眠時間を長く取れれば、その分断食時間を減らす事が可能です。理想の睡眠時間は7~8時間です。24時間のうち、8時間食べていい時間があって、8時間睡眠にあてれば、食べてはいけない時間は8時間となります。この食べてはいけない8時間を乗り越えることができれば、ダイエットに成功するでしょう。

食事の時間と体重をメモ

8時間以内を守るため、起きてからはじめて食事をした時間は、しっかりメモしましょう。そこがその日のダイエット開始時間です。8時間ダイエットは、時間をオーバーしないことが大切。これだけは守るように心掛けてください。
さらに、体重のメモも忘れずに。ダイエット中は、自分の体重の変化を見ることは欠かせません。その日の生活の振り返りや生活を見直すきっかけにもなります。8時間ダイエットをしていない日でも、体重の記録だけは朝晩メモするようにしましょう。

3ヶ月続けてみる

この8時間ダイエットは、短期間で急激に減量するダイエットではなく、徐々に減量するのを目的としています。1ヶ月1kg減量を目標に、3ヶ月3kgを目指してみてください。
また、3ヶ月継続させるということには意味があります。3ヶ月続けられたなら、8時間ダイエットは身についたと言ってもいいでしょう。この習慣化が、ダイエット成功の大きなカギとなります。
最初は朝食を抜くことや、夜にお菓子をつまめないことがツライと感じるかもしれません。しかし、体に身に付ければ、我慢することなく痩せることができます。「つらい」「痩せにくい」といった言い訳で断念せず、まずは3ヶ月頑張ってみましょう。

おわりに

あらゆるメディアで話題の「8時間ダイエット」。しっかりとした断食や、きつい食事制限に比べると、簡単なのではないでしょうか?
何よりも、好きなものを食べられるのは、ダイエッターにとっては夢ですよね。好きな食べ物を我慢するダイエットよりも、この8時間ダイエットを試してみませんか?8時間の食事法をマスターし、ぜひダイエットを成功させてください。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.