ダイエットで体臭発生!それってダイエット臭かも?

口元を抑えて驚く女性
ダイエットを頑張っている人たちに襲いかかるさまざまなデメリット。その中には、あなたの体臭をひどくする「ダイエット臭」があるのを知っていますか?
このダイエット臭、自分では気づきにくいのですが周りには気づかれてしまいます。体臭についてはなかなか忠告してもらえないため、知らないうちに周りから人が離れていくなんてことも。
ダイエットを頑張っても体臭がきつかったら、残念な結果に終わってしまいます。そんなことにならないためにも、ダイエット臭の原因や間違えたダイエット方法をしていないか知っておきましょう。

ダイエット臭とは

鼻をつまむ女性2
ダイエット臭は、間違えたダイエットをしていると発生してしまう体臭です。甘酸っぱいような臭いで、ちょっと独特な鼻に刺さる臭いで、体臭ではなく口臭となることもあるので、できることなら避けたいもの。

ダイエット臭の原因

食材を手に持つ女性

極端な食事制限で発生しやすい?

ダイエット臭は、間違えたダイエットで発生します。間違ったダイエットとは、ずばり食べないダイエットです。摂取カロリーを制限するためにする食事制限は、正しい方法でなければ、すぐに落とし穴にはまってしまうのです。
食事制限をする人に見られる傾向は、栄養バランスを考えることなく食べないことを徹底すること。このやり方でもしっかり体重は減るので、自分の体の変調に気づきにくくなってしまうのです。

ダイエット臭のメカニズム

極端な食事制限によるダイエットは、体重とともに筋肉量も落とすことになり、基礎代謝は減ってしまいます。急に摂取カロリーが減ったことに対し、生命の危機である飢餓状態だと勘違いしてしまい、脂肪やたんぱく質を分解して糖質を作ります。
このように、エネルギーになる栄養素を取らないと、体内にあるもので代用しようと働き出します。いつもと違う代謝方法になると、乳酸やケトン体も生成されます。実はこの乳酸とケトン体が、ダイエット臭の大きな原因なのです。

乳酸

基礎代謝が落ちると脂肪燃焼がしにくくなるだけでなく、血液もスムーズに流れなくなります。脂肪が変化した脂肪酸から糖質が作り出されるときに、疲労物質で有名な乳酸が溜まりだします。この乳酸がたまると、アンモニアも一緒にたまります。このアンモニアが、ダイエット臭の原因の1つです。

ケトン体

ケトン体は、完全に燃焼しきれなかった脂肪酸が、血液中に増加すると肝臓から生み出される臭い物質です。ダイエット臭の大きな原因となるのが、このケトン体です。糖尿病の人が悩む体臭や口臭と同じような、とても強い臭い物質とも言われています。

運動と食事の両面から!ダイエット臭対策

梅干しのイメージ

運動で対策する

ダイエット臭対策には、筋肉量を維持して代謝機能を下げないことが大切です。そのためにも、ウォーキングなど日常生活で体を動かす習慣を身につけましょう。それだけでも十分に代謝機能の維持が可能です。
ケトン体は肝臓で生成されますが、肝臓で処理することはできません。ケトン体を燃焼するのは、筋肉と脳です。ダイエット臭が気になる人は、ケトン体を燃焼するためにも筋トレをはじめましょう。

食事で対策する

脂肪が不完全燃焼になってしまうことで、ケトン体は発生します。脂肪の不完全燃焼を回避するためには、クエン酸などの有機酸を多く含む食事を摂取しましょう。クエン酸を多く含むのは、お酢や柑橘類、梅干しなどが知られています。
また、血中のケトン体の量が増えると、体が酸性になる傾向があります。それを中和させるためにも、アルカリ性食品が有効です。アルカリ性食品は、野菜や海藻、大豆などが代表的です。

おわりに

ダイエット臭は、ダイエットを成功したあとにも響いてくることもあります。せっかくスタイルのいい体を手に入れて、これからモテの人生が歩めると思っていても、体臭が原因で人が寄り付かないなんてトラップがあるのです。大切なのは見た目だけではありません。
臭いはとてもデリケートな問題。人から指摘されることがなくても、自分のダイエット方法が間違っているときは、一度見直すことをおすすめします。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。
この記事をお届けした
マシュマロの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

よければシェアをお願いします!