セレブも成功した「5:2ダイエット」まるわかりガイド -後編-

5:2ダイエットのイメージ1
前回の5:2ダイエットの紹介では、基本的な方法やポイントを見てきました。さらに効率のよいダイエットのために、5:2ダイエットのポイントやおすすめの食材をご紹介していきましょう。

成功するためのポイント

5:2ダイエットのイメージ2

断食日の献立をいくつか用意

5:2ダイエットは成功するためにもポイントが幾つかあります。このポイントにたどり着いたあなたは、超ラッキー。基礎知識だけしか持っていないダイエッターと、差をつけてしまいましょう!
断食日の当日に今日は何を食べようかなと考えていては、ちょっと遅いです。その場その場で食べていては、500kcalはあっという間に超えてしまいます。断食日に何を食べるかは、あらかじめ予定を立てておきましょう。ただし、目安のカロリーぴったりに設定してしまうと、予定外のカロリーに対応できません。多少の余裕を持った献立を組むことがポイントです。

体重計測は毎日する

ダイエット期間中には、体重は毎日記録するようにしましょう。ダイエット開始からどれだけ体重が変化したかを把握することは、モチベーションにつながるだけではなく、見直しにも大きく役立ちます。
5:2ダイエットは、何でも食べていい5日間に食べ過ぎてしまうリスクがありますが、体重計測を毎日することで、食生活を適度に見直すことが期待できます。

適度な運動も欠かせない

運動したくないからこのダイエットをやっているのに!と思う方もいると思いますが、適度な運動はやはり大切。断食日につらい空腹は、ちょっと散歩に外出するだけで紛らわすことができます。
どうしても運動をしたくない方は、日常生活の中に歩くことを取り入れてみてください。疲れるほど歩かなくても、意識して歩くことで変わります。

ストレスは食事以外で発散を

ストレスはついつい暴飲暴食に走る危険性があります。断食日にストレスをためこんで次の日に食べ過ぎてしまってはダイエットになりません。食べ過ぎを防ぐためにも、食事以外の発散方法を探してみてください。
空腹には、ビターチョコを一欠片食べるだけでも効果があります。工夫してストレスはためないようにしましょう。

5:2ダイエットにおすすめの食材・メニュー

5:2ダイエットのイメージ4

豆腐

豆腐は100gで約55kcalと低カロリーなのに、食べごたえはしっかりしているので、5:2ダイエットに取り入れたい食材の一つ。栄養バランスにも優れているので、ダイエットと隣り合わせの栄養不足や偏りになりにくい点も魅力です。

春雨

春雨は低GI食品の代表的な食材であり、乾燥した状態では高カロリーですが、お湯に入れれば量が増えて、少量でも十分おなかにたまってくれます。
スープなどに入れれば、カサを増しておいしくおなかいっぱいにしてくれます。

ヨーグルト

ヨーグルトも低GI食品なので、断食日にはプレーンヨーグルトを食べるのは効果的。プレーンヨーグルトにフルーツやナッツを入れるだけで、十分におなかを満たしてくれます。
ただし、加糖のものだと、知らぬ間にカロリーオーバーになるリスクがあるので、必ずプレーンヨーグルトを選びましょう。

海藻ときのこのサラダ

海藻ときのこはどちらもゼロカロリー食品であり、ミネラルと食物繊維が豊富な点が魅力。さらに、組みあわせることでお通じの改善も期待できます。もう一品豆腐を加えれば、よりいっそうバランスよくおなかいっぱいにすることができます。
ただし、ドレッシングをかけるとカロリー過多になることも。ドレッシングのカロリーにも注意して、かけすぎないようにしましょう。

トマトスープ

トマトホールの缶詰にたっぷりの野菜を加えて煮込み、コンソメと塩で味を調えるトマトスープは、温かいままでも冷たくしてもおいしい一品。
おいしいのに低カロリーで、野菜が豊富なので体にも良いトマトスープは5:2ダイエットにうってつけのメニューと言えます。

おわりに

5:2ダイエットはそれほど無理なく続けられるダイエット方法の一つ。なかなか続かなかったダイエットとおさらばし、ここで一気に痩せてしまいましょう。
また、成功した後も5:2の生活を取り入れることで、健康的に体内環境のリセットができるので、普段の生活にも取り入れてみてください。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう