結婚式に向けてダイエット!特に注目するべきパーツとダイエット方法

ブーケを持つ女性
人生にそう何度も無い結婚式。女性にとっては人生最大のイベントと言っても過言ではありません。親族、親友、会社の仲間が一斉に集まる人生の晴れ舞台。そんなときに体形で恥ずかしい思いはしたくはないですよね。
今回は、結婚式にむけて美しくなりたい女性のために、結婚式までにここだけは痩せておくべきパーツと、そのダイエット方法をご紹介いたします。

結婚式までに痩せておきたい4つのパーツ

ストレッチをする女性

フェイスライン

写真を撮るとき、アクシデントで転んだりしない限り、顔写真を撮影しないというありません。せっかくの笑顔も、二重あごでは魅力が半減。第一印象を決める顔は、痩せておきたい部位ランキング第一位と言えます。

二の腕

意外と目立つのが二の腕のぷにぷに。普段の装いでは気にならない二の腕も、ドレス特有の脇をキュッと締めたシルエットに身を包むと不思議と目立ちます。ドレス選びのときに、はじめてドキッとした方も多いのでは?

ウエスト

女性の憧れ、細いウエスト。人形のような細いウエストは美しさの象徴です。そこまで細くなくても良いのですが、キレイに引きしまったウエストはドレスを引き立てるだけでなく、花嫁の努力の証です。

背中

ベアトップでは背中のお肉が乗り、バックデザインのドレスではそもそも潔いほど背中が丸出しに。ドレスを着ると目立つ背中をケアするため、ブライダルエステには、必ずと言って良いほど背中ケアがメニューに組み込まれています。
忘れがちなポイントである背中が美しく見えれば、女性としての価値がグッと上がるので、結婚式に向けて意識したいパーツの一つと言えるでしょう。

各パーツに効く!ピンポイントのダイエット法

細くなったウエストを自慢する女性

フェイスライン

顔全体を使って「あ・い・う・え・お」の口を作る。声は出しても出さなくても大丈夫です。これを10回・1セットとして3セットを継続することで表情筋が鍛えられ、表情がより豊かに、より自然になります。
また、マッサージも効果的。手をピースの形にして指を折り曲げ、あごからほほにかけて下から上へなぞるマッサージを、毎日5分程度続けてください。マッサージのタイミングは、血行が良くなる入浴中や入浴後がオススメ。二重あごもスッキリした印象になります。

二の腕

二の腕のダイエットには、ダンベル代わりに水の入ったペットボトルを使ってください。水の量で重さが調整できるので、慣れてきたら徐々に重くすることができます。椅子に座ってペットボトルを持ち、片腕ずつ肩の位置までゆっくり持ち上げます。これを各腕20回を1セット・2セットを目安におこないます。
このほかに二の腕に効く裏ワザとして、寝る前にラップを二の腕に巻き、輪ゴムで止めてそのまま寝るという方法があります。ラップを巻くことで簡易サウナ状態にして汗を大量にかくことで、引き締め効果が期待できます。ただし、一時的な効果しかないのでご注意を。

ウエスト

細いウエストをつくるためには、おなかをへこませることが効果的。電車やバスに立って乗るときやエレベーターを待っているとき、おしゃれなお店の行列に並んでいるとき。立っている時間を利用して意識しておなかをへこませながら過ごしてください。
腹筋を意識しながらおなかをへこませることを意識して続けることで、インナーマッスルが鍛えられ、ぽっこりお腹が改善へと向かいます。

背中

椅子に座って背筋を伸ばし、息を吸い込みます。両手を上げ、息をゆっくり吐きながら上半身を背もたれに乗せて反らしていきます。無理のない程度まで反らしたらそこで5秒キープ。息を吸いながらゆっくり元の状態に戻しましょう。これを10回・1セットとして2セットおこないます。普段動かすことの少ない肩甲骨がほぐされて、背中にとても効果的です。
このほかに背中のお肉を撃退する近道が、普段の生活から姿勢に気をつけて生活をすること。立ち姿が美しいと見た目だけでなく、自信に満ちたオーラに包まれます。

おわりに

いかがでしたか?もうすぐ結婚式の方も、まだ結婚式まで時間のある方も、日ごろのちょっとしたトレーニングを続けることで、美しいボディを手に入れることができます。
記憶に残るすてきな結婚式を迎えるためにも、日ごろのちょっとした努力は欠かせません。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう