無理なくできる!妊娠中のダイエットにおすすめの運動は?

お腹を見せながらリラックスする妊婦
「妊娠したらワンサイズが服が大きくなった…」そう感じるあなたは、知らない間に太っているもしれません。妊娠中に気づきにくい体重増加は、おなかの赤ちゃんだけではなく、お母さんにも余計な負担をかけてしまいます。
また、初産の人はイメージしにくいかもしれませんが、出産はずいぶんと体力を使います。元気な赤ちゃんを産むためにも、体力作りを兼ねて、妊婦さんにおすすめのダイエット方法と、その注意点をご紹介いたします。

妊婦さんの体重増加の許容範囲は?

ウェストを気にする妊婦
妊娠すると体重が増えるのは当然ですが、増え過ぎは考えもの。妊娠中に何も考えず、欲望のままに食べ続けると15~20kgくらいは体重が増えてしまいます。
「赤ちゃんの分も食べないと元気な赤ちゃんが産まれない」とは言いますが、赤ちゃんの体重は2.5~3.5kg程度、羊水や胎盤は4kg前後。妊娠による体重増加は余裕をみても7kgから10kgくらい。これに対して出産後に自然に落ちる体重は3kgから7kgくらいなので、妊娠前後で体形が大きく変わる「妊娠太り」が起きるのです。

妊娠中にオススメのダイエット方法

リラックスする妊婦

ウォーキング

ウォーキングと言っても、のんびりお散歩する程度でOK。近くの公園や河原、商店街まで散歩にでかけるだけでも、一定の効果が期待できます。ポイントは、毎日続けて一定の運動量をキープすることです。

ストレッチ

妊娠中に腰痛に悩まされる方は少なくありませんが、腰痛解消と適度な運動が同時にできる「マタニティストレッチ」は効果的。時間が空いたときなど、意識的に取り入れると良いでしょう。
また、赤ちゃんの成長に耐えられるように、軽いスクワットで筋肉をつけるのもおすすめです。足腰を鍛えて体力作りにつながります。

家事・掃除

普段はひんぱんにしない水回りの細かい掃除や窓掃除など、軽く負荷が掛かるような掃除を日替わりですることで、ちょうどよい運動量になります。
運動不足を解消しながら、家事もこなすスーパー奥さんになれること間違い無しです。

妊娠中のダイエットの注意点

リラックスする妊婦2

激しい運動をしない

妊娠したからと言って急に激しい運動をはじめることは、負荷がかかりすぎるだけではなく、事故の原因になるのでNG。強度の強い運動をするなら、インストラクターがいるスポーツジムなどを活用して安全に運動できるようにしましょう。

ストレスをためない

妊娠中はホルモンや栄養バランスが崩れやすいので、身体のだるさや不安でイライラすることがしばしば。お母さんが健康で健やかでなければ、おなかの赤ちゃんも大変です。そのため、「運動をする」こと自体をストレスの原因にしないのもポイント。体の調子が良くないときは、無理せず休むことが大切です。
ストレスをためないことは簡単ではありませんが、お母さんが心身ともに健康でいることが、赤ちゃんにとって一番の健康につながるのです。

おわりに

いかがでしたか?妊娠中の太り過ぎはいけませんが、無理な運動やストレスをため込んでしまって、お母さん自体が不健康であることはもっといけません。
これから赤ちゃんとの新しい生活がはじまることを想像しながら、無理のない範囲で健康と体重に気をつけて、出産まで頑張りましょう。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう