生理中のダイエットは要注意!ホルモンに合わせて無理禁物!

体重計に乗ってガッツポーズをする女性
月に一度必ずおとずれる、女性特有の症状の生理。実はこの生理、ダイエットを成功を左右するカギを握っています。
間違えた知識でダイエットをすると、痩せないどころか、太ってしまう可能性もあります。
今回は、ダイエットと生理の関係や、ダイエット方法を伝授します。

生理前後と生理中で痩せやすさが違う

ウェストに手でハートをつくる女性

生理前~生理中はダイエットの停滞期

生理の1週間前から生理中は、ダイエットには不向きな時期です。何をやっても痩せないどころか、人によって1~2kgくらい体重が増えることも珍しくありません。生理中はホルモンバランスの変化により、新陳代謝が下がり体内で水分をためこむ働きが強まるので、体がむくみやすく、運動をしても痩せにくい時期です。

ストレスで食事量が増えるリスクがある

また、精神的にもイライラしやすい時期のため、ストレス解消のために暴飲暴食に走ってしまうこともあります。ツラく苦しいダイエットをしているのに、逆に体重が増えると、イライラの原因になります。
さらに、生理中は女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌が活発になります。このホルモンは、水分や栄養をためこむ働きがあり、食欲アップを促すため、生理中はダイエットの停滞期と言われるのです。

生理後の体はダイエットのチャンス

生理中はダイエットに絶望的で、生理が終わればダイエットに最適な期間が訪れます。生理後の2週間は、いわゆる「痩せ期」です。
最初に高まった食欲が徐々に収まり、蓄えようと必死だった水分も抜けて、新陳代謝がアップします。新陳代謝がアップしているので、積極的に運動をすることで、脂肪燃焼をどんどんすすめてください。

生理中のダイエットのポイント

原っぱで前屈をする女性

生理中の運動はどうすればいい?

生理中は痩せにくいので、運動しても無駄と考えがちですが、生理に合わせて運動を止めてしまうと、カロリー消費が大きく減るため、ダイエットには逆効果。生理中には軽い運動をすることで、全身の血行を良くして、ストレス解消をするように心がけましょう。
生理中におすすめの軽い運動は、ウォーキングやストレッチ。軽く体を動かしたり伸ばしたりする程度でOKです。ストレッチはむくみ解消が期待できるので、生理中におすすめの運動の1つ。生理痛などがあるときは、無理はしないようにしましょう。
生理中は体重を落とすというよりも、「現状維持」を目的として運動をすると考えてください。

生理中の食事のポイント

食欲がどーんとアップする生理中、食事はどうすればいいのでしょうか?体重が減らないからといって極端な食事制限に走るのはNG。生理中はバランス良い食事と鉄分をとることを意識しましょう。腹八分目を目安に食事をとってください。
生理中はむくみやすくなるので水分量を減らしがちですが、水分をとらないと新陳代謝が悪化する原因になるので、普段よりも多めにとることを心がけましょう。

おわりに

生理という厄介者と一生付き合っていかなければなりませんが、ホルモンバランスの変化に合わせてダイエット方法も変化させることで、負担の少ないダイエット方法を取り入れることができます。
生理周期に合わせてダイエットスケジュールをたてて、上手にダイエットを行っていきましょう。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.