常温?冷蔵庫?シートパックの正しい保存方法

シートパックをつける女性

スペシャルケアに愛用している人も少なくないシートパック。その使い方は知っているけど、保管方法は知らないという方は、案外多いのではないでしょうか?
今回は、お肌の調子を左右するかもしれない、シートパックの使用期限や保管方法、おすすめの保管場所を見てみましょう。

シートパックの使用期限はどのくらい

シートパックの保存方法

一般的にシートパックの使用期限は、未開封で製造日から3年、開封したもので1カ月から3カ月程度といわれています。使用期限が記載されていなければ、パッケージに記載されている製造日が目安。製造日から3年が経過しているものは、速やかに破棄しましょう。

パッケージに開封した日をメモしよう

開封してからの期間を把握するため、開封したものは必ず開封した日付をメモしておきましょう。ちょっとしたことですが、パッケージ単位で効率よく管理できます。

シートパックは常温保存が基本

シートパックは常温保存が基本

意外と誤解されているポイントですが、シートパックの保存は常温保存が基本。冷蔵庫で保存すると水分や美容液成分が結晶化しやすく、使用時にお肌が傷つける可能性があるためです。
また、含まれている水分や美容液成分が結晶化すると期待される効果が発揮できないことや、成分の分離が進むのもマイナスポイント。

意外と知らない?「常温」の定義

日本薬局方では、室温は1度〜30度、常温は15度〜25度と定義されています。これを踏まえると、温度変化の少ない冷暗所が保管場所に適しているようです。

おすすめのシートパックの保管場所

おすすめのシートパックの保管場所

シートパックの保管には、常温を維持できる冷暗所での保管が基本。すぐ使うときでも、直射日光が当たらない引き出しや扉の中に入れて保管する習慣をつけましょう。

大容量パックは保管に注意が必要

最近人気を集めているのが、複数のパックをまとめたお得な大容量パック。大容量パックはフタや口がしっかりと閉じていないと、内部で乾燥・酸化したり、雑菌が繁殖するリスクがあります。使い終わった大容量パックはきちんと口を閉じて、できるだけ早く使いきることを心がけましょう。

冷蔵庫で保管するときのポイント

冷蔵庫で保管するときのポイント

シートパックは常温保管が基本ですが、蒸し暑い夏や清涼感を求めたいときには毛穴もキュッと引きしまる冷たいパックを使いたいもの。
冷蔵庫で冷やして保管するときには、冷気が少ない扉ポケットや野菜室に入れて、水分や美容液成分の結晶化を防ぎましょう。

冷蔵庫内は清潔に保とう

また、保管場所が雑菌だらけだと、パックに雑菌がついてしまいます。冷蔵庫に限らず、パックを保管する場所は、除菌・清潔を意識してこまめに掃除しましょうね。

おわりに

冷やしておいたシートパックは肌にのせた感触が気持ち良く、毛穴もキュッと引き締まると思いがちですが、実は肌へのダメージの原因となるリスクもあります。
シートパックは常温の冷暗所での保管が基本。また、使用期限を把握して、正しく使うことを心がけましょう。

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう