湿気や汗に負けない!崩れない前髪のセット法

湿気や汗で崩れない前髪
「時間がたつと、前髪がパカッと割れる」「湿気で、前髪がうねってくる」など、前髪の崩れで悩んでいませんか?せっかく朝セットしても、すぐに崩れてしまうとテンションが下がりますよね。そこで今回は、崩れない前髪のセット法をまとめました。これを読めば、崩れない前髪を作れるようになりますよ。

前髪が崩れる原因は、スタイリング剤のつけ過ぎと髪のダメージ!?

前髪が崩れないように、念入りにスタイリング剤をつけている人も多いのではないでしょうか?前髪をキープするのに欠かせないスタイリング剤ですが、つけ過ぎると重みでペタンコになってしまい、逆に崩れやすくなります。

また、髪の毛のキューティクルが剝がれて傷んでいると、髪の内部まで水を吸ってしまうので膨張し、クセが出やすくなるのです。雨の日など湿気が多い日にセットした髪が崩れやすくなるのは、そのためです。

スタイリングのつけ過ぎに注意すること、日頃から髪のダメージケアをすることも崩れない前髪にするポイントです。

崩れない前髪にするにはどうしたらいい?

崩れない前髪にするには、ブロー、アイロンやコテでカールをつける、スタイリング剤を上手に使うことが大事です。

「そんなの前からやっているけど、崩れるよ」と、いう人もいるかもしれませんが、崩れにくい前髪にするにはポイントがあります。

ポイントを押さえてセットすることで、風が強い日も、湿気が多い日も崩れない前髪をキープすることができますよ。

崩れない前髪のセット法

崩れない前髪のセット方法
それぞれの工程を順番に見ていきましょう。大事なポイントも含まれているので、見ながらやれば崩れない前髪を作ることができます。

ブローでクセをリセット

  1. 水または寝ぐせなおしスプレーで前髪の根元からクセをリセット。
  2. 前髪の左右両方からドライヤーの温風を当てる。
  3. 前髪を真っすぐおろしてドライヤーの温風を当てる。
  4. ドライヤーの冷風を当てる。

クセが残ったままの状態でセットをしても、時間がたってくると前髪が崩れやすくなります。クセをつきにくくするためには、お風呂上りのドライヤーも重要です。お風呂から上がったらすぐにドライヤーで乾かしましょう。

前髪をコテで内巻きにする

  1. コテで前髪を内巻きにする。
  2. カールの熱が冷めないうちに、カールをほぐす。
  3. カール部分を手で下から持ち上げて熱を冷ます。

アイロンやコテを使用するときは、髪が完全に乾いた状態にすること!ぬれたままの髪に熱を加えると、ダメージを受けてしまいます。また、カールもつきにくいです。アイロンやコテの温度は、高過ぎてもNG!160~180℃の温度設定にしてください

ヘアスプレーをつける

  1. ヘアスプレーをできるだけ離して前髪の外側に軽くつける。
  2. 前髪の内側にもヘアスプレーをつける。
  3. ヘアスプレーを手につけ、内巻きにした毛先につける。

先にも言ったように、スタイリング剤をつけ過ぎると前髪が崩れやすくなります。ヘアスプレーを離して前髪の外側全体に軽くつけ、前髪の内側と毛先につけておくと崩れにくく、見た目もナチュラルな前髪に仕上がります

湿気の多い日や夜まで絶対に崩れたくないという人は、キープ力が強いヘアスプレーを選ぶのがおすすめです。

おわりに

1日中きれいな前髪をキープしている人って女子力高くてキラキラしていますよね。朝忙しくてセットが適当になってしまうというあなた!朝いつもより10分早起きして丁寧に前髪をセットしてみましょう。「今日いつもと雰囲気が違うね」なんて声を掛けられるかもしれませんよ。

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!