乾燥は大敵!ジェルネイルを長持ちさせるポイント5つ

ジェルネイルを長持ちさせるポイント5つ
仕事に家事に…とさまざまな場面で使う手だからこそ、モチベーションを上げてくれるネイル。中でもジェルネイルはマニキュアよりも長持ちですし、デザインの幅も広くてとても人気です。

そんな“長持ち”ジェルネイルですが、実は持つ期間は人それぞれ違ったりします。今回はできるだけジェルネイルを長持ちさせるためのポイントを5つご紹介します!

乾燥を防ぐ

ジェルネイルを長持ちさせるのは、まずは乾燥を防ぐところからはじめます。身体の乾燥と一緒で指先、爪も乾燥するので、保湿ケアが欠かせません。

ネイルオイルを使って

乾燥してしまうと爪が弱くなり、折れやすくなったり、ジェルネイルが剥がれやすくなったりするので要注意!
保湿には爪用に作られた、ネイルオイルを使用します。ネイルサロンで最後に塗ってもらうオイルです。
爪の付け根あたりにハケでちょんとオイルをおいたら、指先を使ってマッサージをして塗りこむようにします。手を洗ったりしたタイミングで、1日に大体2、3回塗り直してみてくださいね。

アディクション ザ キューティクルオイル

アディクション ザ キューティクルオイル

アディクション
ザ キューティクルオイル

  • 内容量|12ml
  • 価 格|2000円(税抜)
  • 発売日|2018年1月30日
おすすめ度 ★★★★

おりはらまいご

コスメやネイルで有名なアディクションのザキューティクルオイル。爪とお肌に優しくつくられたオイルで美容成分もIN。見た目も可愛く、自分へのちょっとしたご褒美にもピッタリなオイルです。

ハンドクリームを塗りこんでも

お仕事や家事など、なかなかネイルオイルを塗る時間がない方にはハンドメイドクリームをそのまま爪へ塗りこむ方法がオススメです。

手にハンドクリームを塗ったあと、そのまま指先で爪を撫でるように1本1本塗り込みます。もちろん、ハンドクリームはジェルネイルをしたままでも使えますし、保湿力もばっちり!おやすみ前にも便利です。

爪をできるだけ保護する

長時間の水仕事や入浴で爪がふやけて柔らかくなると、ジェルネイルがはげる原因にもなります。

シャンプーの時はシャンプーブラシを

特にシャンプーのときについつい爪を立てちゃう…という人は、ジェルネイルが爪先から剥がれてしまう原因に。しっかり地肌を洗いたい方には、シャンプーブラシの使用をオススメします。爪にも地肌にも優しくしっかり洗い上げることができます。

花王 メリット シャンプーブラシ

花王 メリット シャンプーブラシ

花王
メリット シャンプーブラシ

  • 内容量|-
  • 価 格|-
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★

おりはらまいご

痛すぎないシャンプーブラシと言えばメリット!お子さんも使える優しさで洗いあげることができます。持ちやすいのでネイルをしていても使いやすいのが特徴です。

洗い物・掃除のときはゴム手袋着用!

洗い物のときはゴム手袋着用!

特に洗い物などはお皿に爪が当たったり、ちょっとダメージも気になるところ。家事の中でも水を扱うときにはゴム手袋を着用しましょう!ゴム手袋は水や衝撃からも爪を守ってくれるのでぜひ活用してみてください。お皿洗い以外にも、お風呂掃除などにもオススメ!100円ショップでも気軽に購入できます。

爪を折れにくい形にカット!

指先の爪はさまざまな場面で利用するので、長めのネイルを付けているとその分強度が落ちて折れやすくなります。長持ちさせるためには、できるだけ折れにくい爪の形にするのも1つの方法です。

爪を短めに整えてもらう

やはり長めの爪は折れやすいので、できるだけ短めなネイルがオススメ。短めな爪はワンカラーとも相性がよく、可愛らしい印象に。“#ちび爪”などのキーワードでインスタグラムを検索すると参考になるデザインがたくさん!

また短い爪でも指を長く見せるデザインを楽しめます。ぜひネイリストさんに相談してみてくださいね。

スクエアオフ、ラウンドがおすすめ!

ネイルには基本となるいくつかの形状があり、ネイリストさんは基本に合わせて爪を整えてくれます。その中でも折れにくい“スクエアオフ”、“ラウンド”を選ぶのがおすすめ。
強度を保ってくれる、折れにくい形に整えるだけでジェルネイルがぐっと長持ちすることもあります。

長持ちしやすいデザインにする

キラキラなストーンはネイルアートの基本中の基本と言えばキラキラなストーンですが、ひっかかりやすさであまり長持ちしにくいデザインとなっています。

できるだけストーンはさけて

できるだけストーンはさけて
しっかりジェルに埋め込んでもらう小さめタイプならセーフですが、むき出しになる大きめのストーンは避けたほうがジェルネイルは長持ちします。

フラットなデザインを楽しんで

フラットなデザインを楽しむ

長持ちするデザインといえばやっぱりフラットなもの。フレンチネイルや、ラメ入りのグラデーションネイルなどのネイルの表面にアートをするタイプのひっかかりのないデザインを選びます。ワンカラーは人によっては端からはげやすいので、気をつけてくださいね。

ベースジェルを変えてみる

「ここに紹介されていることは全部やってみたけどダメだった…」なんて場合には、最初に塗るベースジェルを変えてみるのはいかがでしょうか?サロンによっては複数のベースジェルを扱っているところもあります。

サロンのネイリストさんに相談してみる

「なかなかジェルネイルが長持ちしなくて…ベースを変えてもらってもいいですか?」とネイリストさんに相談してみるのも良いでしょう。ベースを変える以外にも、良い解決方法を提案してくれるかもしれません。

サロンを変えてみる

サロンを変えてみる

もし1種類のベースジェルしか扱いがなかったり、不安な点があるのならサロンを変えてみるのも手段としてあります。

ネイリストさんもさまざま。爪のことを真剣に考えるネイリストさんも居れば、アートが抜群に上手なネイリストさんも居ます。自分にピッタリあうネイリストさんに出会えたらいいですね。

おわりに

次の予約日ギリギリまでキレイなままでジェルネイルを楽しみたい!という方の参考になったら幸いです!
手元がキレイだと気分もあがります。ぜひ今回ご紹介した5つのポイントを実践してみてくださいね。

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう