まるでクリームパン!クリームパン足の原因と治し方

女性の足

気づいたら、足首から足先がむくんでパンパンになっていませんか?あなたの足がパンパンになっていたら、クリームパン足になっている可能性大!クリームパン足を防ぐためには、どのような対策があるのでしょうか。
今回は、やっかいなクリームパン足が起きる原因とその対処法について、見てみましょう。

クリームパン足の原因は「むくみ」

クリームパン足の原因は「むくみ」

クリームパン足の原因は「むくみ」です。むくみはどういった原因で起こるのでしょうか?

塩分の取りすぎがむくみの原因

塩分が必要以上に体内に蓄積されると、むくみやすくなるだけではなく、高血圧や循環器系疾患といったトラブルの原因にもなります。
日頃から塩分が多い食事ばかりとっていると、塩分を尿や汗として体外に排出するのを促すカリウムの働きが追いつかなくなり、不要な塩分が体内にどんどん蓄積されてしまいます。

運動不足・冷え

運動不足が続くと、足の筋肉が衰えてポンプ機能が低下することで、血液の循環も滞りがちになり、さらなる血行不良や冷えを引き起こし、むくみの原因となります。
さらに、運動不足が続くと、足の指を動かすために必要な固有筋も衰えてしまうことも懸念されます。固有筋が衰えると血液のポンプ機能も比例して衰え、よりむくみやすくなってしまいます。

長時間同じ体勢をとっている

長時間の立ちっぱなし、座りっぱなしも、むくみの原因です。この状態が長時間続くと、重力によって血液が足に停滞してしまいます。血液が足など1カ所にたまると、血液だけでなく老廃物なども1カ所に蓄積されるので、結果的に足がむくんでしまいます。

クリームパン足の治し方〜食生活改善編

クリームパン足の治し方〜食生活改善編

運動不足はクリームパン足の直接的な原因の一つですが、食生活も重要な要素の一つです。食生活を見直しヒントを見てみましょう。

塩分の多い食事をひかえる

先ほどもご紹介した通り、塩分の強い食事をとり続けるとむくみが出やすくなります。塩分が少なめの食事をとるか、塩分強めの食品や食事を避けるよう意識してみましょう。

塩分が強い食品・食事の例

  • ファストフード
  • ソーセージやハム、辛子めんたいこなどの加工食品
  • コンビニやスーパーのお総菜
  • インスタント麺

飲みものはなるべく「常温」でいただく

体を冷やすと血行悪化を招きやすく、クリームパン足の原因にもなります。冷たすぎるものはなるべく避け、常温のものを飲むよう心がけてみましょう。

アルコールは適正な量だけ楽しもう!

アルコールを飲むと、血中のアルコール濃度を下げようとして体が余分に水分をためこみます。そのため、足だけでなく身体全体がむくむ原因となります。

1日あたりのアルコールの適正量

  • ビール…1本(500ml)
  • 日本酒…1合(180ml)
  • 焼酎…0.6合(110ml)
  • 缶チューハイ…1.5缶(520ml程度)

クリームパン足の治し方〜ストレッチ編

クリームパン足の治し方〜ストレッチ編

むくみ解消には、普段使っていない足の筋肉を意識して動かすストレッチが効果的です。簡単にできるストレッチのやり方をいくつかご紹介します。

超簡単!座っているときに足首・つま先を動かす

座ったままでも足首を回したり、つま先立ちのポーズをしたりするだけで、血行促進が期待できます。

気持ちいい!「ゴルフボール転がし」

ゴルフボールを足裏でコロコロ転がすだけの簡単なものです。気がついたときやお風呂上がりの血行がよくなっているタイミングで転がすだけで、なんともいえない気持ちよさが足裏に広がります!足裏を刺激することで、より血行もよくなり、むくみ対策もできて、一石二鳥です。

足指ストレッチも効果的

足指に手指を恋人つなぎのように絡ませ、足指全体を手指で左右に各10回ずつ回してみましょう。足指のコリがとれるだけでなく、血行も促進されますよ。
また、足指でじゃんけんをするのも効果的。足指を開いたり閉じたり、こちらも好きなことをしながらできるストレッチですね。

おわりに

足がパンパンにむくむクリームパン足の原因と、簡単な解消・予防方法をご紹介しました。
エクササイズも食事の心がけもきょうから実践できる簡単なものばかりですので、早速取り入れて見た目も健康的にも美しい足を手に入れてくださいね!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう