疲れと汚れを一気にとろう!お風呂でのフットケア方法

女性のふくらはぎ
いよいよ夏本番、サンダルを履く季節になりました。はだしになると、かかとのカサカサが気になりませんか?そんなときにはお家でしっかりフットケアをすることが大事です。お風呂で疲れを取りながら、汚れも一緒に取ることができます。お家でできるマッサージや保湿など、おススメの方法をご紹介します。

お風呂で温めて、血行をよくする!

1日の終わりは、シャワーだけで済ませずにお風呂に入ることで疲れを取りましょう。そして、しっかり肩までお湯につかって、全身を温めましょう。すると、血行が良くなって肩の凝りからパンパンになった足もほぐれていきます。浴槽につかっているときに、足の指の間に手の指を挟んでぎゅっと握ると、指圧効果があり足の疲れが取れます。お風呂の中でできる簡単なリラックス方法です。

疲れをとったら、汚れもきれいにオフ!

全身が温まる頃には、かかとの角質も柔らかくなります。全身を洗うときに、かかとの汚れを落としましょう。夏であれば、足の臭いを防ぐせっけんなどもおススメです。素足でサンダルを履いた日には、念入りに足を洗いましょう。

足をマッサージしながら洗う!

体を洗うときに、足も普通に洗うのでは疲れは取れません。ボディーソープやせっけんをなじませながら手でマッサージをするように、ふくらはぎや足を洗うことで血流が良くなります。気持ちよく感じるくらいの力加減で、足をもみほぐしてみましょう。手でじかにせっけんやボディーソープをつけてマッサージすると、日焼け止めも落ちやすくなります。しっかりと日焼け止めを塗りこむ夏には汚れも落とせてピッタリのケア方法です。

爪の周りも入念に洗って、気になる臭いを防ぐ!

ネイル用のブラシを使って、爪の周りまできれいに洗うと臭いが防げます。爪の根元の甘皮付近は優しくケアして、健康な爪が生えるのを促しましょう。爪の後ろ側もブラッシングするようにケアするとすっきりします。ブラシの毛が固い物より、柔らかめのブラシが使いやすいです。使用後はよくすすいで、外で乾燥させて、菌の繁殖を防ぎましょう。

角質をオフして、つるつるのかかとに変身!

女性の足
毎日の体重が乗っかり、負担がかかっているかかとは固くなりがちです。角質が固くなってしまう原因になります。ヒビが入ってしまう前に少しずつ角質を取って、固くなるのを防ぎましょう。入浴して、柔らかくなったかかとをフットケア用のやすりで軽く削ります。一度に削ろうとすると、水がしみるようになってしまったり、痛みが出てしまったりするので気をつけましょう。

しっかりと保湿して仕上げ!

きれいに角質や汚れをオフしたら、しっかりと保湿しましょう。化粧水やローションを塗って、クリームを重ね付けするとバッチリです。保湿効果の高いワセリンもおススメです。足が滑りやすくなるので、家の中では靴下をはくと、保湿効果も高まります。靴下は通気性のいい綿素材がおススメです。
保湿クリームを塗ったら、フットカバーをつけるのも効果的です。100円ショップなどで売っている、ラバー素材のフットカバーはかかとの保湿効果を高めてくれます。私自身が自宅ケア後に使用してみたらところ、かかとがとてもしっとりとした質感になりました。繰り返し洗って再利用できるのでコスパも良く、気軽に使えて便利です。

おわりに

フットケアもお風呂の中でできると気軽にケアできますね。入浴後に、フットケア用のやすりをかけて、スキンケアするようにクリームを塗れば完璧です。日常のケアに取り入れると、かかとがきれいな状態をキープできます。夏はサンダルを履く機会も増えて、かかとが目立ちます。入念にケアをして、フットネイルなども楽しんでみてはいかがでしょうか?

メイ
メイクやネイルが大好きな30代自女性。新作のコスメをチェックするのが楽しみ。セルフネイルが得意でジェルネイルもこなします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう