美人になりたい人必見!美人眉の作り方と描き方!

美人眉の作り方

顔の印象を大きく左右する「眉」はどんな時でも大切です。メイクで大きく変化をつけられるからこそ「美人」への近道になります。ポイントを押さえて今日からあなたも「美人眉」を手に入れましょう!

美人眉の条件

美人眉の書き方

美人眉になるためには、いくつかのポイントがあります。それは自分の骨格に合った、眉の形であることや色・質感です。トレンドと言われる眉の形を取り入れる時にも自分の顔の形を意識することで、より美人度の高い眉毛に仕上がります。

眉毛処理には専用のアイテムを使う

眉毛処理には眉毛の状態に合わせて道具を使い分けることが大切です。本当にいらないと思う眉毛は毛抜きで抜き、眉上の形を左右する場所などはシェーバーで整えます。長い毛や眉頭の毛の長さなどはハサミを使って調整しましょう。

眉の黄金バランスを考える

眉毛には「黄金比」が存在します。黄金比を考えるときには、眉頭と眉山、眉尻の3点がポイントになります。この3点の位置に注意することで、眉の黄金バランスである「美人眉」ができます。
まずは「眉頭」は小鼻の横から垂直に伸びた位置になります。少し内側に入ると美人度が増します。「眉山」は眉毛全体の2/3の位置が理想です。眉の中で一番高い位置になります。最後に「眉尻」は小鼻と目尻を結んだ延長線上の位置になります。

眉毛の描き方

眉毛の描き方

上の項目で「美人眉」の黄金バランスをご紹介しましたが、もう一つ美人度を上げるのが眉毛と目の距離です。この距離が近いほうが美人度が上がるだけではなく、外国人の様なくっきりとした顔立ちになれます。

眉毛を描くときは眉尻から

眉毛は「眉尻」から描くのがオススメです。次に「眉山」、「眉頭」と描くことでバランスを取りやすくなります。自分の眉毛がほとんどないなら、眉の中間から書き足していくのがオススメ。
ペンシルなら毛を1本ずつ足すように描き、パウダーなら筆を細かく動かしながらベタ塗りにならないようにすることで、より自然な仕上がりになります。

顔全体のバランスを整える

顔の形や眉の長さ、濃さ、位置は人それぞれ。TPOと自分のパーツと合わせた眉毛を描くのが美人眉のポイントです。例えば、子犬のようなかわいらしい顔立ちになりたいなら「短め・太め」に、スーツが似合うカッコいい女性になりたければ黄金比にのっとってシャープな眉を描くのがコツです。
眉毛一つをとってもメイクは何通りもあり、ひとくくりにはできません。顔の中でのバランスを見ながら描いていきましょう。

美人眉は色と質感も重視する

美人眉を描くときのポイント

美人な眉毛は色や質感まで気を付けましょう。ペンシルかパウダーの2通りで分けると、ペンシルはシャープな印象・パウダーはふんわりと柔らかい印象になります。ナチュラルさを重視する美人眉なら「パウダー」がオススメです。

メイクのトーンは合わせるのが基本

眉マスカラにもマットでパウダー感の強いものから、パールが入ったツヤ感の出るものまでさまざまです。マスカラを選ぶときにファンデーションやアイシャドウの質感を合わせることで、メイクとのなじみも良くなります。

髪色よりもワントーン明るい色を選ぶ

マスカラやパウダーで眉全体に色をつける場合には「眉色」は髪色よりワントーン明るい色をチョイスすることで、あか抜けた印象になり美人度がアップします。
特に黒髪の人は眉色にブラウンを選ぶことで、あか抜けた美人な眉毛が作れます。

おわりに

今回は美人な眉毛の作り方をご紹介しました。美人な眉毛と言っても、マニュアルだけでなく自分の顔のパーツを理解し、美人に仕上げることが重要なポイントになります。
眉の形だけではなく質感や色にこだわり作り上げることで、顔全体の印象を変えるパーツになりますのでぜひトライしてみてくださいね。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう