派手だけどやり過ぎない!ほどよい派手メイクのやり方を教えます!

ほどよい派手メイクのやり方
たまには気分を切り替えて、ゴージャスな華やかフェイスに変身したい!女性なら、そんな風にメイクの力でいろんな自分を演出してみたいですよね。けれどやっぱり、派手になるのは避けたいところ。
そこで今回は、大人に似合う、ほどよい派手メイクのハウツーを徹底伝授!とっておきの日のスペシャルメイクとして、ぜひ参考にしてくださいね。

基本ルールは全部を派手にしないこと!

華やかにしたいからと言って、目元から口元まで、すべてを盛り気味にするのはご法度です。アイメイクやリップメイクのみなど、部分的に派手さを出していくのが失敗しない方法です。
アイメイクを派手にしたら、他はヌーディな色味に抑える、リップやチークを華やかにしたときは、目元はすっぴんぽさを残すようにする。そんな絶妙な計算こそ、大人の派手メイクには必要なのです。

カラフルな色使いで印象的な目元にチェンジ

はじめに、アイメイクを派手にする場合について見ていきましょう。目元にインパクトを出したいとき、ポイントとなるのはアイシャドウの色。ブラウン系やグレー系を普段使っている方も、このときは思い切ったチアフルカラーをオンします。
単色をアイホール全体に使ってもよいですし、まつ毛のキワに少量だけ乗せるというやり方もOK。慣れてきたら、複数の色を用いたグラデーションアイをつくるのもいいですよ。

アイライナーで彩りよく縁取って

カラフルなアイシャドウを使いこなす自信がない方には、トレンドのカラーアイライナーがおすすめです。ブルー系ならクール、ピンク系ならキュートと、簡単にイメージチェンジができます。
最近ではヴィヴィッドな色はもちろん、ボルドーやカーキなどの深みのあるカラーも増えているので、お気に入りの1本を見つけてみてください。

赤リップのマジックで魅惑的な唇に!

リップで派手にする
モードな派手メイクをめざしたい日は、情熱的なレッド系のリップメイクがよいでしょう。マットな質感のものを選べば、マニッシュでカッコイイ雰囲気を醸せます。
主張のある口元をより追及するならば、ラフに乗せるよりも、唇のキワまでしっかりと塗り込むのが効果的。同色系のリップライナーを使えば、気高くパワフルな女性像を体現できます。

ビギナーさんはグロスを使うのが簡単

パッと目をひく真っ赤な口紅は、その目立つ色味から、塗ることに抵抗を感じてしまう方がいるかも知れません。そんなときは、レッド系のグロスから入ってみるのも手です。口紅ほどべったりと色が乗らず、自然なレッドリップが手に入ります。
あまりに淡過ぎてもメイクに肝心の派手さが出ないので、テスターで発色を確認し、薄付き過ぎないものを選んでくださいね。

チークを華やかするならラメ入りを

最後に、チークをつややかにするテクニックをご紹介します。まず知っておきたいのは赤みの強い色を選ぶことですが、より効果的に魅せるポイントが、ラメ入りタイプを使うこと。
例えば、ゴールド系のラメが入ったものなら、肌にかるくなじませるだけで、リッチで美々しい表情にシフト。ラメの粒が大きいほど、その輝きは目立ちます。
シルバー系やパール系のラメなら、派手さの中に気品も共存するので。顔を動かすたびに放たれるクールな光が、洗練された都会的なムードを匂わせます。

おわりに

ゴテゴテにするのではなく、行き過ぎない程度にとどめるのが今っぽい派手メイクの難しさ。ここまで見てきたポイントを押さえてメイクをすることで、きっとうまくいくはずです。皆さんも、自分らしいプレシャスメイクを楽しんでくださいね。

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう