化粧水はコットンと手でつけるのはどちらが肌にしみこむ?

化粧水はコットンと手でつけるのはどちらが肌にしみこむ?

毎日のスキンケアに欠かせない化粧水、あなたはどうやってつけていますか?化粧水をしっかりなじませるには、コットンと手どちら良いのかな?と悩まれている方って結構多いのではないでしょうか?大切なのは、化粧水に合った正しいつけ方をすることや、なじみやすい肌感に整えてあげることです。
今回は、化粧水をコットンまたは手でつけるときの正しい方法や、化粧水がなじみにくいときの対策法など、化粧水をつけるために知っておきたい基礎知識をまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

そもそも化粧水の役割とは?

クレンジングや洗顔をした直後の肌は、水分が奪われて乾燥した状態です。特に入浴後は肌の温度が高く、湿度が一気に低下するので肌の乾燥が進んでしまいます。

洗顔後の肌にすばやく水分を届ける

洗顔後の肌にすばやく水分を届ける

入浴直後の乾いた肌にすぐに化粧水をつけることで、肌に水分が与えられて乾燥から肌を守ることができるんですね。

化粧水に続くスキンケア化粧品が良くなじむために肌を整える

スキンケア化粧品が良くなじむために肌を整える

化粧水には水分を補い角質を柔軟にする働きがあります。このワンステップが入ることで、続けてつける美容液や乳液、クリームのなじみが良くなり、美容成分が角質層へ届きやすい状態へと整えられていきます。

結局コットンと手どちらが良い?

化粧水の働きは分かりましたが、結局のところコットンと手ではどちらが肌になじむのでしょうか?結論はアイテムによってコットンが良い場合と手が良い場合がある、ということです。
一口に化粧水といってもサラッとした水のようなものからとろみのあるものまで様々ですよね。ですので、一概にどちらの方が良いとは言えないのです。

アイテムごとの使い方に従うべし!

アイテムごとの使い方に従うべし

それぞれのアイテムの使い方に従ってつけていくのが原則で、洗顔後はすばやくつけて肌になじませることを意識しましょう。
ただし、肌トラブルがあるときにはコットンが刺激になる恐れがあるので、避けた方が良いでしょう。

コットンで化粧水をつけるメリットとデメリット

コットンで化粧水をつけるメリットとデメリット

手で直接つけない分清潔ですし、均一につけることができる一方で、強くパッティングしてしまうと逆に肌にダメージを与えてしまう恐れがあるのがコットンの特長です。肌トラブルがある時には使わない方が安心ですね。

手で化粧水をつけるメリットとデメリット

手で化粧水をつけるメリットとデメリット

手のひらの体温でなじみを良くすることができる一方で、化粧水をつける手が汚れていたら、肌にとっても良くありませんよね。つけるときには、手を清潔にすることと、ムラのないように丁寧に押し込んであげることが上手くつけるポイントと言えそうです。

コットンと手どちらも正しくつけることが重要!

コットンでつけるにしても手でつけるにしても、正しい方法を守らなければ意味がありません。基本的な化粧水のつけ方について見てみましょう。

コットンで化粧水をつける方法

コットンで化粧水をつける方法

乾燥したコットンを肌にのせたままにすると、肌の水分がとられて余計に乾燥してしまうので要注意。正しいコットンで化粧水をつける方法を見てみましょう。

基本のつけ方

  1. コットンを横長に持ち、化粧水をコットンの裏側まで濡れるくらいしっかりと染みこませます
  2. コットンを指ではさみ、優しく滑らせるようにしてなじませていきます
  3. 小鼻や口元などの細かい部分にもしっかりとなじませていきましょう
  4. 最後にコットンで優しく肌を押し、化粧水を入れ込むように優しくタップします

乾燥が気になる時には、コットンパックもおすすめ!コットンパックは、どのようにすると効果的なのでしょうか。

コットンパックのつけ方

  1. コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませます
  2. コットンを2枚に裂き、さらに毛2枚ずつにせいて計4枚にします
  3. コットンを額と量頬にのばしながら乗せていきます
  4. 残りの一枚をさらに半分に裂いて、鼻の上とあごにのせていきます
  5. 5分ほどでコットンを剥がします

手で化粧水をつける方法

手で化粧水をつける方法

つけ方はとてもシンプル。肌をこすらずに、優しくハンドプレスをしてなじませ、摩擦を与えないように注意してつけていきましょう。ニキビがあるときにはより優しく丁寧に化粧水をつけてあげましょう。手を清潔にしておくことも忘れずに!

基本のつけ方

  1. 使用量を手に取り、軽く手を合わせて広げて頬やおでこなど広い部分から押し込むようにしてなじませます。顔の内側から外側に向かって両手で包み込むようにして押さえていきましょう
  2. 小鼻の周りや口元、目もとのくぼみなど、凹凸がある部分は優しく丁寧になじませていきます
  3. 最後に顔全体を両手で包み込み、化粧水を肌に届けるようなイメージで押し込んでいきます。手が乾いてしまったら、少量の化粧水を追加してあげましょう

化粧水だけで終わらせるのはNG!

化粧水だけで終わらせるのはNG!

コットンでも手でつけた場合でも、スキンケアを化粧水だけで終わらせるのは絶対にNG!化粧水の大半は水分であり、そのままでは肌のうるおいを保つことが難しくなってしまいます。
クリームなどでなくても、さっぱり目のジェルタイプの美容液をつけてあげればOK!化粧水の後になじませるための時間を置く必要も無いので、立て続けに塗り重ねていきましょう。

化粧水がなじまない時の対策法

化粧水が肌になじみにくいな、と感じているときは、何らかの理由があるはずで、化粧水のつけ方よりもその原因を取り除いてあげることが大切です。最後に、化粧水のなじみが悪いと感じたときの対処法を見てみましょう。

クレンジング・洗顔で汚れをしっかり落とす

汚れをしっかり落とす

まずは、メイクや肌の汚れが完全に落ちていない可能性があります。クレンジングは使用量を守り、肌をこすらないようにしつつ、丁寧にメイクを落としていきましょう。あまり長時間かけると、肌のうるおいまで失われてしまう恐れがあるので、大体1分程度でメイクを落とすことを意識してみてください。
また、汚れを早く落としたいからと必要以上に洗浄力の高いクレンジングを使うと、肌の乾燥の原因になるのでおすすめできません。お使いのクレンジングも見直してみてくださいね。
洗顔はたっぷりの泡を転がすようにして丁寧に洗っていきます。洗いすぎると乾燥の原因となるので、こちらも大体1分を目安にすすぎまでを完了させましょう。

角質ケアでゴワつきをなくそう

角質ケアでゴワつきをなくそう

化粧水がなじまないときは、古い角質が堆積しているのかもしれません。そんな時は、酵素洗顔やピーリング化粧品などの古い角質をケアできるアイテムを取り入れてみて。
ピーリングをするなら、ゴマージュタイプやふき取りタイプではなく、肌に負担のからない洗い流すタイプのものがおすすめです。

ブースターでなじみを良くする

ブースターでなじみを良くする

手っ取り早く化粧水のなじみを良くするには、ブースターを取り入れるのがおすすめです。導入化粧水や、美容オイルを化粧水の前につけるだけで、化粧水の入りがグッと良くなりますよ。

おわりに

化粧水のつけ方次第でスキンケアの効果は全然違ってきますから、正しい方法を身につけて、きれいなお肌をキープしていきましょう。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう