季節の変わり目は要注意!ゆらぎ肌の原因と対策法

お肌の悩みを抱える女性

季節の変わり目になると、いつも肌が乾燥したり、かゆみのあるブツブツやニキビができたりする…。このような「ゆらぎ肌」は冬から春、夏から秋というような季節の変わり目に起こりやすいと言われています。
今回は、悩む人が増えていると言われる、ゆらぎ肌の原因と対策について詳しくお話していきます。

冬から春にかけて起こるゆらぎ肌

化粧品セットのイメージ

「なんだか肌がかゆい」「気がついたら、赤いぶつぶつができている」このようなトラブルが起こりやすいのが冬から春にかけての時期です。この時期は、バリア機能を低下させる要因が多いため、肌がゆらぎやすいのです。

春先に起こるゆらぎ肌の原因

このタイプのゆらぎ肌を引き起こす要因には、紫外線やアレルギー物質、環境の変化によるストレスが考えられます。3月、4月は新入学や就職、転勤などで心的ストレスを感じやすい時期。バリア機能の低下した肌に心的ストレスが加わればあっという間に肌は敏感な状態になってしまいます。

夏から秋にかけて起こるゆらぎ肌

夏から秋にかかるゆらぎ肌

2つ目のゆらぎ肌は夏から秋にかけて起こるタイプ。気温と湿度の低下による肌の乾燥や夏に受けた紫外線ダメージによって、バリア機能の低下した肌に起こるのが特徴です。

秋口に起こるゆらぎ肌の原因

秋口にゆらぎ肌を引き起こす要因には、夏の紫外線や乾燥、秋の花粉による刺激などが考えられます。過酷な夏に比べると過ごしやすい秋ですが、お肌にとってはまだまだ厳しい季節と言えるのです。

ゆらぎ肌用のアイテムをベンチ入りさせておこう

ゆらぎ肌対策の化粧品を用意しよう

「ゆらぎ肌かな?」と感じたときは、敏感肌用の化粧品でバリア機能を回復させるのが症状を押さえるポイントです。保湿アイテムだけではなく、皮脂やうるおいを奪い過ぎないクレンジングや洗顔料に切り替えることも大切なポイントです。

ゆらぎ肌用のアイテムを選ぶポイント

肌のバリア機能を維持しているのは「皮脂」や「細胞間脂質」を構成するセラミドや、「天然保湿因子(NMF)」の一種であるアミノ酸といった成分です。この中でも、細胞間脂質と天然保湿因子はいずれも成分が浸透しやすい肌表面にある角層にある成分なので、化粧品で補いやすいといえます。

花王 キュレル 化粧水 3 とてもしっとり

花王 キュレル 化粧水

花王
キュレル 化粧水 3 とてもしっとり

  • 内容量|150mL
  • 価 格|-
  • 発売日|-

清水まき

細胞間脂質であるセラミドと、天然保湿因子の一種、アルギニンがゆらぎ肌を穏やかに保湿してくれます。キュレルでは敏感肌用の美白ラインやアンチエイジングラインもそろっているので、ゆらぎ肌のトラブルを抑えるだけではなく、攻めのケアをしたい方にもオススメ。

ノエビア ノブ3シリーズ

ノエビア ノブ3

ノエビア
ノブ3シリーズ

  • 内容量|-
  • 価 格|-
  • 発売日|-

清水まき

セラミドとアミノ酸(N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)に加え、皮脂に似た油分であるスクワランを配合。バリア機能の回復をサポートしてくれます。使用しているセラミドはセラミド3というヒトの皮膚と同じ構造をしたタイプのもの。より高い角層への浸透が期待できます。

おわりに

今まで大丈夫だった人もで、季節の変わり目にある日突然、ゆらぎ肌に悩まされるようになるかもしれません。そんなときは、慌てず肌のバリア機能を回復させるためのケアにスイッチ。
普段からトライアルやトラベル用セットなどをスタンバイさせておくといざというときに慌てなくてすみますよ!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう