汗荒れとあせもの違いは何?それぞれの症状と対策

汗によるかぶれで悩む女性
汗をかいてかゆみが出る症状となるとあせもを思いつく人は多いですが、そのかゆみ、汗による肌荒れ=汗荒れが原因の場合もあるんです。
今回は、同じ汗が原因の肌トラブルである「汗荒れ」と「あせも」、この2つの違いについて、それぞれの症状と対策も含めて解説していきます。

似ているようで違う「汗荒れ」と「あせも」

あせもと汗荒れの違い
あせもと似ている汗荒れはかぶれ、一種の接触性皮膚炎です。簡単にいうと汗による肌荒れのこと。汗が蒸発して残る塩分とアンモニアが肌に刺激となり引き起こされます。
症状としては、あせものように湿疹はできず、皮膚が赤くなり炎症が広がることがほとんど。また、かゆみがピリピリ感に変わることもあります。主に首周りやデコルテに起こりやすく、ふとしたときに汗アレが出てなやまされる人も珍しくありません。

保湿は十分に!汗荒れ対策

やさしく洗うのがポイント!ゴシゴシ洗いは厳禁

汗荒れとあせもの対策
汗荒れで炎症を起こしている部分のボディーソープを使ってのゴシゴシ洗いはNG。やわらかいタオルや手を使い、やさしく洗ってあげましょう。バリアー機能が低下しているお肌だからこその対策です。

服を選ぶときには通気性のあるものを!

通気性のある服
衣類では肌に刺激を与えないように肌に擦れるかたい生地を避け、通気性のある服を選ぶようにします。外部からの刺激を受けやすい状態のお肌だからこそ、いたわるようにしましょう。

薬は皮膚科で!自己判断での市販薬の使用は控える

自己処方は控える
汗荒れはかぶれの一種であせもとは違います。市販の薬を使うことで悪化させてしまう恐れも。症状のひどいときには、皮膚科を受診することをオススメします。

入浴後には保湿は必須!

入浴後には保湿
汗によって肌荒れである汗荒れには保湿力の高い化粧水や保湿剤を使い、十分にお肌に潤いを与えて肌コンディションを整えます。筆者がおすすめする商品をピックアップしてみましょう。

ユースキン あせもジェル

ユースキン あせもジェル

ユースキン
あせもジェル

  • 内容量|140ml
  • 価 格|780円(税抜)
  • 発売日|-

ライター画像

肌荒れ有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム、モモの葉エキスとアロエエキス、しその葉エキスの3つの潤い成分も使われている「ユースキン あせもジェル」。お肌の炎症を鎮め、みずみずしいお肌に。トロミのあるジェルタイプですが、さっぱりとした使用感。入浴後のキレイなお肌に使ってください。あせもジェルはあせもと汗荒れの両方に効果が期待できます。

小林製薬 [ヒフミド] チャレンジセット(ローション本品+お試しセット)

小林製薬 [ヒフミド] チャレンジセット(ローション本品+お試しセット)

小林製薬
[ヒフミド] チャレンジセット(ローション本品+お試しセット)

  • 内容量|ヒフミドエッセンスローション(120mL)+トライアルセット
  • 価 格|1388円(税抜)
  • 発売日|-

ライター画像

通常のセラミドの3倍の保水力があるヒト型セラミドを3種類配合。ヒフミドのトライアルセット内のアイテム全てに使われています。1日中乾燥知らずの潤い肌に。

汗がたまりやすい場所にできる!あせも

子どもにできやすいあせも

子どもにできやすい
汗荒れと間違われやすいあせもは、大人よりも子どもにできやすい湿疹です。あせもは頭や額、首、ひじの内側、膝の裏側、脚のつけ根部分など、汗がたまりやすい部分にできやすいのが特徴です。

皮膚の中に汗がたまる?あせもの原因と症状

あせもの原因
あせもの原因は、皮膚の下にある汗腺の導管が詰まり、周りの細胞に汗が漏れ出すことでできるもの。あせもが炎症を起こすと、赤みを帯びたブツブツができたり、かゆみが出てきたりします。

あせもの予防にはどうすればよい?

あせもの予防方法

こまめに汗をふく

あせもができないようにするには、汗のたまりやすい場所の汗をこまめにふき取ることが一番。肌ダメージを与えないようにぬれタオルやウェットタイプのシートの利用がおすすめです。

シャワーを浴びる

スポーツをした後やたくさん汗をかいた後に、シャワーを浴びれば、汗を流してお肌を清潔な状態に保つことができます。サッと流すだけでも汗のベタつきがとれて、さっぱりするのもポイントです。

通気性のよい衣類を着る

吸湿、速乾性、通気性に優れた衣類を利用するのもいいでしょう。汗をかいたらいつまでも汗を皮膚に残した状態にしないためにも、下着まで全て着替えてしまうのも、あせも対策には効果的です。

おわりに

汗をかく季節以外にも室内で運動した後やサウナなどで汗をかいた後などに出てきた皮膚の赤み。あせもと思ったら汗荒れだったということがないように、この記事を参考してどちらなのかを判断して、それぞれに合った正しい対策をしていきましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう