表情筋を鍛えてたるんだ顔をリフトアップしよう!

頬に人差し指を添える女性
写真に写った自分の顔を見て「なんだか1年前と違う」「フェイスラインがゆるんできた気がする」そんな風に感じたら、初期のたるみが起こっているのかもしれません。人間の顔には30種類以上もの表情筋があり、それらが複雑に連携して笑ったり、怒ったりといった表情を作り出しています。この表情筋を鍛えることでたるんだ顔をリフトアップすることが可能です。簡単にできる表情筋のトレーニング方法を紹介していきましょう。

大頬骨筋・小頬骨筋を鍛えて頰のリフトアップ

頬を抑える女性

表情筋のエクササイズでたるみを予防

加齢や生活習慣によって表情筋が衰えると、顔のたるみにつながります。特に頰、目の周り、フェイスラインの表情筋が衰えるとたるみが顕著に目立つように。ちょっとした空き時間に表情筋のエクササイズをしてたるみを予防しましょう。

笑ったときに頰を持ち上げるのが大頬骨筋・小頬骨筋(だいきょうこつきん・しょうきょうこつきん)の2つの筋肉です。この2つが衰えると頰の一番高い位置が徐々に下がってきて老けた印象を与えるだけではなく、ほうれい線も目立つように。大頬骨筋・小頬骨筋を鍛えれば口角もあがってイキイキした笑顔を取り戻すことができます。

大頬骨筋・小頬骨筋を鍛えるエクササイズ

口を閉じて口角を横に引き、上下の唇を軽く歯に当てるようにします。このとき、歯を食いしばらないように注意。そこから、口角を軽く引き上げて笑顔を作ります。その状態から、にんまりと笑うように、さらにめいいっぱい口角を上げます。上げる、元に戻すという動作を小刻みに30回繰り返します。終わったときには口角に疲労感が残るようであれば、効果が出ているサインです。

眼輪筋を鍛えるエクササイズ

目元のエクササイズ

目元の印象を左右する眼輪筋(がんりんきん)

眼窩をぐるっと囲む目の周りにある筋肉が眼輪筋(がんりんきん)です。眼輪筋が衰えると上まぶたが下がってきて目が小さく見えるだけではなく、下まぶたのたるみが原因のゴルゴ線ができてしまうことに。また、目じりのしわも眼輪筋の衰えと関係しています。目元をすっきりさせるために眼輪筋を鍛えましょう。

眼輪筋を鍛えてパッチリ、イキイキした目元に!

下まぶたを鍛えるにはまっすぐ正面を見た状態で目線だけを上に上げ、眉毛やおでこを動かさないようにしながら下まぶただけを持ち上げてまぶしいときの目を作るような動きをします。
上まぶたは動かさないようにしてくださいね。下まぶたがプルプル震えるような感じになればOKです。下まぶたを持ち上げて、ゆるめるという動きを30回繰り返しましょう。

続いて上下のまぶたを同時に鍛える方法です。両目をぎゅっと閉じて5秒数えたあと、思いっきり目を見開き5秒間数えます。この動きを5回繰り返しましょう。このエクササイズを行うときも、できるだけおでこにしわがよらないように注意してください。

口角挙筋と広頚筋を鍛えて二重アゴを改善!

フェイスラインのエクササイズ

あごの悩みには口元のエクササイズ

顔の下半分のラインがたるんでくると顔が大きく見えてしまいます。最近はスマホの見すぎで首が傾き、痩せているのに二重アゴになっている女性が増えているようです。そんなときは口角を上げる口角挙筋(こうかくきょきん)と広頚筋(こうけいきん)を鍛えるエクササイズを習慣にしてみましょう。

口角挙筋と広頚筋のエクササイズ

広頚筋は表情筋ではなく、首の両脇にある薄い筋肉。この広頚筋を鍛えることで、下あごのたるみが引き締まり、首のシワも解消します。

口を軽く閉じた状態でできるだけ口角を上げます。このとき歯が見えないように注意。
両手は鎖骨の上あたりに交差するように重ね合わせます。口角を上げたまま頭を後ろにそらし、両手で鎖骨を軽く押さえながら軽くうなずくようにアゴをバウンドさせます。
この動きを30回繰り返しましょう。首の前がしっかりと伸びていることを意識して、両肩を上げないようにしながら行います。

おわりに

いかがでしたか?
実際にトライしてみると意外に疲労感があって驚くのではないでしょうか。それは、普段、表情筋がほとんど使われていないということを意味しています。デスクワーク中心で無表情になりがち、または気がつくとついスマホをのぞいてしまう…という人はエクササイズを習慣にし、日頃から表情を豊かに過ごすよう心がけることでたるみを遠ざけることができるはずです!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう