シミへの効果も期待できる!?酒かすパックの注意点とやり方

シミへの効果も期待できる!?酒かすパックの注意点とやり方
甘酒と並んで、高い美容効果があるといわれている酒かす。その名の通り、日本酒をしぼった後に残るかすですが、この酒かすでパックをすることで、透明感のあるツルツルぴかぴかの美肌になれることをご存じですか?ここでは、お手頃価格で美肌が手に入る、酒かすパックのやり方と注意点を紹介します。

高級美容パック並み?酒かすパックの効果とは

酒かすパックの効果
昔から日本酒をお風呂に入れるなど、お酒の成分が入った化粧品でお手入れをすると、キメの細かい白肌になれるといわれてきました。では、酒かすパックにはどんな効果が期待できるのでしょうか。

乾燥やシミにもいい?しっとり&美白効果

美白効果
酒かすは、「かす」という名前がついているものの、捨てるのがもったいないほど栄養価が豊富な素材です。酒かすには、美白やアンチエイジングなど、美容効果に優れた成分が含まれているのです。成分や栄養分によって、以下のような効果が期待できます。

乾燥を防ぎ健康的な美肌に導く効果

酒かすには、ビタミンB2やB6といった美肌に欠かせないビタミンや、シミやしわを予防する働きがあるナイアシンの他にも、健康な肌や髪の元となるアミノ酸が豊富に含まれています。また、酵母による保湿効果も期待できるため、乾燥肌の改善にも期待できます。

美白&アンチエイジング効果

お酒をつくる杜氏(とうじ)の方の手は、白くしっとりしていると聞いたことがありませんか?酒かすには、シミやそばかすを防ぐといわれるアルブチンやコウジ酸、フェルラ酸、遊離リノール酸といった成分が含まれています。まさに、美白美容液に配合されているような成分がずらり。これらはニキビ跡の改善や、くすみの解消にも効果が期待できる成分です。

コウジ酸には、抗糖化効果もあるといわれているため、しわや黄ぐすみが気になる年齢肌にもぴったり。また、アミノ酸やセラミドも、アンチエイジングに役立ってくれます。

酒かすパックの作り方

酒かすパックの作り方
酒かすパックは、酒かすと水さえあれば、つくることができます。酒かすは価格も安いうえに、食べても体にいいので、1つ購入してみましょう。「料理に使おうと思って買ったけど、結局使い切れないで冷蔵庫に残っている」そんな人もいるかもしれませんね。そんなときこそ、酒かすパックを試してみるチャンスです!では、誰でも簡単につくれる、酒かすパックの作り方を紹介していきます。

コツはなめらかに混ぜることだけ!超簡単酒かすパック

混ぜるだけ
用意するのは

  • 酒かす:100g
  • 精製水:50mlから100ml

この二つだけ。酒かすは、細かくちぎって精製水につけてふやかしておきましょう。肌にのせたときにざらざら感がないよう、なめらかになるまで混ぜるのがポイントです。なめらかになるよう、小さめのすり鉢でつぶすといいでしょう。時間がないときは、フードプロセッサーを利用しても問題ありません。好みの硬さになるまで、精製水を足してくださいね。

酒かすパックのやり方

酒かすパックのやり方
洗顔した後、軽くタオルで水分をふき取っておきます。酒かすパックをむらなく顔に伸ばし、10分程度おきます。このとき化粧水を含ませて使用する、シートマスクをかぶせてもいいでしょう。時間がたったら、ぬるま湯でよく洗い流して終了です。水分が残っているうちに保湿をしましょう。

酒かすパックの注意点

酒かすパックの注意点
お金をかけることなく、手軽にできる酒かすパックですが、いくつか注意すべき点があります。肌の弱い人や体調によって、使うのを避けた方がいいケースも。酒かすパックをするときには、以下の点に注意しましょう!

敏感肌やアレルギーのある方はパッチテストを

パッチテスト
酒かすにはアルコール分が含まれているため、お酒が全く飲めない体質の方は酒かすパックを使うことができません。またアルコール分で肌が刺激を感じやすい人やアレルギーのある人も、パッチテストとしてから行うようにしましょう。刺激が少ない酒かすパックですが、お手入れのペースは3日に1回くらいで十分です。

アルコール分や臭いが気になる方は、電子レンジで10秒くらい加熱し、アルコールを飛ばしてから試してみましょう。酵母の力は弱まってしまうものの、臭いや刺激は少なくなるはずです。

冷蔵庫で保管し、1週間以内に使い切る

冷蔵庫で保管
酒かすパックは1回で使い切るのがベストですが残ってしまった場合、冷蔵庫に保管して1週間以内に使い切りましょう。発酵が進んでくるので、臭いが変わってきたり肌に刺激を感じたりすることがあれば使わないようにしてください。余ったときはひじやひざなど、乾燥やくすみが気になるパーツに使用してもいいでしょう。

おわりに

酒かすを食べる人が減っていることもあり、最近では捨てられる酒かすも増えているのだそう。こんなに美容成分が含まれているのに、もったいないですよね!スーパーで売られている酒かすは、500g200円程度。酒かすパックに使用した後は、ぜひ、料理に使ってみましょう。酒かすの美容パワーで体の内側と外側から美しくなれるはずです!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう