間違えてない?くすみのタイプによってケア方法を変えて!

くすみタイプ別のケア方法
どんなにメイクを重ねても、何だか顔色がパッとしない…。くすみのせいと知りつつも、なかなか解消できずに悩んでいる方も多いのでは?しかし実は間違ったケアが原因かも知れません。
そこで今回は、肌のくすみを招く原因と、ケース別のケア方法をご紹介いたします。

くすみの原因はひとつではありません!

生活習慣?肌ケア不足?あれやこれやと手を尽くしても、なかなか消えてはくれない肌のくすみ…。それもそのはず。くすみを引き起こす原因にはさまざまなものがあり、そのケア方法が適切とは限りません。
古い角質がたまっていたり、保湿が十分ではなかったり…。くすみを本気でなくしたいのなら、手当たり次第にケア方法を試すのではなく、自分のくすみの原因を知り、その原因に合った対策を講じる必要があるのです。

くすみの原因が角質肥厚の場合

はじめに、すっぴんの状態で顔色を一度チェックしてみましょう。全体的にグレーっぽいと感じたならば、あなたのくすみの根源は、たまった古い角質によるものと考えられます。
角質がたまる要因は、肌を健康的に維持するためのサイクル、ターンオーバーの乱れです。ターンオーバーの乱れが起こると、不要な角質がなかなかはがれずに肌表面に角質肥厚と呼ばれる層を形成します。これが進行すると、黒っぽい肌になってしまうのです。

古い角質を効率よく除去していこう!

適切なケアとしては、肌表面にある余分なものを取り除くことがあげられます。すなわち、古くなった角質を除去することです。その際に効果的なのが、“ピーリング”。最近ではこするタイプだけでなく、優しくふき取るタイプもありますので、自分の肌質に合わせて選びましょう。もちろん、ピーリングのあとには、化粧水や乳液、美容液などで十分保湿することも忘れないでくださいね。
敏感肌やアレルギー体質の人は、ピーリングが刺激になるため控えなければならないこともあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

くすみの原因が乾燥の場合

肌の水分不足はさまざまな肌トラブルを招き、くすみの原因にもなります。肌の水分量が少なくなると、同時にバリアー機能もどんどん低下するので、肌は自らを守るべく角層を分厚くして、角質肥厚を引き起こすのです。
鏡で自分の肌に透明感がないと思われた方。それは、この乾燥がくすみの原因だと考えられます。

保湿を徹底して肌の乾きを潤そう!

原因が乾燥なら考えたいのは、水分を肌にたっぷりと与えてあげること。ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなど、保湿効果が期待できる成分が配合された基礎化粧品がおすすめです。
また、定期的な保湿パックも効果的です。筆者も、よくコットンを使った化粧水パックをするのですが、終わったあとは、肌がワントーンほど明るくなります。お風呂上がりはもちろん、くすみが気になる朝にもピッタリですよ!  

くすみの原因が血行不良の場合

肌に血色感がない、青黒さが感じられる、というくすみ肌は、血行不良が原因かも知れません。生活習慣などが理由で血液の循環が悪くなると、肌はよどんで見えてきます。
この場合は肌に何かを与えるような対策では効果は期待できません。肌の内側にしっかりと働きかけるようなケアが求められます。

フェイスマッサージで血行改善!

とどこおっている血流を改善するためには、やはりマッサージが有効です。血行を改善するマッサージは、顔の中心から外側に向かって施していくのがコツです。ただし、力の入れすぎには注意が必要です。強くこすると、マッサージどころか肌に負担をかけてしまいます。ソフトなタッチで、滑りをよくして保湿が期待できるクリームやオイルを塗ってからはじめましょう。
また、適度な睡眠運動を取り入れることで、体全体の血行をよくする努力も、くすみ改善には欠かせないポイントです。

おわりに

このようにくすみと言っても、その原因は実にさまざま。いくつかの原因が混在している場合もあります。きちんと自分の肌の調子やライフスタイルと向き合い、効果的なくすみケアを実践していきましょう!

真雛美(MASUMI)
美容・ファッション系メディアのWEBライター。また、「スタイルプロデューサー」としても活動中。みなさんのコーデに関する悩みを解決すべく、各種情報発信をしたり、ちょっと変わった手法で個人のスタイリングをコンサルしています。とにかくオモロイことが好き★

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう