あなたは知っていますか?日焼け止めのSPFとは

日焼け止めを出す女性
暑くなる夏になると必須アイテムになるのが日焼け止め。紫外線は老化を早めてしまうなど、美容への悪影響も広く知られるようになりました。そういったことから最近では年中欠かさず塗っている人もいるほどです。
しかしあなたが使っているその日焼け止め、どのくらいの効果があるのでしょうか?表記されているSPFの意味って…?今回は日焼け止めのSPFについて、一体なんなの?どう選んだらいいの?という疑問を解消します。

SPFは紫外線B波をガードする効果の目安

紫外線はA波、B波、C波という3つに分けられます。主にその中のB波からお肌をガードしてくれる効果を現す数字がSPFと言います。紫外線B波は主にシミの原因になってしまう紫外線でお肌に有害な影響を多く与えます。
美白を徹底したい!というならこのSPFの数値に注目して日焼け止めクリームを選びたいところですね。

SPFは数値が大きいほど効果も大きい

一般的に広く知られるように、このSPFは数値が大きければ効果も大きくなります。SPF30のものよりもSPF50のものの方が効果が高く、より日焼けしにくいということなんですね。
しかし、基本的には日焼け止めクリームを塗っても完璧にすべての紫外線が防げるわけではありません。実際のところ、SPFの数値ではどのくらい紫外線からガードしてくれるのでしょうか?

SPFは日焼けのスタートを延ばす目安数値

SPFの数値はシンプルに説明すると日焼けのスタートを遅らせてくれるという効果の数値です。しかし、SPF30なら日焼けのスタートを30時間遅らせてくれるというイメージかもしれませんが、そうではありません。
正しくは、人によって違う日焼けのスタート時間(日焼けによる炎症を起こし始める時間)を30倍遅らせることができる、ということです。
例えば20分で日焼けが始まる人の場合、日焼けのスタートを20分×30倍=600分(10時間)に延ばせるということです。
10分で日焼けがスタートする人ならその半分の3000分(5時間)ですね。
しかしその効果がずっと続くというわけではなく、汗をかいたりすることや、衣類などによる擦れ、時間経過とともに効果は薄れていきます。こまめに塗り直しが必要と言われるのにはそういった理由があったんですね。
紫外線を浴びてから15〜20分で日焼けし始めるというのが平均ですが、自分の体感で日焼けしやすいタイプなのか、しにくいタイプなのか、を知っている人もいますよね。
同じように紫外線を浴びても、日焼けをして赤くなってしまう時間はひとりひとり違うので、SPF50の日焼け止めで×50時間延びたとしても、やはり日焼けしやすい人の方が効果は薄くなってしまうのです。その場合は、塗り直しの回数を増やしたりといった対策が必要になってきます。

SPF30とSPF50の使い分けって?

海で日焼け止めを塗る女性

ここまで知ると「SPF50の方が効果があるのならそっちを選ぶ!」なんて声も聞こえてきそうですが、本当にそれで大丈夫なのでしょうか?
SPF50は効果も大きいため、便利!なんて思ってしまいがちですが、日焼け止め効果が強いその分、お肌への負担も気になるところ。特にウォータープルーフタイプなどはオフしにくいので肌荒れの原因になってしまうことも。できれば日中の紫外線を浴びる時間によって調節するのが理想です。

日常使いにはSPF30を

普段の通勤や通学、買い物など、少しの間のみ紫外線を浴びる、という場合にはSPF30ほどの日焼け止めクリームを使用します。
サラッとした使い心地のものも多く、不快感も感じにくいので日常使いしても負担を感じにくいでしょう。

アウトドアにはSPF50を

音楽フェスや海水浴などのアウトドアレジャーの際にはSPF50をセレクト。1日中外で紫外線を浴びるのなら、しっかりガードできるものを使います。
汗をかいたら軽く拭いて塗り直す、を徹底して日焼け止めクリームの効果を最大限発揮できるようにしましょう!

おわりに

今回は意外と知っている人が少ない、日焼け止めクリームのSPFのお話でした。きちんと知って選ぶことで、お肌に優しく紫外線予防をしてくださいね!

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう