夏にも保湿は必要なの?夏の保湿について

海にいる女性
汗や皮脂で肌がベタつく夏、肌の保湿を怠っていませんか?なんとなく肌が潤っている気がしても、油断は禁物。夏の保湿に手を抜いていると、秋冬のお肌が恐ろしいことになるかもしれませんよ。
今回は、夏に肌の保湿の重要性と保湿のポイントを見てみましょう。

夏にも保湿が重要なの?

夏は汗や皮脂で肌の表面がベタつくため肌が潤って見え、保湿をしなくてもいいように思いますが、これは大きな間違い。秋冬ほどではないにしても、夏も肌は乾燥やダメージにさらされているのです。夏の肌の大きなダメージ源となるのが、強烈な紫外線と空調。紫外線と空調で肌表面の角質層の働きや、ターンオーバーの周期が乱れやすく、肌の内側の水分は不足しやすい状態です。
肌の内側が乾燥すると、乾燥を防ぐために肌の表面では皮脂分泌が盛んになり、肌の表面はテカテカに。表面のベタつきを気にして強く洗顔したり保湿を怠ったりすると、さらに内側の乾燥が進むという悪循環に陥ってしまいます。これが夏によくある「インナードライ肌」。これを放っておくと、秋冬には肌表面の乾燥も激しくなって肌がボロボロになってしまいます。

ベタつかないけどしっかり潤う!夏の保湿

夏の保湿

化粧水での保湿のポイント

夏に使う化粧水には、アミノ酸などの水溶性成分を含む化粧水や、セラミド配合で保湿力の高い化粧水がおすすめです。皮脂分泌が多くてベタつきが気になるという人は、油分が少ない化粧水や美容液、さっぱりタイプの化粧水にしてみてください。
化粧水を使うときには、コットンを使うと浸透力がUP。コットンがひたひたになるまで化粧水をしみ込ませましょう。コットンが乾くまで肌につけておくと逆に乾燥をまねくことがあるので、コットンがよく湿っているうちにはがすようにしましょう。
コットンを使わないときは、手のひらで顔全体をやさしく押さえて化粧水を肌内部までじんわり浸透させましょう。

クリームや乳液での保湿のポイント

夏は化粧水だけで保湿ケアを済ませる人も多いと思いますが、それでは肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥が進んでしまいます。化粧水のあとは、夏でもクリームや乳液など油分のあるもので保湿するようにしましょう。
ベタつきが気になるときには、油分が少なめのものを選んでください。乳液は手で温めると浸透しやすくなり、ベタつきにくくなります。乳液をつけるときには少量を手にとり、両手全体に薄くのばして温めましょう。その手で顔をやさしく押さえて、肌に浸透させていきます。

夏の潤い肌のために気を付けること

紫外線対策をきちんとする

紫外線はシミだけでなく、ターンオーバーの乱れや肌内側の乾燥にもつながります。外出前に日焼け止めを塗るのはもちろん、長時間屋外にいる場合は日中に塗り直しましょう。
塗り直すときには、手を汚さず使えるスプレータイプの日焼け止めがおすすめ。
紫外線をたくさん浴びた日は特に乾燥しやすいので、いつもの化粧水を使ってローションパックしてあげるといいですね。もちろん、そのあとにクリームや乳液で保湿をするのを忘れずに。

あぶらとり紙を使いすぎない

汗をかきやすい夏は顔がテカリやすいため、あぶらとり紙を使いたくなります。しかし、あぶらとり紙の使いすぎはNG。ますますインナードライが進行する原因になります。日中に出てくる汗や皮脂はハンカチやティッシュで軽く押さえて拭う程度にしましょう。

おわりに

テカリや汗が気になって、保湿をつい怠ってしまいがちな夏。見た目にだまされずしっかりと保湿をして、夏の肌をやさしくいたわってあげてくださいね。
夏の保湿ケアを気遣えば、秋冬も乾燥しにくい、うるつやの美肌ですごせるはずです!

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう