夏にも保湿は必要なの?夏の保湿について

海にいる女性

汗や皮脂で肌がベタつく夏、肌の保湿を怠っていませんか?なんとなく肌が潤っている気がしても、油断は禁物。夏の保湿に手を抜いていると、秋冬のお肌が恐ろしいことになるかもしれませんよ。
今回は、夏に肌の保湿の重要性と保湿のポイントを見てみましょう。

夏にも保湿が重要なの?

夏の保湿

秋冬ほどではないにしても、夏も肌は乾燥やダメージにさらされる季節です。肌の大きなダメージ源となるのが、強烈な紫外線と空調。紫外線と空調により、肌表面の角質層の働きやターンオーバーの周期が乱れやすく、乾燥しやすい状態になっているのです。

夏になりやすいインナードライ肌

乾燥を防ぐために肌の表面では皮脂分泌が盛んになり、肌の表面はテカテカになり、これを気にしてケアを間違えると、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ってしまいます。これが夏によくある「インナードライ肌」。
これを放っておくと、秋冬には肌表面の乾燥も激しくなって肌がボロボロになってしまいます。

ベタつかないけどしっかり潤う!夏の保湿

しっかり潤う夏の保湿

夏の化粧水には、アミノ酸などの水溶性成分を含む化粧水や、セラミド配合で保湿力の高い化粧水がおすすめです。ベタつきが気になるという人は、油分が少ない化粧水や美容液、さっぱりタイプの化粧水にしてみてください。
化粧水を使うときには、コットンがひたひたになるまで化粧水をしみ込ませましょう。コットンを使わないなら、しっかりとハンドプレスをすることで効果が期待できます。

夏場でもしっかりフタをすることが肝心

夏は化粧水だけで保湿ケアを済ませる人も多いと思いますが、肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥が進んでしまいます。夏でもクリームや乳液などでフタをしましょう。
ベタつきが気になるなら、油分が少なめの乳液がおすすめ。少量を手にとって薄くのばして温めたら、しっかりハンドプレスをして肌に浸透させていきます。

潤い肌のためには日焼け対策は欠かせない

日焼け対策は欠かせない

紫外線はシミの原因になるだけでなく、ターンオーバーの乱れや肌内側の乾燥にもつながります。外出前に日焼け止めを塗るのはもちろん、長時間屋外にいる場合は日中に塗り直しましょう。塗りなおしには手を汚さず使えるスプレータイプの日焼け止めがおすすめ。

あぶらとり紙を使いすぎない

汗をかきやすい夏は顔がテカりやすくなるため、あぶらとり紙は欠かせないアイテムですが、あぶらとり紙の使いすぎはNG。皮脂を取りすぎるとますますインナードライが進行する原因になります。
日中の汗や皮脂は、ハンカチやティッシュで軽く押さえて拭う程度にしましょう。

おわりに

テカリや汗が気になって、保湿をつい怠ってしまいがちな夏。見た目にだまされずしっかりと保湿をして、夏の肌をやさしくいたわってあげてくださいね。
夏の保湿ケアを気遣えば、秋冬も乾燥しにくい、うるつやの美肌ですごせるはずです!

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう