唇がヒリヒリしたときの原因と治し方

唇がヒリヒリしたときの原因と治し方
女子力に欠かせない、魅惑の唇の存在。ときにヒリヒリしてしまうこともありますよね。唇からのSOSサインであるヒリヒリ。女子力アップのポイントパーツということもあって見逃すわけにはいきません。今回はその原因を突き止め、治し方もご紹介していきます。

早く解消したい!唇のヒリヒリ

解消したい唇のトラブル
相手のどこを見て会話していますか?「目を見ながら」という人が大半だけど、他に「唇も見ながら」と答える人も多いのでは?唇は顔の中のパーツの1つ。ヒリヒリした状態ではトークもお食事も思う存分楽しまないですよね。「あっ唇がヒリヒリしている」と感じたらすぐに解消して、唇のコンディションを整えていきましょう。

唇がヒリヒリする原因には何があるの?

乾燥している

乾燥
冬の季節やエアコンをよく使う夏場など、お肌と同じように唇も乾燥しがちです。乾燥してしまうことで無意識に唇をなめてしまうため、ヒリヒリしてきます。
唇は粘膜の一部で普通の皮膚と違って弱く乾燥しやすいパーツの1つ。加湿器を使ったりお肌に合うリップクリームを使ったりして、乾燥を防いであげましょう。

外部刺激が原因

外部刺激
紫外線や日焼けが原因となって唇のカサツキやヒリヒリ感が出てくることがあります。〔〔唇の皮膚は弱いので、紫外線対策が必要なんです〕〕。紫外線(UV)カット仕様のリップクリームや保湿効果が期待できる口紅はマストです。

栄養バランスが乱れている

栄養バランスの乱れ
その唇のヒリヒリ、栄養バランスが崩れているサインかもしれません。特にビタミンB2とビタミンB6が不足している状態にあると剥離性口内炎が起きやすくなります。唇が乾燥することでかさぶたができたり皮がめくれたりして気になるけれど、そこで無理やりはがしてしまうと症状が悪化してしまうのでNGなんです。気になってしまうのはわかりますが、それ以前に食生活の見直しや十分な睡眠をとるようにしましょう。

口唇ヘルペスができている

口唇ヘルペス
ヘルペスウイルスに感染すると小さな水疱(すいほう)が唇周辺にでき、かゆみが出てきます。かくことでヒリヒリ感が出てきてしまうことも…。ストレスや疲労がたまったとき、免疫力が低下しているときなどにヘルペスは再発しやすいので注意が必要です。

実践あるのみ!唇のヒリヒリの治し方

何といってもコレ!リップクリームを塗る

リップクリーム
すぐにでもできる唇のヒリヒリ対策といえば、リップクリームでの保湿です。でも注意したいのがリップクリーム選び。唇もお肌と同じく刺激となって逆効果になってしまう場合があります。実際使ってみないことには合うか合わないかはわかりませんが、極力シンプルな成分のみを使っているリップクリームを選ぶのといいでしょう。保湿効果が見込めるワセリンを使うのも一つの手です。唇に保護ベールを張ることで紫外線などの外部からの刺激をシャットアウトしてくれます。

ビタミンBを補給!ハチミツを使ったパック

ビタミンBを補給
唇のヒリヒリ感はビタミンBが不足していることでも起こります。そんなときにこそハチミツを使ったパックをしましょう。ハチミツには保湿効果が期待できる他、ビタミンBもたっぷり! 1対1の配合でハチミツとワセリンを混ぜたものを多めに唇に塗って、5分から10分ラップをしてキープします。その後はふきとるだけで、ウルウルのふっくらツヤ唇になれるでしょう。

軽くマッサージして血行促進する

マッサージで血行促進
寒い季節は体と一緒で唇も冷えがちです。リップクリームを塗ったあとやハチミツパックをしているときに、軽くマッサージをしましょう。唇の血行が促進されることで代謝がアップして、唇荒れの改善が期待できます。

おわりに

乾燥が気になる季節には特に唇のコンディションにも気を遣いたいですよね。トークを楽しむにしてもお食事を楽しむにしても、よく使うパーツ。唇がヒリヒリしていたのでは楽しみも半減してしいます。もちろん大好きな彼とのKISSだって。唇のヒリヒリを感じ始めたら早めに対処しましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう