毛穴の汚れもゴッソリ落ちる!洗顔ブラシを使う効果とは

毛穴の汚れもゴッソリ落ちる!洗顔ブラシを使う効果とは
普通の洗顔では、落としにくい毛穴の汚れをすっきり落としてくれる洗顔ブラシ。若い肌向けのアイテムだと思われがちですが、毛穴の汚れが気になるのはアラサー世代も同じ。最近は大人の肌にも使える、肌当たりの優しい洗顔ブラシもたくさん登場しています!ここでは洗顔ブラシを使って顔を洗うメリットと最新の洗顔ブラシ情報をご紹介します。

洗顔ブラシを使う効果って?

洗顔ブラシの効果
「洗顔はゴシゴシこすらない」という考えが、定着しつつある今。あえて洗顔ブラシを使う意味ってあるの?と疑問に思う方も多いはず。でも洗顔ブラシは毛穴に入り込んだ汚れだけではなく、目に見えない汚れやくすみの元を落としてくれるんです

落とすのは毛穴の汚れだけじゃない!

毛穴に効果的
洗顔ブラシの詳しい効果をみていきましょう。

汚れを落とす効果

ニキビの原因となる、酸化した皮脂や毛穴落ちしたファンデーション。こうした汚れは、手での洗顔ではなかなか落ちませんよね。極細の毛で洗える洗顔ブラシなら、毛穴の落ちにくい汚れをサっと落としてくれます

古い角質を落とすピーリング効果

柔らかい洗顔ブラシは、くすみやゴワつきの原因となる、肌表面に残った古い角質をムラなく落としてくれます。洗顔ブラシで洗顔した後は、まるでピーリングした後のようなあか抜け肌になります。

スキンケアの浸透性がアップ

ゴワゴワの古い角質が肌に残っていると、高価な化粧水や美容液をつけてもなかなか浸透してくれません。洗顔ブラシで角質が除去されると、肌が柔らかくなり、スキンケアの浸透性も大幅アップします。お手入れの効果も実感しやすくなります。

肌を傷めないおすすめの洗顔ブラシ3選

おすすめの洗顔ブラシ
洗顔ブラシといっても、オーソドックスな毛のタイプから音波で汚れを落とす電動タイプまでさまざま。今、人気がある洗顔ブラシを三つ紹介しましょう。

Refa クリア洗顔ブラシ

Refa
クリア洗顔ブラシ

  • タイプ|電動
  • 価 格|24800円(税抜)
  • 発売日|記載なし

清水まき

肌を引き締めるローラーで有名な、ReFaの洗顔ブラシ。有名な化粧筆である、熊野筆をヘッド部分に採用。顔のデコボコや、毛穴に入り込んだ汚れをしっかりと落としくれます。イオンクレンジング機能つきなので、古い角質やこびりついたメイク汚れを吸着して除去。洗い上がりはツルツル、すべすべに。
「頑固な大人ニキビが見る見る改善した」という声や、「このブラシで洗顔した後は化粧水や美容液の浸透度がまるで違う!」と絶賛する人もいます。税抜き24,800円と高額ですが、試す価値はあるかもしれません。

クリニーク ソニック システム トリートメント セット

CLINIQUE
クリニーク ソニック システム トリートメント セット

  • タイプ|電動
  • 価 格|11500円(税抜)
  • 発売日|記載なし

清水まき

こちらも音波で、汚れを落とすタイプの洗顔ブラシ。肌あたりが柔らかく、洗い上がりが突っぱらない優しい使い心地。優しくなでるように洗うだけで、洗顔後の肌が化粧水をゴクゴク飲むように吸収していきます。使い続けているうちに、毛穴が目立たなくなってきたという声も。ヘッドを変えることで、低周波による振動マッサージもできます。この機能で税抜き15,000円はお買い得かも。

熊野筆 ハート形洗顔ブラシ

KIHITSU
熊野筆ハート形洗顔ブラシ

  • タイプ|手動
  • 価 格|3000円(税抜)
  • 発売日|記載なし

清水まき

世界に誇れる品質の化粧筆ブランド、熊野筆。小鼻の黒ずみが目立たなくなるとして、売れ続けている洗顔ブラシです。半年以上使ってもヘタれない、コシのある毛並みは熊野筆だからこそ。買うなら使うたびに、気持ちがアガるハート形がおすすめです。プレゼントにしても喜ばれるでしょう。価格は税抜き3,000円。

洗顔ブラシの使い方と注意点

洗顔ブラシの注意点
毛穴の汚れと古い角質が、おもしろいように落ちる洗顔ブラシ。でも手で洗顔するよりも刺激が強いので、使うとき肌にダメージを与えないよう注意する必要があります。最後に、洗顔ブラシの使い方と注意点を説明します。

洗顔ブラシの使い方

洗顔ブラシの使い方
まず洗顔ブラシを使用する前に、クレンジングでメイク汚れを落としておきます。これは落ちにくいメイク汚れがブラシに残らないようにするため。W洗顔不要のメイクも落ちる洗顔料は、洗顔ブラシを使用するときは避けるようにしましょう。洗顔ブラシで、メイク汚れを毛穴の奥に押し込んでしまう恐れがあります。

クレンジング後、肌とブラシを濡らしたら、いつも通り洗顔料を泡立てから肌にのせ、洗顔ブラシで広げていきます。ポイントは、力を入れずにクルクルと肌の上をすべらせるようすること。力は入れないようにしましょう。

使い過ぎやゴシゴシ洗いは厳禁!

洗いすぎは厳禁
顔のすみずみまで汚れを落としてくれる、便利な洗顔ブラシ。洗い上がりのクリアな肌を見ると毎日使いたくなるかもしれませんが、使い過ぎると必要な角質を落とし過ぎてしまいます。その結果、肌がカサカサになって外部の刺激に弱くなったりすることも。

洗顔ブラシを使った洗顔は、週に一度を目安にしましょう。またブラシの毛がしなるほど力を入れるのも肌にダメージを与えるので厳禁です。

ブラシを清潔に保つために

洗顔ブラシを清潔に保つ
洗顔ブラシに汚れが残っていると雑菌が繁殖しやすくなります。使用後は水でよくすすぎ、タオルなどで水気を優しくふき取り、風通しのいい日陰に干して乾かすようにしましょう。

おわりに

毛穴の汚れや、吹き出物が気になる人におすすめの洗顔ブラシ。最近では、力を入れなくても毛穴に入り込んだ汚れを落とせるよう、研究しつくされたものばかり。大人ニキビやイチゴ鼻、どんよりくすんだ肌に悩んでいる方はぜひ、試してみてください。

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう