お湯?それとも水?朝クレンジングのやり方と効果について

お湯?それとも水?朝クレンジングのやり方と効果について

「お肌がなんだかくすんでいる」「敏感肌がなかなか改善しない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?もしかしたらクレンジング不足が原因かもしれません。
今回は、敏感肌とお肌のくすみにお悩みの方におすすめの、朝クレンジングの方法をご紹介します!

朝クレンジングの魅力とは?

朝クレンジングとは、その名の通り、朝にクレンジングをすること。「え、起きたてはメイクしていないのになんでクレンジングをしないといけないの?」と思った方もいらっしゃるかと思います。

寝起きにクレンジングをする「朝クレンジング」

寝起きの朝クレンジング

実はメイクをしていなくても、夜寝ている間に多く分泌された皮脂や昨晩使った乳液やクリームなどの油分が残っています。そのまま朝の保湿ケアをすると油分がさらに上乗せされて、もっとくすみやすくなることも…。
また、自分の肌から分泌された皮脂も残っている場合、朝のスキンケアの美容成分もお肌に入りきらずお肌が荒れる可能性もあります。これらの油汚れを落とすためにも、朝クレンジングが必要なのです。

なぜ敏感肌におすすめなの?

敏感肌におすすめ

敏感肌さんにとってはせっけんなどの洗浄剤は汚れがたくさん落ちるものの、洗浄力が強すぎて必要な角質までも落としてしまうことも。必要な角質まで落ちてしまうとお肌のターンオーバーが狂いやすくなり、敏感肌を進行させることにつながります。
洗顔料を使う前にクレンジング料を使っておくことでお肌に油膜が残り、お肌の洗いすぎを防ぐことができるんです。こうしてお肌に必要な角質も洗い流されずターンオーバーが正常化し、お肌のバリアー層も健全化しやすくなりため敏感肌の改善を測ることができます。
そのため「朝は化粧水の浸透が悪い」「毛穴づまりが起こりやすい…」と感じている敏感肌さんには朝のクレンジングが向いているといえます。

朝クレンジングに期待できる効果

朝クレンジングすることで、お肌の皮脂汚れだけでなく昨晩落としきれていなかったメイクも落ちて健やかな肌状態を保つことができます。

お肌をリセットできる!

肌をリセットできる

繰り返しになりますが、寝ている間にわたしたちのお肌は皮脂が多く分泌されています。朝クレンジングにより、お肌をリセットできるのです。

基礎化粧品の美容成分がより浸透!トラブル改善・予防にも

基礎化粧品が浸透

お肌に油汚れなどがあれば、使用する基礎化粧品に含まれている有効成分の浸透率が下がります。お肌をクレンジングすることで不要な油分が消えて化粧水の有効成分が入りやすくなり、お肌のトラブルも改善されやすくなります。

メイクのりがよくなる

メイクノリが良くなる

お肌の汚れがすっきり落ちると保湿もしやすくなり、お肌のキメが整います。キメが整うとメイクのりもよくなり、すっぴんだけでなくメイクしたお肌もよりきれいに!

朝クレンジングの方法

お肌のリセットや基礎化粧品の効果改善など、さまざまなメリットが期待できる朝クレンジングですが、正しいやり方を知ることでより効果を高めることができます。

用意するクレンジング剤は?

クレンジング財の種類

比較的お肌にやさしいミルクタイプかクリームタイプがおすすめ。拭き取りタイプは摩擦によるお肌のダメージが強く、オイルタイプは強い洗浄力でお肌に刺激を与えやすいことから、朝の使用は避けてくださいね。

朝クレンジング頻度は?

朝クレンジング

毎日するとお肌に負担がかかるため、週1回程度にとどめておきましょう。クレンジングをする際にお肌をこするとお肌が傷つきやすくなるため、力加減には気をつけてください。

朝クレンジングの方法

  1. 用意したクレンジング剤を顔全体にのせます
  2. 手のひらで顔全体を包みこむようにクレンジング剤をやさしくなじませます
  3. ぬるま湯でこすらずに洗い流します
  4. よく泡立てたせっけんで洗顔します
  5. 普段通り保湿して完了です

おわりに

敏感肌さんにおすすめの朝クレンジングに期待できる効果やその方法をご紹介しました。
メイクをしていない朝にクレンジングをするのは不思議に感じられるかもしれませんが、寝ている間の汚れ落としとターンオーバー調整による肌質改善には適しています。ぜひ一度トライしてみてください!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう