かゆい、カサカサ、粉のふく肌は皮脂枯れ肌!?原因と対処法を紹介

かゆい、カサカサ、粉のふく肌は皮脂枯れ肌!?原因と対処法を紹介
乾燥が気になる季節はお肌がカサつきがちです。カサカサだけではなく、かゆくなったり粉をふいたり…乾燥が特にひどいお肌は「皮脂枯れ肌」になってしまっているかも…!皮脂枯れ肌には通常の保湿ケアだけでなく、皮脂分泌を促すためのケアが必要です。今回は皮脂枯れ肌について、その原因と対処法をご紹介します!

頑固な乾燥の正体は皮脂枯れ肌かも?

皮脂枯れ肌とは皮脂が不足して荒れたお肌

皮脂が不足して荒れた肌
お肌がカサカサしていると気がめいりますよね。カサつきに加えてかゆみがあったり粉をふいたりと、乾燥の症状がひどい場合は皮脂枯れ肌かもしれません。皮脂枯れ肌とは皮脂の分泌が不足し、乾燥によって荒れた肌のことを指します。

お肌がカサカサなのは皮脂不足のせい?

カサつきの原因は乾燥
皮脂というとお肌をベタつかせる厄介者のようなイメージがあるかもしれません。しかしお肌の潤いを保つために、皮脂は重要な役割を果たしています。皮脂は皮脂腺から分泌され、汗と混ざって皮脂膜を作ります。この皮脂膜が水分の蒸散を食い止め、刺激からお肌を守ってくれるのです。皮脂膜がなくなるとお肌の水分が減ってカサカサになってしまうそうです。

皮脂枯れ肌を放置すると負のスパイラルに!

放置すると負のスパイラルに陥る
皮脂が不足してカサカサになったお肌をそのまま放置すると、さらにかゆくなったり粉をふいたりする場合があります。このとき乾燥した皮脂枯れ肌をかきむしるとお肌が傷つき、必要な皮脂と角質が奪われてしまいます。こうしてどんどん肌荒れが悪化する負のスパイラルに陥ってしまうケースも考えられます。皮脂枯れ肌はきちんとケアして早めに治していきたいものです。

皮脂枯れ肌になるのはなぜ?皮脂不足の原因

皮脂の分泌は年齢とともに下り坂

年齢とともに下り坂
潤うお肌に欠かせない皮脂ですが、皮脂の分泌は年齢とともに減っていくことで知られています。思春期以前は皮脂が盛んに分泌されるため、湿疹やニキビができやすい状態です。しかし皮脂の分泌は10代後半から20代前半といわれており、この時期を過ぎると減少してしまうのです。

女性ホルモンの影響も?乱れがちな人は要注意

女性ホルモンの影響
体内の女性ホルモン量も皮脂の分泌に影響を与えると考えられています。女性は月経直前の高温期になると皮脂分泌量が増え、月経終了後は減少します。毎月決まったペースであればまだ対策しやすいものの、疲れやストレスがたまっているとホルモンバランスが崩れ月経周期が不規則になる人もいます。お肌の調子が不安定になりがちな人はホルモンバランスの影響が原因かもしれません。

外気やエアコンによる乾燥も皮脂不足の要因

エアコンによる乾燥
冬場など空気が乾燥する時期は皮脂も不足しがちです。さらに皮脂も汗も盛んに分泌されるはずの夏場も、エアコンの使用でお肌は乾燥してしまいます。皮脂枯れ肌の人は、ほぼ1年を通じて乾燥に注意が必要な状態だそうです。そのときどきに合わせた対策をして、お肌の皮脂と潤いを守っていくことが大切です。

皮脂枯れ肌への対処法!日常生活の注意点

皮脂腺が少ない脚を徹底保湿!

脚の保湿
保湿ケアといえば、気になる顔を中心に行っている人が多いことでしょう。しかし顔は皮脂腺が多く、どちらかというと乾燥しにくいパーツ。皮脂枯れ肌になりやすいのはすねや肘などです。特に皮脂腺が少なく乾燥しやすい脚は重点的な保湿ケアが必要です。ボディー用のローションやクリームを活用して、保湿ケアを習慣化しましょう。

お風呂はぬるめのお湯がおすすめ

ぬるま湯がおすすめ
大切な皮脂を守るためにはお風呂の入り方も重要です。お湯が厚すぎると皮脂膜が失われてしまうといわれています。季節によっても異なりますが、39度程度のぬるめのお湯につかるのがおすすめです。
またお風呂で顔や身体を洗う際に、ゴシゴシ擦ることはやめましょう。必要な皮脂膜や角質が奪われ、皮脂枯れ肌が悪化してしまうかもしれません。乾燥が特に気になる日はせっけんも使わず、ぬるま湯で軽くすすぐだけにとどめましょう。

季節や年齢に合わせたコスメ選びを

季節に合ったコスメ
皮脂枯れ肌かな?と思ったら普段のスキンケアを見直してみましょう。夏場と同じ基礎化粧品を冬場にも使っていませんか?あるいは20代の頃から変えていないという人も要注意。以前はサッパリしたテクスチャーの化粧品が合っていた人でも、季節や年齢の影響で肌質に合わなくなっているかもしれません。「なかなか乾燥が改善しない!」という場合は、思い切って基礎化粧品のラインアップを変えてみるのも一つの手段です。

おわりに

ひどい乾燥にお悩みの人は皮脂枯れ肌になっているかもしれません。自分の皮脂量に目を向けてみることが肌質の改善につながることもあります。お風呂の入り方や日頃のスキンケアに気を配って、皮脂を守る生活に変えていきましょう!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!