あなたは間違えてない?お風呂でのパックの正しいやり方

クレイパックをする女性
エアコンで冷えた体もお風呂で温まると和らぎます。その日の疲れをとるお風呂の時間を美容にも有効に使いたいです。お風呂でパックするのが一番に思いつく方法です。お風呂の中でパックをするときにはどんな種類の物を使用したらいいのでしょうか?気になるパックの種類を調べてみました。それぞれのパックの効果的な使用方法もご紹介します。

洗い流すタイプをチョイスするのが最適

お風呂の中でシートマスクを貼るのは向いていません。シートマスクは保湿するタイプが多いので、汗をたくさんかくお風呂の中では効果が発揮されません。顔に塗って洗い流すタイプのパックを使うのが効果的です。クリームのように顔に塗って、時間を置きます。湯船につかる時間を有効に使えます。お風呂を出るときに洗い流せば、汚れや古くなった角質などがきれいに取れて、つるつるの肌になります。

洗い流すパックで老廃物と一緒に洗い流そう

お風呂ではたくさん汗をかいて、老廃物を排出します。顔の毛穴も開くので、汚れを落としやすくなります。また、クレンジングで落としきれなかったメイクや皮脂汚れも浮き出てきます。洗い流すパックで、汚れを吸収して、一気に洗い流しましょう。スッキリとした使用感なので、お風呂上りもさっぱりできます。

お風呂では汚れを浮き出しながらパックする

お風呂に入っているときは、湯気でスチーム効果があります。体温も上がるので、塗るタイプのパックの効果が高くなります。毛穴の汚れを浮き出して、すっきりすることができます。パックを洗い流すときにシャワーを直接顔に当てると、水圧が強いので肌には良くありません。洗顔するときのように、手でゆっくりと落としましょう。

皮脂汚れも落とせるクレイパックがオススメ

クレイパックは泥の成分で皮脂汚れもスッキリ落とすことができます。皮脂がたまると毛穴が黒く目立つようになってしまいます。毛穴に詰まったままの皮脂が酸化すると表面が黒くなってしまうからです。鼻の毛穴が気になる方は、くるくるとマッサージするようになじませると落ちやすくなります。おでこやアゴなどのざらざらが気になる部分も、クレイパックならつるつるになります。

シートマスクは入浴後に使うのがベスト


シートタイプのパックは、お風呂上りなどに使うと効果が出ます。シートマスクは肌を保湿して、化粧水成分を浸透させます。入浴後に、ブースターや化粧水などを塗ってからシートマスクを貼ると保湿効果が高まります。入浴中に使用した洗い流すパックできれいになった肌に、シートマスクを貼ると、化粧水成分の浸透率が上がります。スペシャルケアとして、ダブルで取り入れてみるのもいいでしょう。

保湿タイプのシートマスクはアウトバスケアにぴったり

シートマスクは貼るだけで簡単にケアできますが、入浴中には向いていません。入浴後や洗顔後に貼るのが向いています。シートマスクを貼るだけではなく、はがした後に乳液やクリームでフタをすると、みずみずしい肌に整えることができます。時間を置きすぎると、シートマスクの水分が蒸発してしまうので、パッケージに書いてある時間内に収めましょう。

おわりに

半身浴やゆっくり湯船につかるときに、洗い流すパックをするのは効率的です。お風呂でその日の疲れを取りながら、肌もきれいに整えることができます。週に一度のお手入れとして、取り入れてみてはいかがでしょうか?体をリラックスさせながら、肌のコンディションも整えることができて、優雅なバスタイムになります。

メイ
メイクやネイルが大好きな30代自女性。新作のコスメをチェックするのが楽しみ。セルフネイルが得意でジェルネイルもこなします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう